花見がダメなら雪見に行こうポリリン酸ホワイトニング

2011年02月23日

顔のゆがみ

月曜日の朝、8時15分からのNHK「あさいち」で、「咬み合わせで顔の歪みを解消する」という放送をしていました。
ファンの有働アナがメインなので、時々見ていますが、たまたま咬み合わせの話を30分ほど全国放送。
その夜、日下部歯科医院のHPで推薦文を書いてくださった、京都工芸大学教授(前山形大理学部教授)の原田先生から久しぶりのメールをいただきました。
番組では咬み合わせを調整することで、スポーツ選手が力まずに力を発揮できること。長年悩んでいた偏頭痛(咬合関連性頭痛というようです)が良くなったこと、などが紹介されていました。
咬み合わせを良くすると、脳の前頭野の血流量が増えることもCT画像で見ることができました。
これは咬み合わせを整えると、頭蓋骨の傾きが変わって、第一頸椎(一番上の背骨)から脳に行く椎骨動脈の蛇行の狭窄などが解消されるからで、咬み合わせは体のバランスに大きく関係しているのです。
人間の体には200個以上の骨がありますが、その中で1本の骨が体の左右にまたがっていて、しかもその両側に関節を持っているのはたった3個しかありません。
これらの骨はどれも、体のバランスに大きく関係しているのですが、その中の1つが下顎骨で、咬み合わせによってその位置が変わります。
番組では「見た目の歯並びと咬み合わせは別もの!」と言っていましたが、まさにその通りなのです。
9189e65e.jpg




[歪み]





urutorahurosu at 20:42│Comments(1)歯にまつわる話題 

この記事へのコメント

1. Posted by 天宮美空   2011年02月24日 15:09
とても分かりやすく、勉強になりました。ありがとうございました!
噛み合わせは前頭野や血流に関係するから大きく健康を左右するのですね!!!
そこの接点がとてもクリアになりました。
血流が良くなれば、歯と歯茎も強くなるでしょうか?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
花見がダメなら雪見に行こうポリリン酸ホワイトニング