久しぶり~ドラゴンボートレース

2012年06月03日

ボストン美術館特別展

明治期に市場に流出した「まぼろしの国宝」を収集して保存した、ボストン美術館の特別展の会期もあと一週間となり、東京国立博物館も開館30分前にはすでに長蛇の列。
並ぶのが苦手な田舎人でも、ここは我慢して並んで入場してきました。
d70ffb2d.jpg




[ボストン美術館展]








外の列もすごいが、館内も最初の展示室はすごい人でなかなか作品に近寄れません。
空いているという次の展示室から先に見て、余った時間で第一展示室。
いやぁ~、素晴らしいですね。
心引かれたのが、鎌倉時代の快慶作の弥勒菩薩立像。保存状態も良く、「麗しのみほとけ」です。
今回の特別展のウリは、大迫力の曽我蕭白の雲龍図。他の作品とともに、その大胆構図にはびっくりです。
こういう作品は、写真を撮るときの構図の勉強になりますなぁ。
当然ながら館内は撮影禁止なので、雲龍図の大看板の写真と、帰る時の外の大行列。
雲龍図を見る人たちなので、長蛇の列ならぬ長龍の列かな。

fc2068d6.jpg

 [長蛇の列]











まあ、2枚目だけクリックして、人の多さを見てください。
右側の列はその中で3回くらいヘアピンカーブに並んでいます。
これで待ち時間40分。


urutorahurosu at 20:35│Comments(3)今日このごろ 

この記事へのコメント

3. Posted by tyurant   2012年06月04日 08:36
おはようございます!
ここの美術館の列は私も並んだ事があるので良くわかります、並ぶ時は本当にくねくねと(笑)
素晴しい作品だったのですね~
2. Posted by トロール   2012年06月04日 22:54
初コメントです
東京の美術展って本当に混みますよね!
平日でもたくさん人がいて
ゆっくり見れないのが難点です
私は「ゴッホ展」の時に長い時間並びました
1. Posted by はるたろう   2012年06月07日 21:42
私は前半、GW前に行ったので本当に良かったです。こんな行列だったら諦めていました。今夫と二人で写真観てビックリ!してました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
久しぶり~ドラゴンボートレース