山茱萸 (さんしゅゆ)の変身浅草寺境内の新成人

2015年01月11日

飽食の時代

新年会週間です。

土曜日から土曜日まで1週間で3回、同じホテルで新年会をします。

昨日は200人規模の大新年会。

酒を注ぎあって、会話が弾んで、終宴近くには座っている人が殆んどいないテーブルの上は、食べ残しや手を付けていない皿でいつもこの通り。

毎回この光景を見るたびに、どこか間違っているような気持ちになってしまうのです。

日本は先進国の中では一番食べ物がありません(自給率39%)。
大人が毎日500g食べるとして、日本では毎日300万食が捨てられているそうです。
物を大切にしないで、それで経済が動いているという、変な国であります。

題名は「飽食時代」
クリックしてど~ぞ!
8e78c142.jpg

 [飽食時代]

urutorahurosu at 05:16│Comments(1)今日このごろ 

この記事へのコメント

1. Posted by えびおう   2015年01月11日 09:03
宴会場では、私のところも同様です。
賀詞交歓会にして、食事はツマミだけにして、手土産に変えるか、
会費を安くしてくれた方が良いと思います。
会費が高いのが良い会、
じゃなくて、中身の充実ですよね!
食事が余っているということは、皆さんの目的は違うテーブルで誰かと交流する事で、それはできているんですから。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
山茱萸 (さんしゅゆ)の変身浅草寺境内の新成人