ノーベル文学賞雲海を撮る

2016年10月16日

天神さんの外人さん

またまた京都の写真ですが、毎月25日の天神さん。
弘法さんや天神さんでは古着のお店がたくさん出るので、外人さんたちがいろいろ物色している光景を目にします。

お散歩カメラはそんな光景をヒョイヒョイと撮るのに適していて、一眼デジよりもピントの合うのが早くて、片手で快適に撮ることができます。

北野天満宮の門のところでビッグママ発見。
2816755c.jpg




[ビッグママ]









とにかく安いので日本人ならば、何か曰くがあるのではと、むしろ躊躇してしまいそうな値段です。
b39063f4.jpg

 [500円]












持ち上げてみたり身に纏ってみたり、こだわっているのです。
3799d390.jpg




[スリムレディ]









昭和のガラクタも可愛いインテリアになるのでしょうね。
自分はただ懐かしくて買わずに撮ってくるだけですが。
375a8eb7.jpg

 [掘り出し物]












なにせ体力が違うので、暑いのに大きなザックで物色。
いろいろ撮ってきましたが、今日はこれから6人で蔵王の紅葉を撮りに行くのでここまでね。
全部クリックしてど~ぞ!
c5bcef86.jpg




[ザック]




urutorahurosu at 05:05│Comments(1)写真の話 

この記事へのコメント

1. Posted by toru-mizusawa   2016年10月16日 11:18
安い「キモノ」は、最初から観光用に作られて
いる、粗悪品なのでしょうね。
たばこ、塩の看板等、昭和のガラクタに
言い知れぬ郷愁を感じます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ノーベル文学賞雲海を撮る