東北二科写真展の授賞式鼻のど咳のクリスマス

2018年12月24日

京都紅葉 最終章

冬至を過ぎてクリスマスイヴですが、もうクリスマスなど関係のない世代になりました。
それよりも風邪というか上気道感染(鼻のど咳)の症状が治まらずに困っています。
今週は忘年会などの飲み会が2つ、一週間後は東京に行って年越しなので、大事をとって二次会欠席ですな。

さて京都の紅葉写真がもうちょっとあるので、名残りとしてアップします。
今の山形市は積雪ゼロ。
でも今週は雪が降りそうなので、毎朝のお勤め 除雪が必須となりそうです。
今月初めの紅葉の龍安寺の参道は、落ち葉を掃く朝のお勤めの最中でした。

朝の斜光に照らされた色づく木々が何とも言えません。
こういう時は、落ち葉を掃いた瞬間のタイミングが大事ですね。
c37e6373.jpg



[落ち葉道]
















一方、逆光に透けたモミジの赤が鮮やかな京都御所です。
ここは自転車の抜け道にもなっているのですが、砂利敷きなのでハンドルをとられます。
自転車が通る砂利が除けられた細い道を、自転車の「けもの道」と言います。
全部クリックしてど~ぞ!
81ce16cd.jpg

 [けもの道]

urutorahurosu at 05:13│Comments(0)めぐる季節 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
東北二科写真展の授賞式鼻のど咳のクリスマス