若葉のささやき断捨離第二弾は腰痛で捗らず

2020年05月09日

悲しいのは劣化と老化

断捨離をしていると時々思いがけない物に出会い、つい懐かしさに浸ってしまって、遅々として捗らなくなってしまいがちですが、たまには全く記憶にないものが見つかることもあるわけです。

今回は院長室の物置の奥から、たぶん以前の新型インフルエンザ騒動の時に買い込んだマスクがいろいろ出てきました。
この時期に新品のマスク発見とはお宝発見!と一旦は喜んだのですが、開封して耳にかけてみようとしたら、一部のマスクのゴムひもが劣化。
引っ張って伸ばそうとしたらそのままビロ~ンと伸びたままです。

まあ、サージカルマスクというのは基本的に使い捨てなので耐久性は関係なし、長く放っておけばこのようになるのはしょうがないことで、特に品質に問題があるわけではありません。
他のマスクのゴムひもはまだ何とか使えそうなので、優先的にスタッフに使ってもらうことにしました。

物は何でも時間がたつと劣化してくるのはしょうがないことで、食べ物ならば熟成から腐敗へ、人間の場合は老化とも表現しますが、老化は悲しいことですが、これもしょうがないことであります。

もったいないので中央部を切って、他のマスクの中敷きシートとして使えないかなと考えています。
そんな劣化または老化のマスクをクリックしてど~ぞ!
P5080283
 [老化マスク]



urutorahurosu at 05:43│Comments(0)今日このごろ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
若葉のささやき断捨離第二弾は腰痛で捗らず