ディープな京都

2023年12月03日

燃える秋 圓光寺その1

この秋の京都はインバウンドが多すぎて完全なオーバーツーリズム、市バスも混みすぎるので、観光客の利用を分散するために市バスの一日券が販売中止になってしまいました。
ということなので、撮影地も定番の場所を避けて、観光客のなるべく少ないような場所をセレクトしました。

まずは日程ですが週末を避けて、今回は火曜日から4泊(京都3泊)にしました。
訪問は一日に1~2ヶ所でゆっくり行動します。初訪問の場所も数か所行ってみます。

ということで、不味い冷にしん蕎麦の後に行ったのが、詩仙堂近くの圓光寺、知る人ぞ知る紅葉の見事なお寺です。
八坂神社石段下で夕食用の鯖寿司をゲット、四条京阪から出町柳そして叡山電車で一乗寺下車。
天気が崩れそうだったのでコンビニで400円の傘を買って、徒歩で行くつもりでしたが運よく空車発見。
京都のタクシーは基本料金が500円なので、近距離こそ使い勝手がいいのですが運賃600円で到着。

一昨年に来た時には12月に入ってからだったので見ごろを過ぎてしまって、しかもPCのせいなのかこの辺で撮った150枚くらいの写真がクラッシュして無くなってしまったので、そのリベンジです。

そこで失念していました、圓光寺は予約制だったのです。
一昨年は見ごろを過ぎてしまっていたので予約なしでも入れてくれましたが、今年は門前でスマホで申し込めば今からでもOKとのことでスマホを操作しましたがもたもたして....そしたら「じゃあ、もうええから入ってください」とOKをもらいました。

今年は紅葉がやや遅かったのと、ちょうど雨もパラパラと降ったり止んだりで色のノリも良く、さあ圓光寺の燃える秋の写真です。

まずは格子越しの庭。
PB280005(2)
    [格子越し]

庭に出てみると、はいこれが圓光寺の燃える秋です。
このような紅葉は、ホワイトバランスをオートで撮影すると目で見るのとはちょっと色が薄く感じるので、ホワイトバランスを曇りに設定すると、目で見るよりも色が強調されて頭で感じたような色を出してくれます。
PB280012
    [燃える秋]

今がまさにジャストタイム、木々の紅葉と足元の散り紅葉の両方が楽しめます。
これは庭の池に浮いている散り紅葉。
鞍馬の山の方の空が黒くて、この後風も強くなりこの紅葉も対岸に流されました。
PB280020
    [散紅葉]

庭の奥には竹林があり、竹林越しの燃える秋。
PB280030
    [竹林]

庭に小さな地蔵さま、皆さん撮っていきますね。頭にモミジを乗せるとインスタ映えするのですがもう有名なのでそこまでしません。
PB280060(2)
    [地蔵さま]

最後にもう一枚、燃える庭です。
全部クリックしてど~ぞ!
PB280069(3)
    [燃える庭]

urutorahurosu at 08:42|PermalinkComments(2)

2023年04月23日

嵯峨大念仏狂言

京都には三大念仏狂言というのがありまして、日にちさえ合えば気軽に京文化を感じることができます。
その三大念仏狂言というのは、壬生寺の壬生大念仏狂言と千本えんま堂のえんま堂大念仏狂言と嵯峨清凉寺の嵯峨大念仏狂言です。

このうち壬生寺の狂言は有料で1000円くらいかかりますが、ほかの2つは無料(有志の寄付あり)で見物することができます。
中でもえんま堂狂言はセリフがあるのでストーリーが分かりやすく、子供でも楽しめるのでGW中の公演時には何回も通って撮影をしました。

今回の桜の時期はちょうど嵯峨清凉寺の狂言をやっていたので、午後から行ってみたのでしたが、たまたま演目が「土蜘蛛」という一番写真映えのする演目だったのでラッキーでした。

開演前には源頼光役の演者が外で撮影タイムを作ってくれました。
P4020239(2)
    [源頼光]

境内の狂言堂でこのような感じで演じられるのですが、開演直前に行ってもまだ空席があって、桜に浮かれている時期の京都としては超穴場のスポットです。
P4020253(2)
    [狂言堂]

どうやら妖怪土蜘蛛が登場です。
P4020267 (2)
    [土蜘蛛登場]

この演目の見せ場は何といっても土蜘蛛が何回も投げつける白い蜘蛛の糸。
えんま堂狂言の土蜘蛛は客席に向かって投げつけるのですが、嵯峨狂言では横から撮ることができます。
P4020293 (2)
    [蜘蛛の糸]

何やかんやと大立ち回りが続いて、結局は頼光の部下2人に成敗されるのですが、なかなか面白い時間を過ごすことができました。
風があって桜の花びらが舞い散る中での、無料の京都の伝統文化に触れる時間。
ああ京都に来たんだなと実感できる時です。

インバウンドで人があふれている嵐山のすぐ近くなのに、本物の京都がここにはあります。
全部クリックしてど~ぞ!
P4020355 (2)
    [土蜘蛛成敗]



urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2023年04月11日

京都穴場の桜 竹中稲荷神社

今年の京都の桜は穴場的な場所を徘徊したのですが、特に吉田山の竹中稲荷神社の赤い鳥居と満開の桜が印象的でした。

宗忠神社の本殿前を通り抜けて細い道を右折すると、左手に赤い鳥居が見えてきますが、そこから最初に見える光景がこれです。
人は多くありませんでしたが、向こうから日傘を差したカップルが歩いてきます。
P3280074 (4)
    [桜の参道]

鳥居のわきの母と子。
P3280093 (4)
    [桜木の下で]

稲荷神社なので、赤い前掛けをしたお稲荷さんが石燈籠の向こうに見えました。
全部クリックしてど~ぞ!
P3280119(3)

    [赤い前掛け]



urutorahurosu at 08:15|PermalinkComments(0)

2023年04月08日

本当の〆の桜は雨宝院

京都でゆっくりしようと思っても、ホテルの部屋を掃除してもらうためにはある程度の時間は部屋を空けなければならず、しかも桜の時期とくれば、必然的に桜の追っかけをせざるを得ないわけであります。

仁和寺で最後の予定でしたが、西陣の小さな寺の雨宝院の桜がまだいけるかもと思って、帰る前日に西陣ぷらっと散歩のついでに寄ってみました。
この寺は西陣散歩のときに時々偶然に立ち寄りますが、花の時期に行ったのは初めてで、これまたなかなか良かったです。

狭い道路に面した狭い境内ですが、入り口には赤い提灯が下げてあり、背景の土塀との雰囲気がインスタ映えするのです。
ここを着物姿の若い女性が歩いているととてもいい写真になるのですが、この時は自転車のおねえさん。
でもなかなかいい感じであります。
P4060728(2)
    [雨宝院]

境内は狭いながらもいろいろな花が咲き乱れて、まあ参拝客は数人がいいですな。
1人または2人組まで、3人以上では雰囲気が壊れます。
いかにも西陣の寺という静かな感じです。
P4060729(3)
    [境内]

椿の花もきれいだったので、桜を背景にして撮ってみました。
P4060716(3)
    [花椿]

シャクナゲも満開、何ともいえないピンクです。
この日は西陣織の問屋さんの店を見てからホテルに戻って休養と荷物の整理でした。
全部クリックしてど~ぞ!
P4060724(2)
    [石楠花]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2023年04月06日

半木(なからぎ)の道

京都でソメイヨシノが散り始めると、次に狙うのが紅枝垂れ桜です。
プランBの続きですが、府立植物園の八重紅枝垂れ桜を堪能した後は、もう一か所桜を見ながらホテルに戻ることにします。

府立植物館を出て賀茂川に行くと、堤防に800m 程の枝垂れ桜のトンネルがあります。
最近知られるようになりましたが、観光客は少ないのでゆっくり楽しむことができる、プチ穴場と言えるかもしれません。

ここの桜は仁和寺と並んで京都市内では最後に満開になる場所なのですが、この日でほぼ満開、仁和寺の御室桜も満開宣言が出たようです。しかし異常に早いですな。

この桜のトンネルを通って北大路バスターミナルまで歩きます。
桜のトンネルはこんな感じです。
P4030487 (2)
    [半木の道]

そこそこの人が歩いていましたが、休日はもっと多いのでしょうな、もう穴場ではありません。
でも皆さん穏やかな表情をしています。
自転車を引きながら歩く人もちらほら。
P4030495 (3)
    [散歩道]

堤防のすぐ下には賀茂川が流れて、その両岸では多くの人がリラックスしています。
こちら側の川岸。
P4030519 (2)
    [春の一日]

向こう側でもリラックスタイム。
ここが自分の大好きな場所でもあります。
全部クリックしてど~ぞ!
P4030498 (3)
    [リラックスタイム]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2023年04月05日

花は散っても京都は桜

プランAの醍醐寺では残念な目にあいましたが、ならばプランBを考えます。
このまま地下鉄バス一日券で京都駅には戻らずに、コミュニティーバス210円で地下鉄醍醐駅へ。
東西線東山駅で下車して、市バスで百万遍へ、そこから乗り換えて銀閣寺道下車。

哲学の道の桜は見ごろを過ぎたので、山科疎水の終点ポイントで花筏を撮ろうと思いました。
でもまだ本格的な花筏はできていないので、このプランもダメかと思いましたが、少しだけ出来ている散り桜に太陽が当たって、花びらの間が光っています。

そこでクロスフィルターをレンズに付けて撮ってみるとこんな風にいい感じです。
疎水沿いは中国人(台湾香港人?)がとても多くて、彼らはカメラを構えていると寄ってきて同じ場所で撮ろうとします。撮っても無理なのに…。
P4030415 (2)
    [散春]

ちょうど昼近いのでプランBの続きです。
銀閣寺道バス停から市バスで祇園まで行って、鯖寿司のお店でおいなりさんをテイクアウト。
ここのおいなりさんはご飯にケシの実が入っているので大人の触感がたまりません。
5個入って1000円でおつりが来ます。

これを持って府立植物園に移動。
ちょうど12時半を過ぎたので、噴水の所のベンチでランチしますが、天気も良くて暖かく最高の気分です。
3個で十分なのですが、捨てるのももったいないので無理して全部食べたら胃が重い。
P4030447 (2)
     [大人のおいなりさん]

府立植物園にはたくさんの種類の桜がありますが、ソメイヨシノが散り始めると、八重の紅枝垂れ桜が満開になって、まるでピンクのカーテンです。
それなのにここには観光客はほとんど来ないので、桜とモミジは穴場中の穴場です。
地下鉄北山駅すぐ隣なのでアクセスも完璧です。
今はライトアップもしていますが、数日前に酔ったついでにちょいと行ってみましたが、やはりライトアップは本当のピンク色が出ないので、自分的には無用です。まあ好きずきですから。
プランBはもうちょっとあるのですが、疲れたのでとりあえず全部クリックしてど~ぞ!
P4030463 (3)
    [八重紅枝垂れ桜]



urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2023年04月02日

宗忠神社から真如堂を望む

吉田山の宗忠神社の参道階段から真如堂の三重塔を望むのが、どうやら穴場的絶景ポイントらしいのですが、確かにやや長い階段の中ほどから振り向くと、桜の枝の間から三重塔の上の方だけ見えました。
ただこの日は桜の量が多くて桜のトンネルみたいな状態だったので、はっきり見えるポイントが見つかりません。
左右に動いてみても、この程度しか見えませんでした。
真っ赤な紅葉の頃はどうなのでしょうか、次回はその頃に来てみましょう。
桜も逆光気味で、暗く写ってしまいます。
P3280056 (2)
    [三重塔]

なのでカメラの機能を使って、階段と桜のトンネルを絵画風に撮ってみました。
全部クリックしてど~ぞ!
P3280050 (6)
    [桜階段]

urutorahurosu at 06:30|PermalinkComments(0)

2023年04月01日

真如堂界隈から撮り始め

今年の京都はインバウンドが戻ってきて、平日でもすごい混雑、市内中心部のオフィス街ではランチをするにもどこも行列で、昼休み時間内に食えないランチ難民が出現。
夕方などは通勤帰りの人がバスに乗れずに、通勤難民になりそうな状態ということで、今日からの週末は一体どうなっちゃうんでしょうか。

ということで、今年の京都の桜は主に穴場的な人の少ない場所を選んで撮ってみることにしました。
撮り始めは真如堂、秋の紅葉時は有名な場所ですが、桜の時期は人出も多くありません。
今回は白川通の真如堂前のバス停から、5分間急坂を上って到着、自分ではいつも下り専門のルートですが、今回は初日なのでまだ元気がありました。

まあ桜自体は大したことないですが、京都らしい背景で撮れるので、何となくインスタ映えしてしまうのです。
P3280004 (2)
    [寺の桜]

小型三脚を高崎に置きっぱなしなので、ソフトフィルターとクロスフィルターをポケットに入れて、適当に使いながら桜のお散歩写真です。
上の写真はソフトフィルター使用、次の写真はクロスフィルター使用で午後の太陽を強調して逆光で撮ってみました。
P3280023 (3)
    [三重塔]

真如堂の正門を出て、まっすぐ正面の宗忠神社の長い石段を目指しますが、小さな商店の角で自転車に乗ったお母さんと女の子。
何かいい雰囲気ですな~。
画像左に宗忠神社の長い階段が見えます。
全部クリックしてど~ぞ!
P3280042 (2)
    [真如堂界隈]

今日は京都を避けて、大阪の子供たちと午後から琵琶湖に行きます。
京都のホテルはそのままで、荷物も置きっぱなし。

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2023年03月31日

今の京都は桜まみれ

前夜は大阪に泊まったのですが、午後は京都に戻って茶道の家元のあたりをウロウロ寺の散策。
今回はほとんどの有名観光地はパスしているので、花見客は非常に少ない穴場ばかり。

ソメイヨシノは満開をやや過ぎていても、京都の桜は奥が深いので、まだ満開には時間がかかりそうな桜はいくらでもあるのです。
堀川寺ノ内近くのこの寺のこの桜はまだまだ満開には時間がかかりそうです。
P3300189(2)
    [満開前]

いや穴場というよりは、その辺の公園でも春爛漫。
公園の桜の木の下で、読書もいいものですな。
明日から4月です。
全部クリックしてど~ぞ!
P3300193 (2)
    [春爛漫]


urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2023年03月29日

こりゃあ」穴場だ竹中稲荷

京都の桜は恐るべし。
伊丹空港からのリムジンバスが補助席含めて満席で、乗り残しが出ていました。
高速も渋滞で、京都南のインターも第二インターから降りて、それでも予定時間より20分の遅れ。
バスのお腹の開口部が片方が開かなくて、荷物おろしに手間取って、結局いつもの1.5倍かかって到着です。

午後から吉田山をウロウロして、桜の穴場発見、いや知る人ぞ知るなのでしょうが、たぶん今の時期だけすごいのでしょう。
真如堂の近く、吉田山神社の裏の竹中稲荷でした。
詳しくはそのうち書きますが、今日は大阪に泊まるので、明日のブログの更新はできないかも。

まあ、勢いのある桜と赤い鳥居をクリックしてど~ぞ!
P3280106 (2)
    [穴場]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)