ヨサコイ祭りと同級会色づく街

2009年10月19日

コキア色づく

紅葉の便りが届けられるような時期になりましたが、今まで見たことのない風景をネットで見つけました。
3万株のコキア(ほうき草)が赤く色づいていて見ごろというのです。
場所は ひたちなか市 の国営ひたち海浜公園。鉄道ファンは水戸の近くの勝田から、ひたちなか海浜鉄道湊線に乗って行きます。
この鉄道は昭和の国鉄色のディーゼルカーがまだ現役で走っていて、一度行こうと思っていた路線。鉄ちゃん達には人気の路線で、沿線には撮り鉄たちがたくさん三脚を立てています。
終点の阿字ヶ浦からは、公園まで無料のシャトルバスに乗って、この日は運良く入園料も無料の日。
3万株のワイン色のコキアの丘には、コスモスと人波と・・どのように撮ればいいのか悩みます。
ほうき草の実は、畑のキャビア「とんぶり」として知られていますが、このような風景はめったに見られるものではありません。
汗ばむほど暑くなってしまった快晴のこの日、板張りの床、冷房のない昭和のディーゼルカーの窓を全開で、昔の匂いも心地よい一日でした。




[ワインカラー]



この記事へのコメント

1. Posted by ひたちなか海浜鉄道   2009年10月20日 09:19
 ご利用ありがとうございます。
 沿線にこんなすごいところがあるので、鉄道のご利用をお勧めしています。
 春にはネモフィラが丘を覆います。ぜひ、またお越しを。
(吉田)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ヨサコイ祭りと同級会色づく街