乗り鉄 撮り鉄

2022年09月19日

大荒れの東京は写真日和

昨日の東京は待ちに待った写真日和の雨の日なので、新宿で撮りまくってきました。
PC内写真の整理ができていないのでまだお見せできませんが、いい写真が撮れてご機嫌です。

高崎~東京都区内間は微妙な距離で、切符を往復で買うと200㌔をわずかにオーバーするので、ジパングクラブの30%割引が適用になるのです。
まあ微妙に足りないときは、微妙にオーバーする駅からの切符を買うという裏ワザも使うのですが、高崎はそのワザも必要ありません。

行く時は穏やかな雨でしたが、大宮からの埼京線から雨が強くなってきて、新宿で撮り始めるころには絶好の写真日和になりました。

新宿では760円の都区内パスを購入。これは便利なフリー切符で今回は760円分乗りませんでしたが、特に昨日のような雨の日など、例えば新宿西口から傘をさして歩いて南口まで迷いながら歩くよりも、このパスで構内に入って、傘なしでホームを歩いて南口まで行けるのです。

コロナ感染予防のために、3種類のマスクを使い分けて、都内では飲食しないで、昼食は駅弁を東京駅で買って帰りの新幹線の中で食べました。

上野を出たら大宮近くからものすごい雨で雷鳴も車内まで聞こえます。
東海道線も小田原~熱海間で運転取りやめの情報も聞こえてきました。
車内からは雨で外が見えません、こんな感じです。
P9180303 (2)
  [車窓]

京浜東北線の電車がすれ違いました。
P9180305 (2)
  [京浜東北線]

東北新幹線もすれ違いました。
とんだ撮り鉄ですが、全部クリックしてど~ぞ!
P9180304 (2)
  [はやぶさ]

urutorahurosu at 06:06|PermalinkComments(0)

2022年08月27日

高崎から館林まで乗り鉄トラブル

高崎から館林までは鉄道利用ではいろいろなルートがあるのですが、一番手っ取り早いのはJR両毛線で伊勢崎まで行って、東武鉄道に乗り換えて行くのが運賃も乗り換え回数も最小です。

なのでそのルートで行こうと思って検索すると、運行情報で伊勢崎からの東武鉄道がどこかの踏切のトラブルで遅延とのこと、どのくらいの遅延なのかの情報がありません。
なので運賃400円ほど遠回りですが、同じく乗り換え回数が1回だけの佐野経由で行くことにしました。

ところがその両毛線ですが、足利駅の先の踏切で停止ボタンが押されているとのことで、踏切の直前で電車を停止させて運転手が安全確認をしたので、完全に15分くらい遅れてしまって、乗り継ぎ時間10分の佐野駅で目的電車にギリギリ間に合いませんでした。

どうやらここは東武電車が1時間に1本しか来ないようで、次の電車は約1時間先。
さて午前のこの時間帯にどこで時間をつぶそうか困ってしまいます。

まったく初めての場所で何の予習もなし、佐野といえば佐野ラーメンとアウトレットしか思い浮かばず、ラーメンはまだ開店前、アウトレットも駅からはだいぶ離れているようです。

駅前から左手には、昔の昭和時代の街道沿いの商店街があります。
P8250001 (2)
  [昭和時代]

駅の中からJRの電車を撮り鉄したり。
P8250012 (2)
  [両毛線]

駅裏の広場の誰もいない遊具を撮ってみたり、
P8250005 (2)
  [遊具]

ようやく東武電車が来て館林に向かいましたが、ずいぶん無駄な時間を使ってしまいました。
まあ急ぐ旅でもないので気にしませんが、一つだけ収穫は、両毛線足利駅ホームの発車メロディーが森高の「渡良瀬橋」のサビの部分だったことで、森高教の自分にはうれしい発見でした。

そして電車は渡良瀬川の橋梁を渡り、渡瀬(わたらせ)に停車してようやく館林に着いたのでした。
予定よりも1時間オーバーの乗り鉄でしたが、全部クリックしてど~ぞ!
P8250028 (2)
  [わたらせ]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2022年08月22日

久しぶりの鉄分補給

高崎駅は時々の週末、懐かしいSLが上越線と信越線に走っています。
先週末はちょうどSLの走る日だったので、久しぶりにちょっとだけ撮ってきました。

まだ車が使えないので本格的な撮影ポイントには行けません。
残暑厳しいので、炎天下の長時間歩行もしたくありません。
なので高崎の次のSL停車駅で撮ることにしました。

昨日のSLはD51で、走るのは上越線の水上駅まで。高崎駅を9時56分に出るのですがホームには9時半ころに入線します。
そこで高崎駅の古い方の跨線通路の窓から入線するSLを撮って、すぐに別の電車で10分の新前橋駅に先回りしました。

初めての場所で全く土地勘がないのですが見当をつけて、駅の外に出て少し進行方向方面の線路沿いに歩くと、ホームの見える場所があります。
SLは駅を出発するときに白い蒸気をシュ~ッと噴き出して、黒い煙も高く吐き出します。
その場面ならば多少は写真になるかなと思ってそこから撮ってみることにしましたが、まあ駅構内の邪魔な人工物が多すぎてまともな写真にならないのは承知です。

その場所に車が1台停まっていて、SL到着近くなったら2人の幼児を連れたママが出てきました。
ので、その親子と背景のホームに停車中の列車を絡めてパチリ。
P8210043 (3)
  [ママ鉄]

この列車の客車は、半世紀ほど前に東北本線の上野~青森間で急行八甲田などで使われていたブルーの客車で、自分は何回も乗りました。
この客車に光が当たって緑っぽく光っていたので、望遠とPCでさらに拡大して、こんな写真にしてみました。
P8210047 (2)
  [客車]

10分ほどのセレモニーがホーム上であったようですがそろそろ出発のようです。
暑いので左右に噴き出す蒸気があまり白くなりません。
黒煙がモクモクと高く上がりましたが、周りの柱などがとても邪魔な写真になりました。

久しぶりのちょっとした鉄分補給ですが、全部クリックしてど~ぞ!
P8210069 (2)
  [出発進行]

東京でもまた増え始めたようなので、今日は清里高原に行って肺の中を浄化してきます。

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2022年07月24日

仙台駅で撮り鉄をした

仙台駅で1時間15分の乗り換え時間があったので、駅蕎麦を立ち食いしてコンビニでお茶を買って、余った時間でホームに降りて撮り鉄です。

平日の10時過ぎなので乗客があまりいません。
発車前の電車に向かうおねえさんの後ろ姿。
これがカバンを持ったオッサンだと写真にならないのですが、これはなかなか素敵な後ろ姿です。
P7210089 (2)
  [うしろ姿]

女性の車掌さんが発車前の車両を1両ごとに点検していましたが、その車両に乗り込む乗客の瞬間と、車掌さんの後ろ姿を撮ってみました。
皆さんマスクをしているので、後ろ姿か乗り込んだ時の顔の写らない瞬間がシャッターチャンスです。
P7210136 (2)
  [発車前]

仙台始発の常磐線特急ひたちが停車しています。
一応終点は品川になっていますが、まさか仙台から品川まで通しで乗る人はいないでしょうね。
ホームは駅ビルの真下なので日陰ですがそこを抜けると明るくなって、ちょうどトンネル構図になるので、人物のシルエットの形がポイントです。

そしてこれがこの日の1枚です。
全部クリックしてど~ぞ!
P7210084 (2)
  [ホームにて]

urutorahurosu at 07:44|PermalinkComments(0)

2022年07月23日

150円の切符で363キロの乗り鉄の旅をする(2)

仙台駅のホームで撮り鉄をしてから、1番線から小牛田行きのボックスシートに終点まで乗車。
最初自分の向かい側に座っていたおねえさん、空いた隣のボックスへ移動してしまいました。
なので、靴を脱いで足を延ばしてリラックス。
ボックスシートに一人で座ればビールを飲みたくなりますが、この日は夜に友人のN先生と飲む約束があるので自重します。
P7210145 (2)
  [ボックス席]

小牛田ですぐに向かいのホームに停車している陸羽東線の車両に乗り換えます。
小牛田駅で下車するなんて、もう何十年ぶりでしょうか、でもすぐに出発です。
10分ほど走ると、新幹線停車駅の古川到着。
男の車掌がモゴモゴと何か放送していたのですが聞き取れません。

なかなか発車しないので確かめてみたら、どうやらここで30分間停車みたいだったようで、気がついたのが遅かった。
単線なので対向列車も到着して、それが発車してもまだまだ動きません。
最初から分かっていれば改札口まで行ってみたのに不覚です。
本の時刻表を見れば一発で分かったものを、ネットだけで時刻を調べるとこうなっちゃいます。
退屈そうな運転手をパチリ。
P7210181 (2)
  [停車中]

陸羽東線は湯けむりラインと称していますが、途中に温泉駅がたくさんあって、特に鳴子温泉が有名です。
鳴子温泉でも7分間停車、到着直前までウトウトして途中駅が記憶にありません。
7分停車なので車内でパチリ。2両編成ですが乗客は5人くらいです。
車窓にお茶と文庫本とボロボロの一澤帆布のバッグ。

ポスターの「働き方 快速」というフレーズが気に入りました。
P7210183 (2)
  [旅の友]

さて新庄で奥羽線に乗り換えて山形を目指しますが、おっとその前の北山形で一旦下車しなければなりません。
そこで改札をいったん出て、北山形→山形の切符を買って再乗車する必要がありますが、次の電車は4分後の左沢線。これを逃すと30分くらい待たなければなりません。

なので前日にすでにみどりの窓口でその区間の150円乗車券を購入しておきました。
P7210189 (2)
  [行き帰り]
これで改札を出てすぐに新しい切符で再入場して左沢線ホームへと階段を上りますが、あっ、列車がやってきた。
何とかセーフで乗り換えて、無事に山形駅に15:36到着。
約365キロで乗った路線が6つ、運賃が150円×2で300円、自宅までのバスが270円、蕎麦が480円、お茶が約120円、ナッツが約300円で合計約1500円の小銭の旅でした。

写真は最後に乗った左沢線フルーツラインの空色の列車。
全部クリックしてど~ぞ!
P7210192 (2)
  [空色列車]




urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2022年07月22日

150円の切符で363キロの乗り鉄の旅をする(1)

今朝は梅雨最後の雨が降っています。
さて、なんにも用事がなかった昨日は朝からずっと乗り鉄三昧してきましたが、その記録の前半です。

朝6時15分に駅の券売機で150円の切符を購入します。
4番線で待つこと数分、始発の福島行きの2両編成電車がやってきました。
数少ない米沢乗り換えなしの列車なので、乗り換えのタイムロスがありません。
P7210001 (2)
 [始発電車]

券売機の切符はこれ。
150円の切符1枚で、363キロの鉄旅です。
朝食抜きなので、小さなクッキーを1枚食べて低血糖予防。
P7210003 (2)
  [切符]

通学列車なので、山形からは上山温泉駅までパラパラと高校生の姿。
その先の赤湯駅からは次々と高校生が乗り込んで混んできますが、隣の席を空けてあげても皆立ったままで乗車しています。
若いっていいですな、歳をとるとちょっとの空席でも無理やり座ってしまうのに。
でも全員下を向いてスマホを見ているのが気になりますが。
P7210009 (2)
  [通学]

米沢で高校生は全員降りて車掌も女性に交代して、ガラガラの列車は山の中を福島に向かいます。
運転手は女性、うしろ姿とマスクをパチリ、シルエットがなかなか写真的です。
P7210013 (2)
  [指差し確認]

今回の旅で唯一乗車券確認を、女性車掌から受けましたが、行程表をちらっと見せて「大回りで乗ってます」と言ったら、ちらっと行程表を見て「ああ、なるほど」と一言でOK。

福島着8:03では到着ホームの向かい側にすでに入線している仙台駅の普通電車に乗り換えましたが、通勤時間帯なのでそこそこ混んでいて、仙台近くになるとさらに混んできました。
これは予想できたので、シルバーシートの一番端に座って、効きすぎる冷房対策の薄いウインドブレーカを羽織って、睡眠薬代わりの文庫本を読みながらウトウト。

仙台着9:29ですが、次の電車は10:44発なので1時間以上時間がありますが改札を出られません。
ここで朝食タイム、まだ150円しか使っていないので、駅ソバは豪華に上かき揚げ蕎麦480円にして、数人しかいない店内でゆっくり食べました。

あとは隣のコンビニで小さなお茶とミックスナッツを一袋購入。
何かあった時の非常食にもなります。

そして残った時間はあちこちのホームに降りて撮り鉄ですが、なかなかいい写真も撮れました。
そのうちアップします。
これが上かき揚げ蕎麦ですが、何が上なのかというと、普通のかき揚げ+甘エビが3匹のかき揚げでした。
全部クリックしてど~ぞ!
P7210046 (2)
  [上かき揚げ]



urutorahurosu at 06:27|PermalinkComments(0)

2022年07月21日

なんにも用事がないので列車に乗って…

7月になって、気がつけば七夕も過ぎ紫陽花も終わりもう下旬。
リタイアして今日が初めてなんにも用事がない日だったことに気づきました。

ふと思い出したのが内田百閒の安房列車冒頭の言葉。
「なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪に行って来ようと思う」

そう、そうなのです。
雨も上がる日みたいだし「なんにも用事がないけれど、列車に乗って隣の駅まで行ってみようと思う」のです。
ちょいと隣の駅まで行くのではなくて、一日中列車に乗って乗り鉄三昧をして隣の駅まで行ってみようと思ったので、昨夜すでに準備しました。

カメラとカバン、小さなペットボトルと小銭一掴みと歯ブラシ一本。
暑いのでタオルと携帯、睡眠薬代わりの文庫本。
さあ、顔でも洗おうか。

チェックしていなかった写真の中に、6月末に東京フォーラムの中庭で撮った七夕と紫陽花の写真があったので、クリックしてど~ぞ!
P6260240
  [文月]

urutorahurosu at 05:02|PermalinkComments(0)

2022年07月18日

たった150円で南東北を一周する

午前中出入り禁止の日に乗り鉄を満喫しようと、計画を立ててみたのでした。
JRの合法的な裏技を使って、たった150円で南東北3県を回るという計画であります。

JRには大回り乗車といって、大都市近郊の特例があって、それを使って目的地まで遠回りしていく方法です。
分かりやすく説明すると、東京駅から有楽町まで行くのに、山手線を逆方向に池袋渋谷経由で行っても、運賃は東京から有楽町までの運賃で行けるというルールです。

大都市近郊区間の範囲は、大阪・東京・福岡・新潟・仙台のエリアがあって、山形は仙台のエリアに含まれるのを、たまたま知りました。
数年前に京都から大津までの切符で琵琶湖を一周したことがあったので、自分はすでに経験者です。

ただしいろいろなルールがあって、途中下車ができなかったり、同じ駅を2回通過できない完全一筆書きのルートだったりちょいと頭を使うのですが、超リーズナブルに完全乗り鉄車窓限定の旅を楽しめるというわけです。

昨日計画を立ててみたのは、乗車券が山形⇒北山形の150円。
山形駅を6時30分発、福島着8時03分。隣のホームから8時06分発仙台着9時29分。
仙台発10時44分、小牛田に11時28分着。同11時34分発、新庄14時10分着。
新庄14時19分発、北山形に15時28分着。
ハイここまで乗って150円。

北山形発15時32分で山形着15時36分で、この分は別に150円の乗車券で戻ります。
ただ問題は仙台駅の改札を出ないで1時間40分どう過ごすかということで、どうやらコンビニと立ち食いソバ屋があるので、ここで遅い朝食を食べてコンビニで週刊誌の立ち読みと、お茶を買ってどこかのホームのベンチ(あるかな?)で飲んで、あとはウロウロ撮り鉄でもすればなんとかなるでしょう。

疲れるようならば仙台からは仙山線でショートカットして戻るルートも確認しました。
小銭の旅なのですが、100円玉10枚もあれば一日退屈しないで過ごせそうです。
今の電車は冷房完備なので、外が暑くとも大丈夫。
ただ、大雨警報が山形宮城の北部に出ていたので、その後遺症でダイヤ通り走っているかが心配なので、明日に実行できるかどうかは未定であります。
写真はその仙台近郊区間の路線図です。
クリックしてど~ぞ!
P7180495 (2)
  [路線図]

urutorahurosu at 10:41|PermalinkComments(0)

2022年07月17日

地上31階から新幹線を撮ってみた

朝に目が覚めて、おっ今日は日曜日か明日も連休か。いやその後もずっとサンデー毎日だったと、改めて思ったのでありました。
梅雨末期特有のジメジメした不快な日が続きますが、天気予報ではあと5日くらいで夏空になるようです。

仙台までのバスの回数券が余っているので、昨日は雨の仙台へ小銭を持って行って、ペデストリアンデッキの傘の花を撮るポイントを探しに行ってみましたが、あちこち探しても結局いいポイントが見つからず断念。

ならばと駅近くの31階の高層ビルの展望台に上ってみました。
展望室はもちろん室内ではありますが、展望する窓近くは上から雨がビチャビチャと降ってくるので、傘をさしながらの展望です。

展望室は東西に2面あって、西側は駅前からの青葉通りを俯瞰できますが、当然ながら雨に煙っております。
東側はちょうど眼下に線路が走っていて、東北新幹線が走る様子を撮ることができるなかなかのトレインビューポイントのようです。

時刻表のチェックもしないで行ったのですが、緩やかなカーブをはやぶさが走ってきたので、急いで濡れながら撮ってみました。
P7160015 (2)
  [はやぶさ]

窓ガラスに水滴がついているので、少しソフトフィルターをかけたように写ってしまい、シャープなピント合わせができません。

水滴が大きくなると、カメラ任せのオートフォーカスでは、窓の水滴にピントが合ってしまいます。
P7160036 (2)
  [水滴]

傘をさしてカメラを構えてピントリングを回してピントを合わせる、というのはなかなかの難行で、どうも安定しません。
でも雨の窓ガラスのおかげで、なんとなく絵画のようなタッチの写真になります。
P7160026 (2)
  [走行]

秋田新幹線車両のこまちが走っていきます。
やはり赤い色は映えますな。

この場所は再訪することにして、時刻表をチェックして、工夫した撮り方を考えて、改めて撮り直しします。
晴れの日だけではなく、日が短くなったならば日没後のゴールデンアワーの時間帯もいいかもしれません。
全部クリックしてど~ぞ!
P7160052 (2)
  [こまち]

urutorahurosu at 06:47|PermalinkComments(0)

2022年07月13日

久しぶりの撮り鉄かもね

松島海岸駅から本塩釜駅への移動中、仙石線の先頭車両の車内冷房で汗を収めていたら、運転席に帽子をかぶった女性発見。
どうやら運転の研修中のようで、モニターを見ながら真剣です。
かぶっている帽子が逆光のシルエットでちょっと絵になりそうなので、真後ろから低速連写。

短いトンネルが続く区間なので、トンネルに入る直前や出る瞬間などが絵になりそうです。
P7100056 (2)
  [トンネル]

指導を受けながら指差し確認中。
P7100088 (2)
  [確認]

まもなく次の駅に着きそうですが、ここで運転交代。
カメラの前には男の運転手が立ってしまって、撮り鉄はここまでの短時間でした。
全部クリックしてど~ぞ!
P7100096 (2)
  [到着]

urutorahurosu at 06:24|PermalinkComments(0)