タイムトリップ温泉力

2008年05月30日

SLの夢

NHKBS2にチャンネルを合わせると、ラッキーなことにSLの特集を放映しています。
「昭和のSL映像館」、23時を過ぎるまで3時間半、昭和時代のなつかしい映像に見入ってしまいました。
過去NHKで放送されたSLの映像が次々に出てきます。九州で活躍していたSLの映像から始まって、最後は北海道まで、超有名なSLからマニアックな小型SLまで、SL現役世代の私にとっても初めて見る画像に心ときめきました。
本当にSLの姿は美しく、クラッシックカメラの機械式シャッターの金属ボディと共通する洗練された「美」があります。あの頃も現在のように写真を本格的にやっていたら、どんなに楽しかったことでしょう。
先頭のSLを最後尾から押して峠を登る補機とのコラボ映像や、初めて北海道に渡った時に函館駅で遭遇したD52の圧倒的な迫力など、次々と記憶がよみがえります。
ハイライトは東北本線奥中山~御堂間のD51の三重連。なんと延々60両の貨車を黒煙を上げながら黙々と引っ張るその姿に、人生の生き方の教訓を見る思いがします。残念ながら大學入学する前の年で三重連は最後でしたが、奥中山には青春時代の思い出がいっぱい詰まっています。
もう一つのハイライトは、かつて東海道本線で「特急つばめ」を牽引したC62の2号機と3号機が、最後の勤務地函館本線で「急行ニセコ」を重連で牽引して5つの峠越えをした雄姿と迫力に参ってしまいました。
C62の2号機にはあの「栄光のつばめマーク」が付いていて、学生時代の北海道一人旅で偶然に、2回乗車した経験があります。
今は京都の梅小路機関区に動態保存されているのですが、無性に会いに行きたくなりました。ああ今夜はSLの夢でも見てしまいそうです。




[今は夢]



urutorahurosu at 23:45│Comments(0)写真の話 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
タイムトリップ温泉力