可処分時間のび鉄ギャラリー

2010年06月07日

ルピナスの公園

北海道の富良野・美瑛で7月初旬頃に見ごろになるルピナスは、青空がよく似合います。
その圧倒的な存在感を一度写真にしてみたいと思っていましたが、今年は5月の天候不順でチャンスに恵まれず、ようやく群馬県伊勢崎市の境花公園に行ってみました。
とはいえ、北海道と違って周りは住宅地。広角の魚眼レンズでは、必ず住宅の屋根が写ります。
この公園は今年でなくなってしまうということをネットで知りましたが、そのためか何の整備もされておらず、ポピーはもう盛りを過ぎ、ルピナスだけが勢いよく咲き誇っています。
その自然の配色の妙味は、デザイナーがもしアイデアに行き詰ったら、ぜひ参考にしてほしいほど新鮮で素敵です。
1時間半ほどの撮影で疲れて、十王タクシーに電話します。最寄りの東武伊勢崎線境町駅から公園までタクシーで890円。帰りは同じタクシー同じコースなのに、迎車代込みで1520円。迎車代の明細は説明されても理解できず。群馬県のタクシーの迎車代は不明瞭会計です。
山形には迎車代なんてありませんよ。




[存在感]




この記事へのコメント

1. Posted by おかやん   2010年06月07日 21:13
あら、うちの近くにいらしてたんですね♪その公園は知りませんでしたが、境なら県は違いますが多分近所です。近くのことって意外と知らないものですね{汗}
タクシーは普段利用しないし他県なので相場はわかりませんが、私の住んでるところでは迎車代って+100円程度だったと思います。その会社なりに基準があるのかも知れませんが、倍近くになっちゃうのは納得いかないですね><

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
可処分時間のび鉄ギャラリー