昭和時代の生き残り桃岩荘YH半世紀続く伝説のミーティング

2016年07月26日

桃岩荘 残念な夕陽

桃岩荘の楽しみの一つが、玄関前の海に落ちる夕陽の絶景を見ながらの大合唱です。
去年は夕方に雨が降ったりしましたが、結果的に空がきれいに焼けて、とてもいい写真が撮れました。

この日はいい天気で、日没少し前まではこんな感じで、去年よりも大いに期待していたのですが・・
916de74b.jpg




[夕陽]









残念ながら水平線の雲が厚く、空が赤くなってくれません。
でも全員外に出て、歌いながら空が焼けるのを待ちます。
21470721.jpg

 [玄関前]












水平線の雲のすき間からは赤い夕陽が少しだけ見えるのですが、普通に撮ると夕陽だけが肉眼で見るよりは赤く写ってくれません。
71a20b90.jpg




[夕陽に歌う]









露出補正をかなりアンダーにしてみると、人物が完全にシルエットになってしまいますが、これはこれでなかなか絵になる構図です。
b82fc721.jpg

 [シルエット]












しょうがないのでズームアップして、歌いながら体を揺らす人物を切りとってみました。
あの厚い雲がなかったら、きっと真っ赤な夕陽が見られたことでしょう。
残念でしたが、全部クリックしてど~ぞ!
f60139ca.jpg




[歌に揺れて]





コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
昭和時代の生き残り桃岩荘YH半世紀続く伝説のミーティング