夏至 オスプレイ藤森神社の花手水

2021年06月22日

梅雨時の京都には紫陽花がよく似合う

今日から一年の後半戦初日です。
夕暮れのひと時を楽しむことができるのは今だけです。
が、しばらく留守にしていると雑用が溜まってしまって…。

さて梅雨の京都といえば紫陽花でしょうか。
今回も何ヵ所か行ってみましたが、やはり紫陽花の花の多さやそのスケールでは、去年行った宇治の三室戸寺にはとてもかなうものではありませんでした。

今日の紫陽花は藤森神社、競馬の神様として知られていますが、競馬には興味がないので初訪問でした。
境内には二ヵ所の紫陽花苑がありますが、雨で足元が悪いだけで、まあ大したことはなかったですが、花が濡れているので色の乗りが良かったというだけでしょうか。
でもそれも大事、紫陽花は雨の日に鑑賞するに限ります。
P6160006 (2)
[雨の日]

背景は暗い場所を選ぶのが定番です。
この日、祇園に鯖寿司を食べようと行ってみたら、祇園四条通は昼時なのに1/3くらいの店がシャッターを下ろしています。
まだ緊急事態宣言下で観光客がほとんどいません。
鯖寿司の店もシャッターが下りていたのでヤバイと思ったのですが、ちょうど休業曜日だったのでほっとしたのでした。

なので思い立って、京阪の祇園四条駅から墨染まで乗車して藤森神社に行ってみたのです。
紫陽花はいろいろな品種や色がありますが、濃いブルーとピンクの紫陽花が存在感があって好きです。
雨に濡れた感じでヌメッとした画像にしたかったのですが、三脚がないのでうまく撮れません。
P6160009 (2)
 [雨に咲く花]

藤森神社は京阪の墨染駅とJR藤森駅の中間地点にあるので、帰りはJR藤森駅から京都駅に戻ったのですが、JR藤森までの道が長い坂道で息が切れ、湿度が高いので汗まみれ。
道路地図だけでは高低差が分からないのです。

もう一枚はガクアジサイ。
今の時期限定の花なので、全部クリックしてど~ぞ!
P6160016 (2)
 [ガクアジサイ]


urutorahurosu at 05:48│Comments(0)めぐる季節 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
夏至 オスプレイ藤森神社の花手水