今日からしばらく丘の風景(メルヘン写真)

2012年07月17日

丘の光景(霧の朝)

いつも海の日絡みの連休は北海道では晴れるのですが、今年は天気が悪くて、最終日の午前中だけ、美瑛らしい青空の風景が撮れました。
飛行機の遅れなどで、前夜真夜中に旭川に着いたので、初日の朝は友人のレンタカーに便乗して、友人を撮影スポットに案内です。
美瑛は7年ぶりですが、それまではかなりハマッていたので、美瑛だけは個人タクシーができるくらい詳しいと友人には豪語しています。
美瑛にはいくつもの丘があり、そのうねりが重なると、まるでパッチワークのような風景を作るので有名ですが、作付けする作物が毎年違うので、同じ場所に何回行っても、パッチワークの模様が違うので飽きません。
また道もうねっていて方向感覚がおかしくなり、地図を見ても最初はなかなか目的地にたどり着けませんが、その途中の風景も素晴らしいので、目的地にたどり着けなくともそれなりの写真が撮れてしまうという不思議な場所なのです。
8742a46f.jpg




[パッチワーク]









秋蒔き小麦の茶色、春蒔き小麦の緑、とうもろこしやビートの深い緑、アスパラの薄い緑、ジャガイモの白や薄いピンクの花、麦を刈り取った後の濃い茶色の土の色や青空の色・・・それに雲の切れ目からの日差しの濃淡が深みを与え、場所によってはいろいろな花の色が、美瑛らしい景色を作ります。
ただ今年の美瑛は秋蒔き小麦の茶色の色付きが遅く、まだ収穫までは至ってなくて、パッチワークの印象がイマイチに感じました。

さて早朝4時、旭川から30分で霧の丘に到着。
ダート道の農道脇に三脚を立てて霧が晴れるのを待つと、刻一刻と景色が変化して、霧がいらないものを隠してくれて幻想的な風景が広がります。
9234b7cd.jpg

 [霧の丘]











そこから反対側の丘まで20分で移動してさらにポイントを探します。
赤い屋根の家をポイントに、後の畑に日差しが入った瞬間をねらって撮ったのですが、赤い屋根の家の白い車がちょっとじゃまでした。
cb5a9e03.jpg




[三愛の丘より]








美瑛の記事はこれからあと5回くらい書きますので、おなじみの風景も出てきますからね~。
とりあえず全部クリックしてど~ぞ。



urutorahurosu at 05:21│Comments(4)写真の話 

この記事へのコメント

4. Posted by ひとやん   2012年07月17日 06:09
素晴らしい写真をありがとうございます
3. Posted by ゚・*:.。*ルミ*..゚*・'   2012年07月17日 14:57
こんにちは。
1枚目は、ほんとにパッチワークですね。すごい。
2枚目の写真は、日本の水彩画的な風景ですね。
三枚目も素晴らしい。
自然の王国ですね。
素敵です*☆*☆*
2. Posted by tolepaint   2012年07月17日 19:55
{キラブルー} kusakabe-dc 様 {キラブルー}
   写真楽しみに待っていました。{ルンルン}
   素晴らしい景色の写真を
   ありがとうございます。{ラブラブ}
   何度見てもステキです。{キラリ}   
1. Posted by 浜ちゃん   2012年07月17日 22:09
お帰りなさいです♪
お待ちしておりました!
こんな風景を肉眼で見ながら
深呼吸したら どんなストレスも吹っ飛ぶと思うのでした。
次回のUPも楽しみにしております(´∀`)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日からしばらく丘の風景(メルヘン写真)