火事を目撃須川温泉のすばらしさ

2014年07月23日

地震の爪跡

一関から栗駒山に向かう途中に、地震で崩れ落ちた橋梁が保存されていました。

東日本大震災の3年前、この付近を震源地とした大きな地震があり、土砂崩れが多発して、この祭畤(まつるべ)大橋は崩れ落ちて、栗駒山への道は寸断されてしまいました。
他にも山の中の温泉旅館が土砂崩れで流されたり、大きな被害があったのです。

その橋梁をどうやら災害記憶として、保存しているらしいのです。
これがその祭畤(まつるべ)大橋。
すごいですな。
6617638c.jpg




[地震の爪跡]









新しくできた橋から撮影したのですが、そこで見つけた蜘蛛の巣。
すかさずマクロレンズに交換して、梅雨時の雨漏りする我が家を撮ることができました。
こちらのほうが、写真になりますな。
全部クリックしてど~ぞ!
0b26642a.jpg

 [雨漏り]

この記事へのコメント

1. Posted by あやこ   2014年07月23日 23:28
祭畤大橋のお写真を拝見して……阪神大震災の高速道路寸断の記憶が蘇ってきました。当時もこのお写真のように、道路が寸断されてました。
悲しい爪痕だけど、忘れてはいけないんですね……

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
火事を目撃須川温泉のすばらしさ