めぐる季節

2022年12月16日

白い朝

当ブログは主に前日のことを朝に記事にしているのですが、昨日の朝からいよいよ白い朝。
なので東京方面は快晴のようですが、テレビ報道によると昨日はかなり寒い朝だったようでした。

もう毎日雪の記事はイヤなので、ドカッと降った時だけ写真を撮るようにします。
今冬からは職場の除雪がないので、少しは気持ちに余裕があるのですよ。
これからしばらく、山形にいる間は半冬眠生活であります。

白い雪が絶え間なく舞っていた昨日でしたが、まだ地面が前日までの温さがあるので、一面の銀世界とはいきませんが、今冬最初の白い朝でした。
これでもカラー写真ですが、クリックしてど~ぞ!
PC150016
    [白い朝]

urutorahurosu at 06:30|PermalinkComments(0)

2022年12月15日

出番前

昨日から真冬に突入、朝から風雨が強くて二階の窓には水滴が一杯ついています。
県庁へ通勤中の人は傘を斜めにかざして歩いていきます。
PC140134
    [風雨の日]

午後から夕方まで家を締め出されたので、床屋に行って本屋に行って時間をつぶし、最後にワークマンで除雪用の手袋と靴下を買って帰宅。
その頃には我が家の屋根は白くなっておりました。

県庁裏の広場には、何日も前からすでに除雪車がスタンバイしていて、県職員の駐車場の除雪に備えておりました。
全部クリックしてど~ぞ!
PC140144
    [出番前]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2022年12月13日

公衆トイレの手洗い

明日から寒波襲来で一気に真冬になるようですが、寒くなるとありがたいのが観光地の公衆トイレの手洗いの水。
軽井沢では11月の旧軽銀座のトイレでは、手を洗う時に温水が出てくるので、ホッとして手全体を丁寧に洗えるので助かります。
寒いときに冷たい水で手を洗うと、どうしても指先だけになってしまいますからねぇ~

写真はホッとすると自然に出てくる笑顔、クリックしてど~ぞ!
2017-3-4草間弥生展 037
    [ホッとすると]

urutorahurosu at 06:30|PermalinkComments(0)

2022年12月09日

山茱萸を今年もいただいた

昨夕、今年も有り難く山茱萸(さんしゅゆ)をいただきました。
まだ玄関に散らばっておりますが、壺に投げ入れる前に、忘年懇談会のために外に出ます。
ありがたやありがたや~。2月まで楽しめます。
今朝は細かい雪が少し舞っています。
とりあえずクリックしてど~ぞ!
PC080010 (2)
    [山茱萸]

urutorahurosu at 08:16|PermalinkComments(0)

2022年12月06日

山形 寒い寒い寒~い

二週間で、山形は想像以上に寒くなっていました。
何てったって我が家が冷え切って、冷蔵庫以上で冷凍庫未満のチルド状態です。
ありったけの暖房を入れても、夕食が終わるまで温まった気がしません。
食材がないので車で買い出しに行きましたが外気温は2℃、とても外食で外を歩く気力も出ません。

風呂から上がってようやく一息ついて、昨夜は今冬初めての湯たんぽの出番。
今日からの服装は、もう一段レベルアップした極寒仕様です。

家に帰ってから高崎で撮った写真を見返したら、間違って削除したと思っていた高崎駅前のイルミネーション写真がありました。
これはペデストリアンデッキに飾られた、市内の保育園の冬飾りより。
PB300018 (2)
    [12月]

駅を出てすぐのデッキのイルミネーション。
三脚やクロスフィルターなんか使うと面白く撮れるのですが、まあ本気撮りじゃないので手持ち撮影です。
PB300023 (2)
    [イルミネーションナイト]

これは駅前の通りですが、ちょうどぐるりんバスが通っていました。
まだ17時なので、遠くの空は夕焼けです。
全部クリックしてど~ぞ!
PB300026 (2)
    [駅前通り]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2022年12月04日

井の頭公園 晩秋

乗り放題パス最終日の昨日は、東大の銀杏再撮影と井の頭公園の晩秋のバイオリンの旋律を撮りに行ってみたのでしたが、午前と午後では光が希望と逆転してしまってダメでした。

東大の銀杏は古い建物の間から差し込む光が欲しかったのですが、午前中は曇り空で失敗。
井の頭公園に移動した午後から晴れてきて、こっちは別に晴れていなくともいいのにと恨めし気に空を見上げて思ってしまいました。

井の頭公園のバイオリニストは、昨日はいつもと違う場所で演奏していましたが、人通りが少なくて演奏衣装も地味で、いい写真が撮れません。
何とかこんな一枚だけ撮っただけでした。
PC030094 (3)
    [旋律]

ならばその光を生かした写真でも撮ろうかといろいろ探しましたが、水面に覆いかぶさるモミジ、赤黄緑と空の青。
PC030106
    [光織りなす]

池の橋の所でガマの穂を見つけました。
もう終わりで、晩秋の風に綿毛が飛ばされて、まもなくすっかり禿げてしまいそうで、加齢による頭髪の減少を連想してしまいました。

ああこれも人生の晩秋現象かと思いながら、暗い背景の位置からパチリパチリの中の一枚です。
なかなか綿毛にピントは合わないのですよ。
全部クリックしてど~ぞ!
晩秋符
   [晩秋の風]

urutorahurosu at 06:48|PermalinkComments(0)

2022年12月02日

山形は初雪 首都圏は紅葉

山形ではそろそろ初雪かなと思ってネットで検索してみたら、11月30日に初雪が降って、豪雪で有名な大蔵村では9センチの積雪ということでした。

でも首都圏はまだまだ紅葉見ごろというか、最盛期の感じです。
気温が一気に下がって今にも雨が降りそうな空模様の昨日は、大人の休日乗り放題パスの有効活用のために、高崎→上野→松戸→北小金と移動して、紅葉と紫陽花で有名な本土寺に行ってみたのですが、どんよりした雨雲でさすがに紅葉の写真日和というわけにはいきません。

桜や紅葉は薄曇りならばベスト、晴れ過ぎたら光と影の明暗差が大きくて、いい写真を撮るには難易度が高いのですが、昨日のような空では写欲が湧きません。
でも乗り放題パスがもったいないのと、引きこもり生活ももったいないので、思い切って6~7年ぶりに行ってきました。

寒くてこんな天気の木曜日とあって、週末ならば人で溢れるはずの境内も人がまばら。
この日は特別に人が少ないそうですが、たぶん京都では人で溢れているはずです。
老人の生徒2人だけの写真教室もやってましたが、先生も生徒も寒くて大変、シャッタースピードが露出がなんちゃらカンチャラやっていましたが、大赤字でしょうな。

まあ写真の方はそれなりにいろいろ工夫して撮ってみましたが、あまり楽しくないので1時間ちょいで切り上げて、午後の早い時間に戻ってきてしまいました。

さて本土寺はまるで京都のような紅葉写真が撮れるので有名ですが、今日は五重塔を絡めた写真です。
最初の門をくぐって振り向くともうこのようなモミジがかぶさってきますが、門の大きさと比べてください。
この場所はまだ無料区間、このモミジを撮ってから拝観料500円を払います。
PC010009 (2)
    [無料区間]

受付から先に進むとまずは左手に五重塔。
その周りのモミジの木が見頃です。
これは実際の見た目よりもちょい派手に撮ってみました。
PC010013 (3)
    [五重塔]

その下には銀杏の黄色い落ち葉が地面を染めています。
PC010022 (2)
    [赤と黄色と塔]

ぐるりと庭園を巡って、最後の出口付近でいい枝振りのモミジを見つけました。
全部クリックしてど~ぞ!
PC010058 (2)
    [京都みたい]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2022年11月24日

あと一か月でメリークリスマス

昨日の勤労感謝の日は雨の寒い一日で、車で東京インテリアに行こうと思ったのでしたが、外に出たとたん運転したくなくなって、駅前のヤマダ電機で済ませてしまいました。
祝日とはいえもう勤労の感謝もされなくなったのですが、夜は息子たちファミリーと食事、雨でカメラを持って今なかったので写真なし。

あと一か月でメリークリスマスですが、一昨日の軽井沢のハルニレテラスではショップの窓枠をクリスマスバージョンの取り付けが進んでいましたな。
PB220001 (2)
     [窓枠]

このような飾りを見ると、年甲斐もなくなんとなくウキウキするのは子供の頃からのいろいろな思い出のせいでしょうか。
PB220005 (2)
   [クリスマス商戦]

葉が落ち切ってわずかに残った赤い実ですが、背景の窓枠の赤い飾りが赤い実の延長に見えてしまいます。
ボケて見える人は、取り付け作業中です。
全部クリックしてど~ぞ!
PB220007 (2)
   [赤い実]

urutorahurosu at 07:08|PermalinkComments(2)

2022年11月15日

もう秋の名残りなのか

今週から気温も一気に平年並みに戻って寒くなるようです。近畿地方では木枯らし1号が吹いたとか。
一昨日リビングの網戸にバッタが一匹とまっていました。近づいても逃げないのでカメラでパチリ。
PB130002 (2)
  [名残り]

腹側からだと黒っぽく映ってしまうので、斜め下から緑色の背中がもう少し見えるようにパチリ。
手抜き記事ですが、全部クリックしてど~ぞ!
PB130001 (2)
  [晩秋]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2022年11月11日

柿食えば…いや、しぶ柿なので

一昨日の日中は暖かいので、芸工大の裏の悠創の丘と称する丘ではない山の斜面に行ってみました。
モミジの数は少ない代わりに、隣接する農家の柿が一杯。

見るからに美味しそうですが、残念ながらこの柿はしぶ柿。
柿食えば 鐘が鳴るなり・・という風流なことはできません。
山形の柿はしぶ柿で、収穫後にこれを焼酎などで渋抜きをしてから美味しく食べるのです。
PB090069 (2)
  [しぶ柿]

モミジがあったので、たわわな柿を背景に撮ってみましたが、主役も背景も同じような色であまり良くないですな。
PB090070 (3)
  [秋の色]

収穫後の柿の木に一個だけ残した柿の実は、越冬する鳥たちへの天使の分け前ですかな。
全部クリックしてど~ぞ!
PB090084 (2)
  [分け前]

urutorahurosu at 07:39|PermalinkComments(0)