ふるさと祭り東京過激な自販機コーナー

2013年01月16日

ねぶたとねぷた

青森市はねぶた(Nebuta)、弘前市周辺は(Neputa).。
ひらがなにすると「ぶ」と「ぷ」の濁音半濁音が、画面上では区別しづらいのでローマ字にしてみました。
青森ねぶたは戦勝の祭り。それに対してねぷたは出陣の祭りといわれるようですが、その発祥は遠く坂上田村麻呂の時代まで遡るようです。
そしてこの日は五所川原の立佞武多。
運行時間になると、ドーム内の照明が落とされ、立佞武多に灯りが入れられ、お囃子とともに運行が始まると、観客席からはどよめきがあがります。
五所川原駅近くの立佞武多の館には常時展示してありますが、やはり屋外での運行を見たいものです。
でも五所川原は遠いです。青森まで行って、さらに電車で1時間以上。
せっかく行ったならば五能線や津軽鉄道や十三湖、弘前も行きたいし、津軽の温泉も・・
写真で人間の背丈と比べてみてください。
まるでドームの天井に届きそう。
ぜひクリックしてど~ぞ!

 [立佞武多]




この記事へのコメント

6. Posted by オーディター   2013年01月16日 20:40
TVで歌川国芳やってましたね、ネブタのモデルは国芳の
水滸伝が今でも多いそうですね。
魅力的な題材ですね水滸伝。
5. Posted by 浜ちゃん   2013年01月16日 22:37
屋台から 吹き出るような いろいろが
とっても 幻想的です。
きっと近くで見たら
圧巻でしょうね~~♪
自分の中の物語に突入してしまいそうww
4. Posted by えりりん   2013年01月17日 00:12
昔むかしは青森のねぶたも
立ちねぶただったのです。
しかし、国道を運行する上で
電線の高さが問題となり
今のねぶたの形になりました。
弘前、五所川原、青森、、、
それぞれ自分のところのお祭りが
一番だと思っています。
私は青森市内で生まれ育ちましたので
弘前と五所川原の方はニュースでしか知らないのですが。
3. Posted by 都市ちゃん   2013年01月17日 00:52
ギネスものですね!
画像を保存して拡大して見ました
立佞武多について話しには聞いたことありましたがこれほどデカイとは思いませんでした
実物を見たら腰を抜かしそうですね!!
2. Posted by 福   2013年01月17日 08:27
大きいですね~
大阪ではとても見れません。
旅行に行けないので、風物詩時々見せて頂いています。
1. Posted by pogoshiputa   2013年01月18日 00:14
<左><色:#3366ff>こんばんは。。・・(^-^)<左></左></色>
すご~い・・・見たかったなあ・・・<左>ねぶた・・と・・ねぷた・・初めて知りました<左>実際・・目の前にすると迫力ありそうですね~<左>上に重心がありそうだけど・・安定性は大丈夫なんですかね・・・<左>私も寝豚になりそうです・・・^^</左></左></左></左></左>

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ふるさと祭り東京過激な自販機コーナー