注意!人工甘味料の恐怖遅ればせながら 祝・国宝指定

2015年06月02日

食育と心

食事の環境と心はとても大きな関係があるようです。

たとえば工事現場では、賄いのある食事環境の現場の方が、コンビニ弁当のみの場合より事故率が低下するそうです。

学校のアンケートでは、食事を一緒にとる習慣のない家庭では子供の変調を見逃しやすい傾向があり、孤食の子どもはイライラや不定愁訴が多いことがわかっています。

たしかに孤食では笑顔がありません。
宴会では皆さん笑顔です。
大人の孤食は居酒屋の常連客になって、孤食回避はどうでしょう。
bd3ffb27.jpg




[大宴会]









M市の少年院のアンケートによれば、主食がポテトチップスであったりジュース類の摂取量が多いなど、過血糖の状態が続いている子どもが多かったそうです。
この場合、急な血糖値の低下が「キレる」子どもを生み出す要因の一つであるとも言われています。

一方、包丁は「切れる」ほうがいいですが、このお店で買ったはずの我が家の包丁は、もう切れなくなって、研ぎにも出さずにそのままです。
全部クリックしてど~ぞ!
cc507dad.jpg

 [切れる刃物で]

urutorahurosu at 05:22│Comments(2)歯にまつわる話題 

この記事へのコメント

2. Posted by おばちゃん   2015年06月03日 00:44
<太>諭されているように読ませていただきました。
おばちゃんは、この頃よく切れるのですよ{わお}{汗}
「ふざけなさんなばい{プンスカ}{怒}」と。</太>
1. Posted by トットママ   2015年06月05日 00:03
食育がもっと若いお母さんたちの間に浸透するといいですね。
最近、すごく気になるのは、食事をしながら携帯見てる若い子たち。行儀が悪いと思ってましたが、先日テレビで、食事中の携帯は脳内の満腹中枢が指令をださなくなるので、太るといってました。
昔のように大家族そろってごはんを食べるのが、健康に一番いいんでしょうね。 それができなければ、子供たちには孤食はさせないでほしいです!!という私自身、最近、孤食が多いですよ!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
注意!人工甘味料の恐怖遅ればせながら 祝・国宝指定