春は菜の花満開前の早朝散歩

2013年03月23日

差別される「あけぼの号」

上野駅13番線ホームを21時16分に発車する「寝台特急あけぼの号」は、今は残り少なくなったブルートレインですが、何年も前からその存続が検討されているようです。
その証拠に、ホームの看板には「あけぼの号」だけが、とってつけたように端っこに、いつレギュラーから外れてもいいように掲示してあり、北斗星やカシオペアとは明らかに差別されていることを感じます。
cc212b28.jpg




[差別表示]








でも鉄ちゃんたちには大人気の列車で、多くのファンがカメラを持って、毎夜ホームに集まります。
自分もそんな一人で、最近東京に行った時はほとんど毎回、あけぼの号を撮りに行きますが、今年になってからは週末大荒れの天候の日が多くて、あけぼの号運休がしょっちゅうでした。
発車前のホームでは、小さなドラマがそこかしこに見られ、見送る人見送られる人で結構な賑わいです。
写真はこれから乗車する家族でしょうか。
33c98fb2.jpg

 [家族]











別れを惜しむオッサンたちが抱き合う、キモい光景も見られます。
e160f8aa.jpg




[別れ人]








乗車した友達を笑わせようとおどけるオネェちゃんたち。
8c5ced42.jpg

 [送り人]












そして乗客の夢を乗せて、あけぼの号は静かに発車します。
今年は大人の休日乗り放題パスで、必ず初乗車を目指しています。
全部クリックしてど~ぞ!
59f6b363.jpg

 [夢を乗せて]



この記事へのコメント

1. Posted by ゚・*:.。*ルミ*..゚*・'   2013年03月23日 19:20
こんばんは。
こちらの地域も、
存続を検討している列車があって
今では、その列車での
カフェトレインやビール列車など
日程を決めてやっているようです。
私はほとんど列車に乗りませんが
列車の旅というのもいいですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
春は菜の花満開前の早朝散歩