さよなら「あけぼの」絵馬と梅の香

2014年03月17日

「なんだべ こいづぅ・・!」

日本人は「三大○○」というのが好きらしく、調べてみるといろいろな三大○○があるようです。

越生梅林も「関東三大梅林」と聞いたので、さぞ素晴らしいのかと思ってわざわざ行ってみたのですが、思わず出た言葉が山形弁で「なんだべ こいづぅ~・・!(訳:なんだ都心から1時間半もかけて山形から三脚も持ってせっかく来ておまけにバスの時間が待ちきれずにタクシーで1000円ちょっとかけてわざわざ来たのに畑に白い梅がただいっぱい咲いているだけではないか青梅の吉野梅郷に比べたら話にならない写真にならないもう来ない)」でした。

畑の中に木製の展望台なるものがあるのですが、入場料を払った時受付の高校生のネェちゃんが「大したことないですが・・」といっていた通り、三脚を立てても電線が入ったりして撮れる景色がありません。
お客さんも畑の真ん中にある出店の食べ物に集中しています。

シャッターを押したのが十数回。
それなりに撮ってはみましたが「美しいものをより美しく」撮れた場合は感動がありますが、「そうでないものをそれなりに何とか」では、感動がありません。
写真と実際は大違いですからあしからず。
8efd72ed.jpg




[それなり梅花]









福寿草が満開ということですが、梅の木の根元に等間隔で人工的に植えられた福寿草は何の感動もありません。
福寿草というのは、雪国の早春 日の当たる土手に、自然に雪の中から咲いてくるから感激するのです。
福寿草の周りは、白い雪でなければ可愛くありません。
それでも背伸びして上から梅の花と一緒に撮ってはみましたが・・
というわけで、さっさと撤収!
40eb0be0.jpg

 [梅と福寿草]












去年も行った青梅市の吉野梅郷は梅が密度濃く山の斜面に咲いているので素晴らしい景色ですが、今年は例の大雪で開花が遅れ、たぶん今度の週末あたりからが見ごろでしょう。
しかもその後、梅の木の病気のためにほとんどの木が伐採されてしまうようで、自分が生きている間はもうあの風景は見られないでしょう。
なので、一昨年の吉野梅郷の写真です。
全部クリックしてど~ぞ!
98b37b8f.jpg




[吉野梅郷]






urutorahurosu at 05:17│Comments(4)写真の話 

この記事へのコメント

4. Posted by けーこ   2014年03月17日 08:13
残念でしたねー
写真見ていると 素敵に感じます。
雪だらけの札幌ですから
暖かな春の日差しを感じる素敵な写真ですよー
3. Posted by 稚葉   2014年03月17日 10:08
でも素敵な写真だと思います♪
だけどやっぱり撮る側としては残念ですよね・・・・
2. Posted by ブルースカイ   2014年03月18日 08:02
そのお気持ちはよくわかります。 期待してでかけたのに実際が大違いだったら、無駄足どころではない、惨めな気分ですね。でも、さすがに写真はすばらしいと思います。
青梅の梅林が全滅状態で回復するまで、これからが大変だと思います。日本にある市の中で梅がつくのは青梅市だけですので、ウイルスに感染した木を伐採する悔しさでいっぱいだったと思います。
1. Posted by nemossan   2014年03月18日 22:22
<太><色:#0000ff>曽我の梅林 も似たようなものですょ。もう二度と行きたくない。</色></太>

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
さよなら「あけぼの」絵馬と梅の香