久々の撮り鉄で鉄分補給国鉄時代の名残り

2020年05月19日

百年駅舎 西大塚駅

フラワー長井線の西大塚駅は大正3年築の百年駅舎で、国の登録有形文化財駅舎になっていますが、文化財というにはあまりにもみすぼらしい佇まいの駅舎でした。
恥ずかしながら自分も初訪問なのです。
P5170002 (2)
 [百年駅舎]

どうやらここはホームも文化財になっているようです。
ホームの石材の隙間にペンペン草が生えていて、そこでブラブラしながら待っていると、向こうから列車がやってきました。

ホームに着くと、日曜日なので乗客はゼロ。
これがお出かけ自粛中の、ローカル私鉄の現実です。
全部クリックしてど~ぞ!
P5170011 (2)
 [列車が来ます]


urutorahurosu at 05:33│Comments(2)乗り鉄 撮り鉄 

この記事へのコメント

1. Posted by 0yazi   2020年05月19日 19:29
こんにちは

フラワー長井線って第三セクターって知りませんでした。
驚いて調べたら随分昔に変わっていたのですね。

この駅を舞台に長井高校写真部がストーリーのある写真を撮っているのをニュースで見て興味を持っていました。
kusakabe-dcさんの「列車が来ます」を見てますます行ってみたくなりました。
時刻表を調べていかないと列車は中々来ないのかな?
2. Posted by kusakabe-ds   2020年05月20日 07:59
0yaziさんへ
フラワー長井線は約1時間に1本の運行なので、時刻表チェックは必須ですね。
そちらからだと、バイクでちょうどいい距離ではないでしょうか。
長井高校写真部の写真展は、秋の長井線まつりのときには羽前成田駅の中で開催されていると思います。
なかなかいい写真も多いですが、今年は皆さんマスク姿なので、写真のモデルの高校生たちもどんなふうになっているのでしょうか。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
久々の撮り鉄で鉄分補給国鉄時代の名残り