シルバー世代の特権で大人の休日 原鉄道模型博物館

2017年01月31日

大人の休日は温泉ぼっち

週末は大人の休日倶楽部パスの乗り放題切符で、クリぼっちならぬ温泉ぼっちを楽しんできました。

自分が温泉を選ぶ基準は豪華な宿よりも泉質重視なのですが、最寄駅から交通が便利でしかも個性的な泉質の温泉とういうのはあまりありません。
そこで今回選んだのは戸倉上山田温泉、一人旅でもOKな家族経営の小規模旅館を選びました。

新幹線で上田駅から、しなの鉄道に乗り換えて行きます。
しなの鉄道は新幹線開通前の旧信越本線ながら、この乗り放題切符が使えないばかりかSuicaも使えない、もちろん自動改札機もないという今どき珍しいアナログ鉄道です。
おまけに車両のドアを開けるのはボタン式でもない人力、閉まるのは自動ですが。
b1622e70.jpg




[しなの鉄道]









切符はさすがに自動券売機で買えましたが。
559c1174.jpg

 [切符]












さて戸倉駅で下車すると、駅前には懐かしい歓迎アーチ。
こういうのって、昭和30年代くらいまで地方都市のどこにでもあった光景ですが、今はなかなか見られないですな。
3251410d.jpg




[駅前]









下をくぐって裏側も、見上げればこんな青空。
b3a9cf48.jpg

 [昭和アーチ]












泊ったのは大正4年創業の家族経営のレトロ旅館。
結果的にはこれが正解でした。
4393ba9f.jpg




[創業100年]









建物内部や浴室などは、自分が小さかった頃の温泉旅館のイメージがそこかしこに残っていてとても懐かしい、今の人たちを連れて行くとエ~ッと引かれてしまうかもしれませんが。

部屋にはまだダイヤル式の電話機が現役で置いてあります。
何十年ぶりかでダイヤルを回しましたよ。
どうやって使ったらいいのか分からない若者も多いようですな。
電話機はダイヤルを回さないと、歌にはならないのです。
フィンガー5の恋のダイヤル6700♪♪・・
5bd9ea70.jpg

 [恋のダイヤル]












食事も部屋食で温泉ぼっち。
b06f0aff.jpg




[ぼっち]









さてここからが本題の温泉についてです。
昭和のこの時代の温泉旅館というのは、たいてい大浴場とそれよりも小さい女性専用のお風呂があって、大浴場は一応混浴になっているのが普通だったのです。

つまり男尊女卑の風潮が残っていたのですが、現代ではそういう旅館もたいていは男女入れ替え制になっているのが普通です。

この旅館も夜の10時に男女入れ替えになるのですが、大浴場の造りをよく見るとかつては入り口が2つあったようで、おそらく昔はここも大浴場は混浴で脱衣所だけが男女別だったようです。

肝心の泉質ですが、単純硫黄泉で浴室のドアを開けると、仄かな硫黄の香りがして、浴槽の縁からお湯が溢れて掛け流しの状態。
お湯の温度は入った瞬間はちょっと熱いけれど入っていると気持ちが良くなるたぶん42~43度くらい。
硫黄泉なのでシャワーの蛇口などは黒く変色してしまっています。

色は透明ながらエメラルドグリーン。
うっかり大浴場の写真を撮り忘れて、朝に気がついたのですがその時は女風呂になってしまっていたので、撮れたのは小さい方の浴室。
朝の一番風呂なのでシャッターを押せないくらいあっという間にレンズが曇ってしまい、これ以上中では撮れません。
全部クリックしてど~ぞ!
2b9ab779.jpg

 [掛け流し]











この旅館のお湯のいいところは、まず浴槽の大きさに対しての注がれるお湯の量が適正なこと。
また小規模旅館なので入浴する人数が少ないので、お湯の新鮮度がいいことです。
いくら源泉100%掛け流しといっても、お湯がチョロチョロしか注がれなかったり、立ち寄り湯の客が多くて温泉の新鮮さが低下している源泉宿が多いのです。
たぶん同じ源泉でも、大きな旅館に泊っていたらこの新鮮さはなかったことでしょう。

最後に元気な若女将の立ち振る舞いが気持ちよかったです。




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
シルバー世代の特権で大人の休日 原鉄道模型博物館