歯にまつわる話題

2014年02月07日

メスの馬には牙がない

午年ということで、馬の歯の話です。

馬の歯の数はオスが42本、メスが38本と、雄と雌で数が違うのだそうです。
その違いは犬歯があるかどうか。

馬は草食動物なので、本来動物の牙にあたる犬歯は不要なのでしょうが、オスだけには犬歯があるので、メスよりも歯の数が4本多いのだそうです。
これは馬の世界でも『オスは無用なメンツにこだわっている』ということでしょうか?

歯の構造も人間の歯とは違い、1年間に2ミリほど磨り減るようになっていて、走る芸術品といわれるサラブレッドでは、噛み合わせの管理が特に重要なようです。

歯の減り方が均一でないと体に歪みが出たり餌を食べなくなったりするので、欧米では馬の歯科処置を専門に行う技術者もいるほどだそうです。

歯の健康は馬力の元です。
サラブレッドも人間も、口の中の管理をきちんとしないと馬力は出ないものです。

人間の世界でも「もし女性に牙(犬歯)がないと 世の男性はずいぶん住みやすくなるのでは」と思うのは自分だけでしょうか?

写真は東北ばん馬大会。
巨大なばん馬が1トンのソリを引き、障害物を乗り越えるところ。
馬力全開のシーンです。
クリックしてど~ぞ!
8ccbb355.jpg

 [馬力全開]




urutorahurosu at 04:47|PermalinkComments(0)

2013年11月08日

いい歯の日

今日11月8日は「いい歯の日」。

「いい歯」は笑顔をグレードアップします。
弾ける若さに白い歯が映えてます。
綺麗なお口で快適生活。
コマーシャルでした。

写真は札幌のヨサコイチーム「Gush!」
クリックしてど~ぞ!
add0b08c.jpg

 [いい歯の日]

urutorahurosu at 06:13|PermalinkComments(3)

2013年09月14日

胃カメラ考

前回の胃カメラのブログには、たくさんのメッセージありがとうございました。
コメ返がマメにできなくてすみません。
そのメッセージの中で、ヤプミーのさくらさんの「もっと胃の中が簡単にわかるといいんですけど。。」のコメントを読んで、以前書いたブログを思い出しました。

そもそも人間の消化管の構造は、簡単に言えばおでんで食べる「ちくわ」のようなもので、口からお尻まで1本でつながっているわけですね。
なので、ストレスを感じたり暴飲暴食をしたりすると胃に炎症や潰瘍ができるように、口の中にも炎症や潰瘍ができたり歯周病が悪化したりします。
舌にもいろいろな症状が出るので、東洋医学では「舌診」という学問が確立されているほどです。

胃の中の不調は皆さんが経験しているように、決心して内視鏡を使って覗かなければ見ることができません。
例えればこんな感じですかね。
4185b861.jpg



[覗き見]










それに比べて口の中は直接肉眼で気軽に見ることができるので、例えればこんな感じでしょうか。
9128959c.jpg

 [絶景]












つまり、普段から定期的に口の中に気を配って観察やケアをするということは、そこから先の消化管の調子を整えたり、不調を予防することにもつながってくるというわけなのです。

最初の写真は鉄ちゃんには有名な鶴見線海芝浦駅。
キップがあっても東芝の社員証がないと改札を出られないという恐るべき駅の、ホームにある小公園の救命浮き輪から運河の船を覗きました。
次の写真は北海道美瑛の五稜の丘から十勝岳を望んでいます。
どちらが絶景かは言わずもがなです。

秋の気配が忍び寄り、朝晩は涼しくなりました。
そろそろおでんの竹輪が恋しくなる季節です。
もしおでんを食べる時には竹輪を見ながら、こんなことでも思い出してください。

今の時期の季節の変わり目は、親知らずが腫れたり歯周病で歯肉が腫れたりする患者さんが増える時期でもあります。
どうぞお口のケアを怠りなく、ご自愛くださりませ。
全部クリックしてど~ぞ!



urutorahurosu at 05:02|PermalinkComments(5)

2013年09月04日

世の評判も金次第!

6月に「もうダマされない 歯医者の裏側」というタイトルで、歯医者バッシングの特集号が出ていたことを、8月に知りました。
なので内容は読んでいないのですが、大体は想像がつきます。
まあ、どんな世界も表の顔と裏の顔があるのは世の常ですが、特にインプラントなどの自費診療についてのことなのでしょう。




[ダイヤモンド]















表紙を良く見ると、サブタイトルで「インプラント医療機関の手術力リスト」なるものも書いてあるようです。
自分はインプラントはしていないので関係ないのですが、一応医療機関として「手術力を誰が判定しているのだろう?」という素朴な疑問を持ってしまいます。

ところが先週末に駅の本屋さんで「人気医療の罠」というタイトルの同誌を見つけて買ってみました。

まあ、内容についてはどうこう言いませんが、バッシング記事というのは売れるんでしょうな。
せっかくなので、待合室に置いておくことにします。

 [罠]
















ところで、少し前に1枚のこんなファックスが届いていました。
「頼れる歯医者さん2014年版」という雑誌の掲載医院募集です。

 [金次第]

1ページ70万円。
特別掲載(記事プラス医院広告)の料金は別途ご相談ください。・・・だって
「この企画はダイヤモンド社と協議のうえすすめている・・」とのこと。

いやいや、この手の募集は年に1回くらいあるので珍しくないのですよ。
評判も地獄の沙汰も「金次第」なのでしょうな。
こうしてみると、コンサートの収益5億円すべてをを被災地に寄付した「ダイヤモンド」のプリプリが、よけいに素晴らしく見えてしまいます。
同じダイヤモンドでも、こんなに違うものなんだ。
全部クリックしてお読みください!

urutorahurosu at 04:22|PermalinkComments(12)

2013年08月08日

ヤッショーマカショ歯科専!

山形市も最高気温が30度を越し、昨夜の花笠まつりも最終日になってようやく夏祭りらしい人出になりました。
昨夜は歯科衛生士の養成をしている山形歯科専門学校の学生が踊るので、またまた撮影に。
fe17510d.jpg




[ヤッショーマカショ]









掛け声は「ヤッショーマカショ歯科専!」ですが、観客には「ヤッショーマカショしんかんせん!」と聞こえていたようでした。
スローシャッターにストロボを使い、動感を表現しますが、このくらいの踊りには1/40~1/30秒のシャッタースピードがちょうどいいようです。
動く白い腕の間からちらりと見える顔にピントを合わせて・・
クリックしてど~ぞ!

 [白い腕]

urutorahurosu at 06:38|PermalinkComments(3)

2013年05月02日

健康の後悔

ビジネス総合誌「プレジデント」に掲載された記事によると、「健康について後悔していることの第一位は『歯の定期検診を受ければよかった』だそうです。

特に男性は女性よりも多く、男女とも50代よりも70代になるとその思いが顕著のようです。
俗に「親と髪の毛と歯は、無くなってからその有難さに気がつく」と言われますが、どれも無くなってしまえば復元不可能、無くなってからは遅いのです。
歯の大切さについて今更あれこれ書くのは控えますが、ボロボロの歯でニヤッと笑いながらポルシェに乗っている兄ちゃんよりも、きれいな歯とさわやかな笑顔で自転車に乗っている青年のほうが好感が持てるものです。

写真は土日だけは秘境駅になってしまう、鶴見線海芝浦駅のホームから「こうかい中のお船」。
ホームが海の上にあるので、救命用の浮き輪が設置されているのです。
おまけに東芝の社員以外は改札口を出られないという、鉄ちゃんには有名な駅です。
クリックしてど~ぞ!
c4a29d6d.jpg

 [こうかい]



urutorahurosu at 04:43|PermalinkComments(7)

2013年03月29日

奈良の人はシカにお金をかけているという話

奈良市といえば奈良公園の鹿が有名ですが、もう一つ、奈良市の人は日本一歯を大切にする市民のようです。
というのも、全国県庁所在地の各家庭の「歯科診療代」の支出額を調べてみると、1世帯あたりの年間の支出金額が全国一多いのが奈良市民なのです。
その額は41977円で、全国平均14979円の2.8倍。
ちなみに2位のさいたま市が27376円ですから、奈良市の人はダントツで歯を大事にしていると言えるようです。

さすが奈良だけに、「シカ」にお金をかける習慣が広く沁み込んでいるようで、うらやましい限りです。
さて、わが山形市はといえば、全国平均以下で恥ずかしい限りです。

ブログに歯の治療の話など書きたくないので、久しぶりの歯にまつわる話題でした。
写真は早朝の飛火野のシカ。
クリックしてど~ぞ!
a0594279.jpg

[奈良のシカ]

urutorahurosu at 04:29|PermalinkComments(5)

2012年10月20日

健康寿命

日本人の平均寿命は、男が80歳、女は86歳くらいですが、大事なのは「健康寿命」です。
健康寿命とは日常で介護を必要とせずに自立した生活のできる期間のことで、2年前のデータを初めて厚労省が発表しましたが、平均で男が70.4歳、女が73.6歳でした。
このデータを知って「元気で好きなことをできるのが、あと何年あるのか」と思うと、人生あせってしまいます。
皆さんはどうですか?
この健康寿命を延ばすために、口や歯の健康が大きく関わっているのですが、そういう面倒な話は別の機会にします。

つまり男は70を過ぎてまだ元気で好きなことができるようだったならば、これは「人生の利息」と考えて、感謝して生きなければなりませんね。「人生のロスタイム」と思えなくもありませんが。
やはり仕事は60歳定年がちょうどいいのかもしれません。
続けるにしても60歳までは家族のために、60歳からは自分のためにですね。
そんな人生設計を考えて首をかしげながらゴール目ざして歩いている、写真のような今日この頃です。
クリックしてど~ぞ。

[人生途上]




urutorahurosu at 04:53|PermalinkComments(3)

2012年08月09日

花笠まつり(歯科衛生士の卵たち)

今年も去年に続いて、歯科専門学校の衛生士の卵ちゃんたちが踊ったので、どんなもんかと撮影に行ってみたので、その写真だけアップしてみます。
去年は土曜日で、蔵王温泉での会議と重なって撮影できなかったので、初めてです。
学生に聞いたら、6回くらい練習したとのこと。
3年、2年、1年生の順に並んでパレードします。
踊り始めはみんな緊張して、笑顔がまったくありません。
「写真にならないから笑え」と言っても、歯を食いしばって踊ります。
さて、日没前の時間帯から出発です。
83268f54.jpg

[パレードの始まり]











笑えば可愛いのに。
cc0d282d.jpg

 [緊張中]











構図がいいだけで、いかにも上手そうに見えるでしょ?




[熱演]















彼女たちの踊りは「笠回し」。

 [笠回し]

















みんなまじめな顔で、実習中みたい。
3c0b24c2.jpg




[笠の波]








少し歯が見えてきて、なかなか美人に写ってます。背景もいい感じに。
7e39a509.jpg

 [花笠の華]











そして「今日の1枚」。
笑顔の踊り手には、自然にレンズが向くのです。
笑顔は大事。仕事に生かせよ!
全部クリックしてど~ぞ。
036b4d1f.jpg

 [笑顔は大事]



urutorahurosu at 05:58|PermalinkComments(3)

2012年08月05日

夏まつり、美人の条件

8月に入り、東北も夏祭りが始まりました。
昨夜は福島市のわらじまつり。
目的は「ダンシングそーだナイト」という踊りパレードの撮影です。
祭り本部で撮影許可のワッペンを200円でもらって肩に貼ると、道路のセンターラインで撮影ができるので、沿道からでは撮れない写真が撮れます。
数年ぶりに日程が合ったので、夕方の新幹線で往復、撮影時間は実質1時間ちょいでしたが、汗まみれで200枚ほど撮ってきました。
このような踊りを撮ると、仕事柄どうしても踊り手の口元に目がいきます。
「明眸皓歯」とは美しく澄んだ目元と白く美しい歯並びで、美人を形容する言葉ですが、それに加えて笑顔があると、魅力度は格段にアップします。
ロンドン五輪の水泳のニューヒロイン鈴木聡美の笑顔を見れば一目瞭然、デビュー当時の小麦色の肌の夏目雅子とそっくりで輝いています。
このパレードは1時間半近く休憩なしで踊り続けて、最後は審査で賞金も出るのでテンションが上がりっぱなし。
各チームがそれぞれの振り付けで踊りますが、やはりダンススタジオのチームの踊りは絵になります。
その中でも明眸皓歯プラス笑顔の素敵なヒロインを見つけると、カメラも喜んで自然に完璧な構図が決まってしまいます。




[ヒロイン]














「投~げ~たら こう打って~」いやいや、野球拳ではありません。
でも、こんなオネェさんと野球拳をしたいオジサンは多いでしょうね。
クリックしてど~ぞ。

 [野球拳じゃないってば]



urutorahurosu at 06:42|PermalinkComments(3)