秘境駅(峠駅)雨漏り

2010年06月27日

梅雨時の世田谷線

梅雨時の東京の不快感というのは、また格別なもので、体感の不快指数は軽く100%を超えています。
朝の比較的涼しい時間帯でも、少し歩いただけで体の表面に汗がまとわりついてきて、こんな日にどこに行こうかふと思いついたのが、東急世田谷線乗ったり降りたり。
旧玉電の支線として大正時代に開業以来の5.0キロ。現在は2両編成の実にかわいらしい電車が5,6分おきに走っているのです。
下高井戸駅で購入の「世田谷線散策きっぷ」は一日乗り降り自由でたったの320円。ちょっと歩いて汗をかいたら、冷房完備のかわいい電車がすぐにやってきて、こんな日にはピッタリです。
宮の坂駅には、昔走った玉電車輌が保存してあり、近くの豪徳寺には「まねき猫」。
若林駅近くでは環七を横断するのに信号待ち。それを近くの歩道橋の上から望遠撮影です。
終点三軒茶屋のキャロットタワー26F展望室からは世田谷線が俯瞰できて、まるで鉄道ジオラマみたいで楽しくなります。
写真は「若林踏切」という名の、電車と環七の踏切のない交差点を行く世田谷線を、フィルター操作で水彩画風に。




[若林踏切]





この記事へのコメント

2. Posted by ましろ   2010年06月27日 23:21
この写真素敵ですね!
本当に水彩画みたい(*ymy*)きれいです!!
1. Posted by るみお   2010年07月12日 21:25
こんばんは {流れ星} kusakabe-dcさん {キラリ}
Yapme!ありがとうございました {ひまわり}
昔・・・はぐれ刑事で出ていた町の
世田谷線沿線に住んでおりまして
懐かしいですぅ~ {ため息}
デジタルフィルター面白いですねっ {ルンルン}
とっても素敵ですっ {キラリ}
あと池上線も好きかもですぅ {電車}{電車}
これからもよろしくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
秘境駅(峠駅)雨漏り