琵琶湖一周200円の旅祇園歌舞練場で

2016年09月28日

祇園花見小路は国際通り

祇園の歌舞練場の庭園が一般公開されて、舞妓さんの舞も見られるというので、久しぶりに祇園花見小路を通りましたが、マナーを説明する絵文字の看板があったりして、ちょいと異様な雰囲気です。

バスを降りたらあいにくの土砂降り。
傘を差しながら花見小路を歩く人の多くは外国人で、安っぽい貸し衣装の和服を着て足元を濡らしながら裾を持ち上げて歩く姿が印象的でした。
8ec6eb87.jpg




[花見小路]









こちらはチャイニーズの家族連れの母と子、後ろにお父さんたちがいます。
ベビーカーに雨具代わりの赤いシートをしかも顔の上から被せるとは、日本ではやらないでしょう。
80c2e338.jpg

 [ベビーカー]












一本路地に入ると雨宿りしているのは日本人観光客かな?
いい雰囲気なので傘を差しながらパチリ。
257b973d.jpg




[雨宿り]









彼女たちもスマホで撮りっこしています。
7d4205a6.jpg

 [雨中撮影]












帰りのバスの中から優しいお父さんを最後に一枚。
全部クリックしてど~ぞ!
a3d1366b.jpg




[父子傘]



urutorahurosu at 05:48│Comments(2)ディープな京都 

この記事へのコメント

2. Posted by toru-mizusawa   2016年09月28日 09:59
あいにくの雨で、大変でしたね。もっとしっとりした
粉糠雨なら、風情もあったのかもしれませんが。
祇園と言えば、まだ二十代の若いころ、作家の
瀬戸内寂聴さんに連れて行ってもらって、一回だけ
お茶屋に上がって、舞妓さんたちと遊んだことが、
今でも良い思い出になっています。
1. Posted by ブルースカイ   2016年09月28日 14:27
雨の京都にも独特の風情があっていいですね。昔むかし、舞妓さんだったと思いますが、宿に来てもらい、舞ってもらったことを思い出しました。もちろん、気の合った仲間達と一緒でした。今は静かに景色とお寺巡りを楽しんでいます。舞妓さんが京都のシンボルにされているのを憂います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
琵琶湖一周200円の旅祇園歌舞練場で