厚労省はバカなのか?山形からマスクも無くなった

2020年01月28日

山形市からデパートが無くなった

一昨日、国内で4人目の新型肺炎の感染者が見つかりましたが、この中国人も武漢からのバスツアー客。
武漢からの観光客って、自分の町が閉鎖されて道路も盛土で通行できなくなっていて、病院は患者で溢れて診療不能に陥っているというのに、嬉々として日本観光を楽しむという、その神経が理解できません。
実際の患者の数なんて、中国政府発表はでたらめですからね。

今回の新型肺炎の特徴は、潜伏期間が長くて、潜伏期間でも人から人に感染するということ。
なので、母国がこんな状態なのに平然と日本中を観光している中国人観光客の中には、このウイルスの運び屋が紛れ込んでいるわけです。

いくら金のためとはいえ、それらを平気で受け入れる観光地側にも大問題がありますね。
そんな場所には日本人観光客はますます行かなくなりますよ。
まあ、インバウンドだけに頼った観光商法のツケが回ってきたわけです。

韓国と中国からの観光客が激減しているので、これを契機に、本来の日本人を対象にした観光地に戻ってほしいものです。

さてさて、我が山形市では県内唯一の老舗百貨店が倒産して、昨日から営業を停止してしまいました。
以前からヤバい状態ということが囁かれていましたが、急な予告なしの営業停止、約200人の従業員は営業が終わってから全員解雇を告げられたそうです。

これで山形県は「全国唯一のデパートのない県」という称号をもらってしまいました。
自分は高3まですぐ近くに住んでいたので、その頃は店内がもう子供の頃の遊び場で、屋上の遊園地なども一人でよく行ったものです。

昔は市内にはデパートがいくつもあり、中心商店街にはデパ地下が二ヵ所と、デパ地下スーパーや生鮮市場などがあったのですが、次々と無くなって、これで中心街のデパ地下はゼロになってしまいました。

一方中心街にはマンションが次々と建って、あっという間に売り切れています。
除雪の心配がないマンション暮らしは老後の棲家としては一見便利なようですが、中心街で食料を買える場所がコンビニしかなくなってしまった状態で、免許証を返上した老人たちは、どのようにして食料を確保するのでしょうか?
買い物難民が増加すること必至です。

まあ、山形市民は箱モノが大好きですから、着るものを着ないで食うものも食わないで借金して立派な家を建ててそこに閉じこもるような土地柄です。
人口も減っているのにマンションだけが次々と乱立して、ハードウェアは立派でも、出来合いのお惣菜一つ買う場所もないというソフトウェアの不便さには、マンション住まいしてから初めて気が付くのでしょう。

昔のデパートは最上階に、和洋中何でも揃っているファミリー食堂があって大賑わいだったのですが、寂しいものです。
そんなイメージの絵をサントリー山崎蒸留所で見つけたので、クリックしてど~ぞ!
2011-6-19 005
 [食堂]


urutorahurosu at 06:01│Comments(2)今日このごろ 

この記事へのコメント

1. Posted by 知青   2020年02月01日 11:22
日本は、今のような観光立国ビジョンでこの先もやっていけるのか心配、というか心底止めてほしいですね。日本を日本人の手に取り戻したい感じです。
過剰防衛とも思われますが、3月下旬の上京予定を取りやめ、飛行機もホテルもキャンセルしました。
2. Posted by kusakabe-dc   2020年02月01日 15:24
知青さんへ
まったく心底同感です。
中韓人が来なくなっても、今のままでは日本人は戻りませんよ。
自分も、2月と3月のお出かけをどうしようか、しばらく様子見です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
厚労省はバカなのか?山形からマスクも無くなった