ようやく高野山寄付とお布施の違いって

2014年06月13日

表参道

高野山の町の中にコインロッカーはあるのだろうかとネットで検索したら、どうやら観光案内所の脇に一ヶ所あるらしい。
そこに荷物を預けてカメラバッグと傘を持って、バスで奥の院へ。
ここが表参道の入り口、ここから2キロ近く杉木立の中を歩きます。
同じ表参道でも、原宿の表参道とは全く違います(当たり前か)。




[表参道]















1000年以上の間、聖地と信じられてきたパワースポットはどうにも迫力があります。
参道沿いにはありとあらゆる歴史上の有名武将の墓や石塔が、敵味方の関係なくゴチャゴチャと並び、また全国の諸大名、日本中の有名企業の社長などの名前もそこらじゅうに見られます。
苔むした墓の入り口に鳥居があったりと、もう敵味方や宗教など関係なしでゴチャゴチャ。
「死んでしまえば皆同じ」ですな。

時おり傘を差したりしながら御廟をめざします。

 [昼なお暗し] 


















杉の大木の根元や、古木のほこらの中にも無数の石仏や石塔があります。
歩きながらふと思ったのは、昔から現在までこの高野山には一体どれだけの財力が集中したのだろうかということでした。
もちろんそれらはすべて非課税と考えてしまうのは、本当に信心がない証拠です。
全部クリックしてど~ぞ!
9e7f3ca8.jpg




[信心]





この記事へのコメント

1. Posted by ★乙姫★   2014年06月13日 21:55
「あしあと」どうもありがとうございます。
またお邪魔したいと思います。
宜しくお願いいたします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ようやく高野山寄付とお布施の違いって