猛暑列島都心のハス

2014年07月28日

中尊寺ハス

ようやく今日、東北地方の梅雨明けで真夏が来ました。

夏の花といえばまずはハスの花ですが、ハスといえば古代ハスと言われるように、神秘の生命力を持った花です。

平泉 中尊寺にも、800年前のハスが中尊寺ハスとして咲いているというので、1週間ほど前の雨の日に行ってみた時の写真です。

雨なのでマクロレンズで雫を撮ろうとレンズ交換したら、栗駒山の冷気で冷やされたカメラバック内のマクロレンズが、一気に高温多湿の環境に晒されたので結露してしまって、霧がかかったようになってしまい使えませんでした。

しかも足元は雨でグショグショで、小規模ハス田なのできれいな花は少なく、でもなんとかズームレンズで普通にきれいに撮れたのですが・・・
4b206d49.jpg




[中尊寺ハス]









でもこれだけでは感動がないので、同じ花を一工夫。
背景を暗く落として花が闇夜に浮き上がった感じにしてみましたが、こんなのもありかな。
全部クリックしてど~ぞ!
4f2de9d7.jpg

 [闇夜に]




urutorahurosu at 13:51│Comments(0)めぐる季節 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
猛暑列島都心のハス