ゆる鉄画廊都電日和

2018年05月21日

銀座で写真の個展

いや、自分の話ではありません。
友人のS先生が、銀座の富士フォトギャラリーで個展を開催中ということで、ちょいとお祝いと激励に訪問。
過去の入賞作品など14点を展示しています。
34ea8ebc.jpg




[個展]









行ってみたらたまたま大学の同級生が夫婦で福島から来ていて、しばし歓談。
ついでに記念写真を撮りましたが、個人情報なので顔をカット(笑)。
なにせ、モザイクのかけ方を知らないので、失礼しました。
よろしかったら全部クリックしてど~ぞ!
96d6514c.jpg

 [記念撮影]






個展を開催するには手間も費用も時間もかかるので、自分には無縁であります。
そういう環境にあるS先生が羨ましい。



urutorahurosu at 13:46│Comments(2)写真の話 

この記事へのコメント

2. Posted by ブルースカイ   2018年05月21日 14:44
私の知人(写真でなく美術が専門)が毎年銀座の画廊で個展を開いていました。作品の運搬は宅急便で楽ですが、開催期間中、毎日の電車往復がしんどいと愚痴っていました。ギャラリー代も馬鹿になりません。
なら、いっそ無理しないで近場にするようすすめましたら、府中や国立へ会場を移すことにしました。駅に近いし、時間的にも楽になりました。飾り付けや片付けに仲間たちが来やすくなり、知人たちが見に来ました。
個展は場所と経費、継続性の有無が大きな鍵になりますので、とても簡単にはできませんね。フオトギャラリーでの個展は実力が認められてる方でなければ通れない難関ですね。
1. Posted by おばちゃん   2018年05月21日 23:39
<太> 友人の娘さんが美術の大学院を出て、
 福岡市で個展を開きましたが、
 やはり搬入等々大変だったようです。
 おばちゃん地方では、銀行や図書館でたびたび個展が
 もようされています。
 かたぐるしさがなく気軽に行けるので{グッド}です。</太>

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ゆる鉄画廊都電日和