写真の話

2024年02月24日

山形県写真展 撃沈!

今回の雪は山形市で24時間で22センチということは、市内豪雪地帯の我が家では30センチ近く降ったのかもしれません。

さて山形県写真展。今回の結果は撃沈で、普通の入選がたった2枚だけでした。その枚数は5日前の新聞紙上で分かっていたのですが、どの写真が入選したのかわからないので昨日確認に行ってきました。
日中の気温があまり上がらずに、町の中の雪はかなり残っています。
美術館の軒下の屋根から落ちた雪。
P1000231(3)
    [屋根の雪]

とりあえず証拠写真ということで。
P1000232(2)
    [県写真展]

入選した2枚を見てびっくり、たぶんダメかなと思いながら出品した写真で、自分なりに自信のあった写真はどれも選外です。
でも逆に考えると、選外写真は他のフォトコンに出せるので、そこで逆転があるかもしれません。
もう散々な結果でした。
2016-3-20長野・湯田中 013(2)
    [さんざん]

いやぁ~笑っちゃうしかありませんな、今年はやっぱりず~っと運気が落ちているのです。
人に招待券をあげるような結果じゃないので、一杯余っちゃいました。
全部クリックしてど~ぞ!
2016-10-27~沖縄PEN-F 101 (2)
    [笑っちゃうしか...]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2024年02月21日

冷凍の鮎を12匹もゲット

そういえば去年の秋にフォトコンに応募したのが入選したのでした。
「第8回最上小国川フォトコンテスト」に初めて応募してみたのですが、このフォトコンはプリントしないでWebから応募できるので費用がゼロなのです。

山形の小国川は鮎が沢山捕れるので、ほぼ毎年鮎を買いに行くのです。去年は忙しくてチャンスを逸しましたが一昨年は2回ほど行きました。
その時に午後の日差しが逆光になって、鮎の友釣りをする人の姿がシルエットになっていたので、何枚か撮っておいたのがあったのです。

平入選なので、賞品は地元の名産品3000円相当分を2月中旬に送ります、という通知が届いていたのですが、山形に戻る直前に届いたようです。
商品はカッチカッチに冷凍された鮎がなんと12匹でした。

地元ではマッシュルームの栽培が盛んなので、マッシュルームが届くのかなと思って楽しみにはしていなかったのですが大好物のきれいな鮎が12匹も。
早速焼いて食しました。
家庭用のIHの魚焼き器ですが、脂ものっている魚体から余分な油が落ちて、見た目以上にうまかったです。
冷凍なので冷蔵庫で解凍して、塩を表と裏に振って、少し時間をかけてじっくり焼きました。

この大きさだと頭は食べないので、頭を落としてヒレを取って、背骨をきれいに外して、そうすれば丸かじり。
大きさはこんな感じですが、写真の見た目からは旨さが想像できませんな。
(2)
    [鮎]

鮎12匹を稼いでくれた写真がコレ。
全部クリックしてど~ぞ!
ポイント移動(入選)
    [ポイント移動]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2024年02月16日

山茱萸は引き算して夜に撮る

今年は異常な暖かさで、2月半ばだというのに4月の陽気です。これが6月頃になると「今年は異常な暑さで・・」となるのでしょうな。

さて満開の山茱萸を夜に撮ってみました。山形に戻ってからは何かと外飲みの機会が多くて、酔っぱらうと撮る気も失せて夜の山茱萸撮影ができなかったのですが、散ってくる前にと思って一昨日撮りました。

写真は引き算と言われますが、主役を引き立たせるためには周りの物をできるだけ排除するのがポイントです。
なので玄関の山茱萸も昼に撮るとガラス越しに外の景色が写り込んでしまうのですが、夜になると外が暗くなるのでこの引き算ができるのです。

数日前の写真に比べると、こちらのほうがすっきりします。
でも赤い実は暗い背景に埋もれてしまいます。
P2140051(3)
    [夜に咲く]

もう一本の山茱萸を手前に、ちょいとカメラを回転させてこんな風にパチリ。
全部クリックしてど~ぞ!
P2140053(3)
    [闇を漂う]
今日は午前午後と、友人のN先生の分院の留守番で、狭い部屋に引きこもりです。まあ困った時はお互い様、たまにはいいでしょう。

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2024年02月08日

瞽女(ごぜ)を撮る

上越市高田の雁木通りを門付けして歩く瞽女さんたちを撮りました。
いろいろ撮ると、どれがいいのか選別に困ります。

瞽女さんたちを追っかけて、中高年のカメラマンが集まっています。
スタッフが注意をしても中にはガン無視する不届き爺さん婆さんも少なくありません。

雁木の通りを正面から撮りたいのですが、瞽女さんの全身を撮ろうとすると、背後には必ずカメラマンが写りこんでしまうので、ギリギリこんな構図にしかなりません。
P2030103(2)
    [雁木通り]

雁木の通りは所どころに昔からの建物が残っているので、良さげな場所で待ち伏せしてカメラを構えます。
ここでは左から右に進行、前の人の背中に添えた手がポイントです。
背後の建物は暗く落として、瞽女さんの角巻を浮かび上がらせます。
構図の関係で、どうしても残雪が写ってしまいます。
P2030122(5)
    [背に手を添えて]

今度は進行方向を逆に、光を透かすガラス戸の所で。
左手の杖と赤いバッグがポイントです。
P2030178(4)
    [杖]

今度はそのガラス戸の前で。こういう場合は顔が見えない方が雰囲気があっていいですな。
P2030181(2)
    [ガラス戸]

次のポイントは年季の入った簾が下がっている家の前。
早く来い来いと思いながらタイミングを見て連写します。
どうしても柱が画面を切ってしまうので、瞽女さんたちの顔が柱に当たらないタイミングの写真を選びます。
P2030215(3)
    [簾の家]

簾の前で先達の三味線を弾く様子をパチリ。
自分なりになかなかいい写真が撮れた日で、こんな時はビールが美味い。
全部クリックしてど~ぞ!
P2030217(2)
    [先達]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2024年02月07日

宇多田ヒカルのばあちゃんは瞽女(ごぜ)さんだった

瞽女(ごぜ)とは目の不自由な女性の旅芸人たちのことで、江戸時代から昭和39年まで各地を巡り、唄と三味線の演奏を披露する人たちのことです。
特に高田瞽女はその名を知られていたそうで、その文化を伝える「瞽女ミュージアム高田」が雁木通りの町家に作られています。

新潟の瞽女の三味線が津軽に伝えられて、津軽三味線の楽曲の原型になったとも伝えられています。
ちなみに藤圭子の母親が瞽女さんだったらしくて、ということは宇多田ヒカルのおばあちゃんが瞽女さんだったということになります。

高田ではこの瞽女文化を伝えるために、毎年当時の衣装で門付けをして歩く瞽女さんを再現するイベントがあり、今年も節分の日に開催されました。
今日はその雰囲気写真です。

出発前の町家の階段を下りてきたところを、白黒で当時の雰囲気で撮ってみました。
P2030031(2)
    [高田瞽女]

入り口を出て、これから雁木の通りを門付けして歩きます。
P2030036(2)
    [出発]

雪の残る小路を通って雁木の通りに向かうのですが、カメラマンがぞろぞろとその前後を取り囲むので、それを排除した写真を撮るのが大変なのです。
P2030058(2)
    [雁木通りへ]

実際の瞽女さんは、少し目が見える人を先導にして、まったく見えない人は前の人の背中に手を添えてこのようにして歩いて行きます。
P2030044(2)
    [先導]

所どころの玄関先で、門付けといって三味線と瞽女歌を披露して心尽くしを頂く様子を再現します。
明日はこの日の瞽女さんの作品写真をアップします。
全部クリックしてど~ぞ!
P2030230(2)
    [門付け]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(2)

2024年01月17日

レンズが壊れた 県写真展出品

一昨日にまたトラブル発生。
オリンパスペンFのレンズが動かない、壊れたみたいです。
県写真展に応募する写真の箱を写真屋さんに搬入する前にパチリしようとしたけれど、カメラが作動しない。
果たしてレンズが壊れたのかカメラ本体が壊れたのか....。
とりあえずレンズを交換したら無事作動しました。ということはボディは大丈夫ということで一安心。
壊れたレンズは幸いに安いチープな方なので、不幸中の幸いです。
そのうちヨドバシで新品を買います、というくらいの値段のレンズなのでした。
安くて薄くて邪魔にならない、使い勝手のいいズームレンズなのです。
P1150135(2)
    [チープレンズ]

寒い中、少し雪が舞っていたけれど、応募の写真を段ボールに入れて、写真の間にはクッション代わりの段ボールを挟んで、車で運んで行きました。
これで年末年始のひと仕事が終了。
全部クリックしてど~ぞ!
P1150134(2)
    [搬入]

urutorahurosu at 06:30|PermalinkComments(0)

2023年12月22日

国立新美術館 撮影OKの作品を撮る

今日は冬至、ということはようやく一年の折り返し、明日から夏至に向けてちょっとずつ昼の時間が長くなっていくわけで、やはり何となくうれしいのです。

国立新美術館は美術館としてのコレクションを持たずに、多くの展示スペースでいろいろな○○展が開催されます。
その中にはもちろん有料の○○展もありますが、完全無料とかシルバー世代は無料とかいうのもあって助かります。
さらに撮影OKの作品群もあって、今回はその作品にちょいと味付けして撮ってみました。

なかなか絵になるシルエットの観覧者が来なくて、やっと来たと思ったら他の人も写りこんだりして、これがギリギリでした。
黒い鳥たちと帽子の女。
PC090107(2)
    [帽子の女]

真横に出した手だけが白く光っていたので、ホワイトバランスで色調をブルーにしてパチリ。
全部クリックしてど~ぞ!
PC090119(2)
    [救いの手]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2023年12月21日

雨でも寒波でも国立新美術館

東京で雨が降ったり暑すぎたり寒すぎたり歩き疲れたり、というような時に便利なのが六本木の国立新美術館です。
アクセスは千代田線乃木坂駅から直結で、濡れずに入場できます。原宿からならば地下鉄で7分くらいです。
美術館なのに入場だけならば無料、館内のそれぞれの展覧会企画展などは有料だったり無料だったり、好きなものを見ても見なくてもOK。

巨大な展示部とその南側の複雑な曲線のアトリウムで構成されていて、それをいろいろ撮るだけでも飽きません。
撮ってみてひっくり返せばどっちを上にしても下にしても違和感のない写真になります。
PC090079(2)
    [上下不問]

大きな吹き抜け構造なので、2,3階部分からは1階のショップを俯瞰で見られます。
PC090086(2)
    [ショップ]

この日はイヴサンローラン展をやっていたので、1階のカフェは混んでいましたが、外からの柔らかい日差しがいい感じでした。
PC090087(3)
    [日差し]

こちらが混んでいたので、地階のカフェテリアでパスタを食べてから3階へ行って、1階部分を俯瞰撮影。
PC090151(1)
    [お昼ごろ]

写真を撮られるために着てきたような服装の人を、少しアップでパチリ。
全部クリックしてど~ぞ!
PC090144(2)
    [休憩中]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)

2023年12月14日

「あなたが主役の写真展」の写真集が...。

高崎から戻ってきたら、富士フィルムの「あなたが主役の写真展2023」の中から「心に響いた100選」に選ばれた写真の写真集が届いていました。

少し前に、写真を見た人からのフランス語のメッセージも届いていて、記念に一緒に保存しておきます。
表紙の写真は自分の写真なのですが、これはたぶん100人とも自分の写真を表紙にしてくれているのだと思います。
PC120119(3)
    [作品集]

これが挨拶文で、六本木のミッドタウンと大阪の会場に、こんな風に展示されました。
PC120121(2)
    [挨拶文]

10人の選者が10点ずつ選んで100枚が決まります。
一人1枚ずつ出品で2万6千余点の中から選んでもらって、しかも最初の選者の1枚目に選んでもらいました。
まあ、いい記念になりましたな~。
全部クリックしてど~ぞ!
PC120120(2)
    [10選]



urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(2)

2023年12月11日

きつねの嫁入り写真表彰式

「みのわの里きつねの嫁入りフォトコンテスト」の表彰式が昨日あったので、その備忘録です。
応募総数167枚と超ローカルなフォトコンですが、2番目の入賞で高崎市長賞。
その表彰式の様子です。
P1000216(2)
    [表彰式]

ミスきつねの嫁入りも一人出席していましたが、狐のメイクはなし、ミスの選考基準はメイクが似合いそうな人を選んだのかもね。
審査委員長の上位4枚の講評です。
P1000217(2)
    [講評]

賞金1万円と手ぬぐいと、鳥めしの駅弁とお茶をいただいてきました。
この賞金は今日山形まで帰る時の交通費になりました。
備忘録なので、気が向いたらクリックしてど~ぞ!
P1000218(2)
    [入賞]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)