ストレスを溶解するために往く5月

2016年05月29日

ストレス溶解温泉

土曜日は一人で久しぶりにお気に入りの山の宿で温泉に入って、ヘロヘロになってきました。

仕事は少し早めに終わらせて、車で1時間半ちょい。
最後の20分は山の中の細い道です。

一番はこの宿の内湯。
加水加温なしの適温の源泉がそのまま浴槽に勢いよく注がれています。
88148cf4.jpg




[ストレス溶解温泉]









よく源泉かけ流しをうたっていても、浴槽の大きさに比べて情けないほどチョロチョロの源泉掛け流しのお風呂がありますが、それでは大勢の人が入った後ではお湯の新鮮さがなくなってというか、気持ち悪くて入る気にもなりません。

やや白濁した適温の源泉は仄かに硫黄臭がして、白と黒の湯の花がたくさん漂っています。
上の写真は今朝4時の一番風呂。
地球の恵みが空気に触れた瞬間です。
もちろん露天風呂もありますが、この宿の真価はこの風呂にありです。

築100年の建物を改築増築しているので、趣きある古い部屋から快適なトイレ付きの部屋までありますが、今回は新しい極上の六畳の部屋に泊ってきました。

リクエストで最初から布団を敷いてもらっておいてゴロゴロ。
山の夜はこの時期でも寒いので、布団の中には湯たんぽ。
8393ece5.jpg

 [万年床]












ここは電気が来ていないので、そばの川の流れを利用した自家水力発電です。
0a82b5dd.jpg




[自家発電所]









食事は山の中らしく山菜と川魚、ヘルシーですよ。
これでも以前より内容は充実したのですが、宿泊代も少しアップ。
eb51b9f8.jpg

 [山の宿]












料理をいちいち紹介するのは面倒なので、完食後のお品書きをど~ぞ。
1e771ffa.jpg




[完食]









到着して露天風呂に一回、夕食前に内湯に一回、食後に露天風呂に一回、ついでに内湯。
朝4時に内湯、朝食後に露天風呂と仕上げの内湯。
計7回入ってヘロヘロ、体はサラサラですが、露天風呂でたぶん蚊なのか5ヶ所も刺されてしまって、今になって痒い。
まあ、夏場のアブの攻撃よりは気になりません。

行き帰りの山の中は山フジがちょうど見ごろ。
桐の花の紫もありましたが車を停める場所が見つからずに写真なし。
全部クリックしてど~ぞ!

 [山フジ満開]

この記事へのコメント

3. Posted by kotobuki707   2016年05月29日 18:11
温泉良いですね~
都内にも温泉はありますが
大自然の中の温泉が良いですね~
2. Posted by ブルースカイ   2016年05月29日 18:13
懐かしい写真に見入りました。高校の同窓会を開いたのが、この山奥の一軒宿滑川温泉でした。その奥にある姥湯温泉は秘境の湯に間違いなし。でも歩いてしか行けないのがキツイですね。
1. Posted by kusakabe-dc   2016年05月30日 08:09
kotobuki707さんへ
こういう場所の温泉は昔から自噴していて発見された温泉ですので、都会のボーリング温泉とは泉質の熟成度が違うのですよ。
こことは限らずにそんな本物の温泉へぜひどうぞ。
ブルースカイさんへ
そうでしたか、この場所を選択した幹事さんはすごいですね。
姥湯はここからさらに4キロ登っていきますが、車でも途中切り返しをしながら行けます。
でもこの温泉のほうが山の宿という雰囲気で好みです。
6月も半ばになると9月下旬までアブが出るので、露天風呂はおすすめではありません。
今が一番いいと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ストレスを溶解するために往く5月