雪の町アスリートを撮る

2013年01月30日

冬の美術館巡り(エル・グレコ展)

真夏の猛暑の頃と、真冬の厳冬の頃は、美術館巡りにかぎります。
というわけで、まずは上野公園内の東京都美術館で開催中の「エル・グレコ展」へ。
寒い中、並ばずに入場できましたよ。
20709204.jpg




[東京都美術館]








エル・グレコといえば、倉敷の大原美術館の「受胎告知」に感動したことがあるだけで、あまり詳しくありません。
スペインの宗教画の巨匠程度しか知識がなかったのですが、彼はクレタ島生まれのギリシャ人で、信長・秀吉・家康と同じ時代の人ということを初めて知りました。
「受胎告知」という題名の絵は、いくつもあるんですね。
聖書の知識はあまりないので、聖人の肖像画はよく理解できません。
でも「無原罪のお宿り」などの最高傑作は、思わず見とれてしまうほどの素晴らしさはよくわかります。
400年間、この絵はどれだけの人の心を救ってきたのでしょうか。
会場内はもちろん撮影できないので、ポスターだけね。
a491337b.jpg

 [無原罪のお宿り]











ついでに、冬の上野公園内の大道芸のスナップもクリックしてど~ぞ!
fa24f435.jpg

 [大道芸]




urutorahurosu at 05:04│Comments(2)めぐる季節 

この記事へのコメント

2. Posted by すなぐり   2013年01月31日 20:05
見てみたいと思いつつ、上野までと考えるとなかなか足が向きません。
日本もヨーロッパの美術館のように
写真撮影ができるといいなと思います。
大道芸のお写真。
皆さんの笑顔に思わずわたしも
にんまりしてしまいました(笑)
1. Posted by くうにゃん   2013年02月03日 17:31
こんにちは。早速お邪魔します。
イイですねー、エル・グレコ。
茨城に住んでいた頃は、日帰りで上野まで見に行けたんですけど、
結婚して兵庫の丹波市に住むようになってから
文化芸術とは無縁の生活になってしまいました。
神戸、大阪に出れば、幾らでも見られるんでしょうが、
時間と費用が以前よりかなりかかるので、
だんだん面倒になり、今では地元の物しか行きません。
まー、惚れて一緒になったのだから、仕方ないですね(笑)
宝くじ当たったら、関東にも家作るぞ!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
雪の町アスリートを撮る