木曽森林鉄道(1)郡上おどりin青山

2012年06月29日

木曽森林鉄道(2)

最盛期には総延長400キロにも及んだ木曽の森林鉄道で、最後まで残ったのが上松営林署の王滝森林鉄道の48.1キロの長距離路線でしたが、実はこの路線の廃線前に、一度だけ乗車した思い出があるのです。
王滝森林鉄道には、かつていくつかの支線があって、その先の山中に濁川温泉という秘湯の一軒宿があり、そこに行ってみたくて上松営林署から乗車許可証をもらって乗車しました。
許可証には「災害発生の際も、営林署は損害賠償はしません」という文言が書いてあり、その許可証は今でも宝物として、たぶん我が家の金庫に入っていると思います。
前回の記事に載せた待合室写真(当時の木造客車)に乗って、終点から4つ手前の下黒沢で一人下車。
そこからは、かつての支線の朽ち果てた廃線跡を不安な気持ちで歩くこと数十分(どのくらい歩いたか忘れた)。ようやく濁川温泉にたどり着き泊めてもらいました。
そこはもちろん電気も上水道もないランプの宿。でも歴史ある檜の建物だったことを覚えています。建物のスライド写真はまだ家のどこかにあるはずです。
湯小屋の温泉の源泉は無色透明ですが、空気に触れるとドロドロの茶色に酸化して、タオルが茶色に染まってしまうほど。
その時はおじいさん一人が宿をやっていて、夜は囲炉裏端で客数人で食事をしたのですが、今ではおぼろげに覚えているだけで、半分夢のような気持ちです。
濁川温泉はその後、長野県西部地震の大きな山崩れで旅館の若夫婦子供ごと埋まってしまって、今ではその痕跡さえわからなくなってしまいました。
今ではもう再訪することのできない思い出をたどって、赤沢自然休養林に来てみましたが、赤沢の森林鉄道の終点からさらに伸びている線路に放置(?)された朽ちてしまいそうな機関車と傾いた客車を見つけて、それを当時の亡霊のような雰囲気にモノクロ作品にしてみました。
クリックしてど~ぞ。

 [廃線]




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
木曽森林鉄道(1)郡上おどりin青山