歯にまつわる話題

2016年01月14日

明眸皓歯

成人式撮影のラスト写真ですが、カメラの美人センサーが大反応。

レンズを向けたらすてきに微笑んでくれました。

「明眸皓歯」とはご存知の通り、「美しく澄んだ目もとと、白く美しい歯並び」という美人を形容する四字熟語ですが、若い時の若い時のですよ大場久美子によく似た美人にセンサーが大反応したのでした。

白く美しい歯は、美しい人はより美しく、そうじゃない人もそれなりに見せてくれるものです。
この写真がこの日の一枚かな。
クリックしてど~ぞ!
e1cc1c86.jpg

 [明眸皓歯]

urutorahurosu at 05:05|PermalinkComments(1)

2015年06月02日

食育と心

食事の環境と心はとても大きな関係があるようです。

たとえば工事現場では、賄いのある食事環境の現場の方が、コンビニ弁当のみの場合より事故率が低下するそうです。

学校のアンケートでは、食事を一緒にとる習慣のない家庭では子供の変調を見逃しやすい傾向があり、孤食の子どもはイライラや不定愁訴が多いことがわかっています。

たしかに孤食では笑顔がありません。
宴会では皆さん笑顔です。
大人の孤食は居酒屋の常連客になって、孤食回避はどうでしょう。
bd3ffb27.jpg




[大宴会]









M市の少年院のアンケートによれば、主食がポテトチップスであったりジュース類の摂取量が多いなど、過血糖の状態が続いている子どもが多かったそうです。
この場合、急な血糖値の低下が「キレる」子どもを生み出す要因の一つであるとも言われています。

一方、包丁は「切れる」ほうがいいですが、このお店で買ったはずの我が家の包丁は、もう切れなくなって、研ぎにも出さずにそのままです。
全部クリックしてど~ぞ!
cc507dad.jpg

 [切れる刃物で]

urutorahurosu at 05:22|PermalinkComments(2)

2015年05月31日

注意!人工甘味料の恐怖

『安全神話』という言葉が原発事故で完全に壊れた日本。
もともと「神話」とは、実際にあった話ではなくて、後世に作り上げた、いや、でっちあげた話ですから、簡単に言えば「ウソ」なんですな。

健康志向の強い日本人は、原発以外にも「カロリーゼロ」「ノンシュガー」「無糖」「糖質0」「微糖」etcなどの表示に「健康神話(ウソ)」の幻想を抱いて飲んで、体を一生懸命壊していることに気がついていません。

「ゼロ」という文字についつい心惹かれて、こんな写真も撮ってしまうのです。
b0bb83fc.jpg




[ゼロの写真]









さて騙されてはいけないのが、これら表示の飲料水にはすべて「人工甘味料」が入っているという事実なのですよ。

人工甘味料には主に3つの作用があります。�@ホルモンに影響を及ぼして体内に脂肪を蓄える �A味覚を鈍化させる �Bコカイン以上の依存性がある。

人工甘味料といってもいろいろあってとても書ききれませんが、例えば一番多く使われているアスパルテームという甘味料。
これを構成するアスパラギン酸は脳細胞を興奮させすぎて殺してしまう興奮性毒で、アメリカの国防省では生物化学兵器用物質の候補でもあったようです。

まずはコンビニに行って普段自分が飲んでいる物の成分表を、買う前に見てください。

さてこの記事のカテゴリーを「歯にまつわる話題」にした訳は、歯に良いとされるキシリトールも人工甘味料だからです。
ただし、キシリトールは「糖アルコール」という分類に入っていて、その安全性は確立されているので心配はいりません。

が、しかし、ここからが問題なのです。
「キシリトールガム」などキシリトール表示のあるものは、キシリトールの甘味度が低いためなのか、ほとんどすべての商品に問題のアスパルテームなどが添加されているという事実なのです。

ここで自分の食生活で、人工甘味料添加のものをどのくらい摂取しているか考えてみました。
発泡酒はめったに飲まないのでOK,
チューハイはタカラチューハイだけなのですが、成分に「糖質」とだけあるのでちょいと心配。
甘い飲料水はほとんど飲まないし、ガムは旅先で歯みがきができない時だけ使用。

皆さんはどうですか?
飲料水を選ぶ前に、細かい字の成分表に目を通しましょう。

写真は「その男、危険」
この写真のように、見るからに危なそうなものは分かりやすいのですが、「一見健康に良さそうで実は危険」という食べ物が周囲に溢れています。
人間も同じですな。
全部クリックしてど~ぞ!

 [その男 危険]




urutorahurosu at 06:54|PermalinkComments(3)

2015年05月28日

スモカの思い出

昔むかし、タバコにまだ市民権があった頃、というか、タバコが吸えなきゃ大人じゃないと言われていた頃、タバコのヤニを落とすために、一家のオヤジの使う歯磨き粉の定番は「スモカ」でした。

平べったい缶に入っていて、確か赤い缶と緑の缶があったように思います。
「あかいきつね」と「みどりのたぬき」のアイデアも、ここからパクったのかもしれませんな。

小さい頃、たまにいたずらにスモカの粉をブラシに付けて歯磨きをして、ちょっぴり大人の気分を味わったものです。

今は「歯磨剤」とか言いますが、昔は『歯磨き粉』と言っていましたね。
ペースト状になってからも「ハミガキコ」と言っていました。

GWに京都東寺のガラクタ市に行った時、足元の洗面器に置かれた『スモカ』を発見して、完全に抜けていたスモカのこんな思い出が蘇ったのでした。

調べてみるとスモカは大正14年に現サントリー(株)で作られたのが最初で、現在も生産発売されているようです。
成分は現在は歓迎されない研磨剤がたっぷり、タバコのヤニ落としに特化した歯磨剤のようです。

発見したスモカがこれ。
買ってみようと思いましたが、缶のふたを開ける勇気がないので止めました。
クリックしてど~ぞ!
ffa7cbcb.jpg

 [SMOCA]

urutorahurosu at 05:03|PermalinkComments(1)

2015年01月23日

と~さん

業界紙によると、2014年の歯科医院の倒産件数は15件。
まあ、7万件近くある歯科医院の中での15件ですから、そう多いともいえないのかな。

別に全部が営業不振というわけでもなく、たぶんいろいろな副業に手を出しての負債が原因の倒産もあるのだと思います。

最近の歯科医院はいろいろな高額な医療機器を購入して、世界でも類のない重装備の歯科医院が増えていると聞いています。
それも一因になっているのかもしれません。
もっと身軽にいきませんか?

そういえば、地元の老舗ホテルが大手ホテルチェーンに全株式を売却したり、そんな類の話が時々聞こえてきます。

アベノミククスとは関係のない一地方の一零細歯科医院の院長のつぶやきでした。
写真は奈良 明日香村の「ボクのと~さん」、クリックしてど~ぞ!
35c7001a.jpg

 [と~さん]



urutorahurosu at 23:21|PermalinkComments(0)

2014年09月09日

東北デンタルショー

今年も東北デンタルショーが先週末に開催されました。
しばらく行っていなかったのですが、日曜日の朝から久しぶりに行ってみましたよ。
3b76df60.jpg




[東北デンタルショー]









会場は今年も仙台港近くの夢メッセみやぎ。
大震災の時は津波で1階部分が水没しました。
8db94ca1.jpg

 [夢メッセ]












大きい買い物はできないので、診療に役立ちそうな小物をいくつかチェック。
aa5d7959.jpg




[会場内]









その後近くの三井アウトレットパークで会議用のスーツとジャケットを買って。

貨物専用の仙台臨海鉄道の撮り鉄のロケハンをして帰りましたとさ。
あの大震災の1週間後に、この臨海鉄道の撮影にこの場所に来る予定だったのです。
今日の写真は記録写真なので、別にクリックしないでも・・



urutorahurosu at 04:51|PermalinkComments(1)

2014年08月02日

笑顔でサンバ

サンバで一番楽しいのは、たくさんの笑顔が撮れることです。
たくさんの笑顔を撮っていると、こちらも自然に笑顔になってきます。
あくびは隣の人に感染するといいますが、笑顔はもっと感染力が強いです。




[笑顔サンバ]















ダンサーだけでなく、ばあちゃんも子供もみんな笑顔です。

 [笑顔記念日]


















パレードを盛り上げる打楽器隊(バテリア)も、汗と笑顔が満載です。
b8bac0c1.jpg




[バテリア]









笑顔はみんなを可愛く見せてくれますな。
そして笑顔に似合うのは白くてきれいな歯。
みんないい口元をしています。
全部クリックしてど~ぞ!

 [笑顔ってすばらしい]

urutorahurosu at 06:38|PermalinkComments(0)

2014年06月05日

名医は金で買う時代

こんばんは。
昨日は「虫歯予防デー」でしたが少子化の影響か、虫歯減少のためか、昔ほどマスコミで騒がなくなりましたね。

ところで去年の9月にもアップしましたが、同じような勧誘の郵便物が5月初めに届きました。
どうやら時代は『名医は金で買う時代』になっているようです。




[勧誘]















今回は週刊朝日ムックの「いい歯医者2014」だそうです。
え~と、簡単に言えばですね、
「こんな本を出すので広告を出しませんか? カラーディスプレイ広告は大きさによって13万円から100万円。カラー記事体広告は30万円から2ページで180万円ですよぉ~  広告を出せば、あなたも いい歯医者さんになれますよ~」という勧誘なのです。
おっ、税別なので最高で税込み200万円弱ですか。
141b29b5.jpg

 [申告用紙]












「記事体広告」というのはですね、いわゆる取材広告とも言い、よく雑誌やガイドブックに特集記事みたいにして、いかにも出版社が取材したように見せかけて、実際はお店や旅館側で多大な広告費を出して記事にしてもらう・・という、よくある手口。
こんなふうな記事になるのだそうです。
c5801b96.jpg




[名医の見本]









でも実際にそのお店や旅館に行ってみると期待外れという思いをした経験のある人も多いのではないでしょうか?
そりゃあ、その広告代金もお客側に上乗せされるのですから当然だわね。
旅館などは1回の記事体広告で、もし200人のお客さんが来ると、1人当たり1万円が上乗せされるわけですな。
そんなに来るのかいな?と、思ってしまうのですが。

自分もそんな期待外れの思いを何度もしているので、京都で食事や買い物をする時などは、地元の人のブログ記事を参考にしてお店選びをすることが多いです。

まあ、名旅館とかレストランの広告中心のガイドブックと同じレベルなのでしょうが、この雑誌が発刊される予定の今月末に、店頭でペラペラとページをめくって、誰がどれだけの広告料を払ったのかを楽しみに見てみます。
今や「名医も金を払って自己申告する時代」なのですな。

いやいや、そんなお金があったならば全部遊びに使いたいと思っている、やる気のない歯医者のたわ言でした。

ところで自分は明日から、ムックに大金を捨てるよりもずっと少ない費用で、弘法大師に会いに高野山に行ってきます。
興味があったら、全部クリックしてど~~ぞ!


urutorahurosu at 21:52|PermalinkComments(5)

2014年03月23日

「お久しぶりね!」が「初めまして!」になる理由

「食べる」ことには二つの意味があります。

一つ目の意義は、自動車がガソリンを燃やして動くように、我々も食べることによって動くためのエネルギーを得ることです。
これは人間の体を機械として見た場合、心臓をポンプに例えられるように、わかりやすい考え方でもあります。
しかし一方、人間を部品の集まりのように見る、誤った考えに傾いてしまいます。

人間は機械とは違って生き物です。
人間と機械の違いは、ガソリンで機械を作ることはできませんが、動物は食べ物から自分の身体を作ることで生命を保っているということです。

我々の体の中の細胞は、一定の期間を経ると死んで老廃物として流れていきます。
「食べる」ということは、その細胞の死を補うために新たな細胞を次々と生み出し、命の流れを絶たないようにしている、これが二つ目の意義です。

動物は時間がたてば、いずれ体の細胞はすべて新しいものに入れ替わります。
なので、久しぶりに会った人に「お変わりなくて」と挨拶するのは間違いで、「初めまして」と挨拶するのが本当なのかもしれません。
だって、その人の体の細胞は、すっかり入れ替わっているのですから。
身体の内部も外部の皮膚もすべて入れ替わっているのに、外見も中身も私が私であることに変わりない、「自己複製」とも言える命の不思議さです。

写真は着物姿に変身して秋の京都をお散歩するオネェさんたち。
外側だけ変身していますが・・いいですな
クリックしてど~ぞ!
bc71c499.jpg

[変身]



urutorahurosu at 09:15|PermalinkComments(3)

2014年03月06日

年をとったら肉を食え!

先週ですが、医師会の理事をしている女医さんの話を聞きました。
テーマは「超高齢社会に立ち向かう」

日本の平均寿命は女性は世界一、男性も世界5位ですが、これは乳幼児の死亡率が低いことや国民皆保険などが影響しているようです。
一方、15~60歳の成人死亡率は194ヶ国中17位と(少ないほうから)と、世界一ではありません。

また高齢化社会になるにつれ認知症も増加して、去年の厚労省の調査では65歳以上の15%,
80歳以上の40%が認知症ということです。
やがて認知の障害から行動(摂食、排泄、移動)の障害、そして寝たきりへと移行していきます。

高齢になった時、足腰の衰えで寝たきりや要介護状態となってしまうことをロコモティブシンドロームと言いますが、そのようにならないためにはタンパク質を摂って、筋肉が痩せないようにすることが大事なのだそうです。

じゃあ、タンパク質をどのくらい摂ればいいのかというと、一日に男性は50g、女性は40g必要で、これは肉に限らず魚や豆などでもOKです。

タンパク質の量を身近なところで例えてみると、肉以外ではサバの水煮缶100g中20gが、マグロ赤身の刺身100g中22~26gがタンパク質です。

まあ、肉に限らずタンパク質をきちんと摂るためには、お口の手入れも欠かせませんし、美味しく食べるということもすごく大事だと思うのですが、せっかくの歯科医師会での講演なのに、そのことは触れられませんでした。

写真のロコモチェックというのは「現在の自分の移動能力を確認するためのテスト」です。
自分だけではなく、皆さんの両親ののロコモもチェックしてみてください。
写りが悪いですがクリックしてど~ぞ!
9f1b36a8.jpg

 [ロコモチェック]



urutorahurosu at 18:24|PermalinkComments(3)