水芭蕉の頃あこがれの飯田線

2008年04月23日

季節限定

北国山形には、四季折々のいろいろな食材がありますが、今の時期はなんといっても多種多様な山菜がお気に入りです。特に好きなのがアイコと山ウド。アイコは毎日どんぶり一杯のおひたしにして食べても飽きません。
山菜専門の料亭に行けば結構な料金がかかりますが、地元のおばちゃんから買って家で食べれば、リーズナブルで好きなだけ堪能できます。もちろん天然物限定です。
昨日の夕食は山菜三昧。アイコ・山ウド・コシアブラ・ウルイ・こごみ・フキノトウ等々・・動物性タンパク質は、身欠きニシンの天ぷら2切れのみ。次の日の朝食も同様です。それでも飽きないのは、山菜のパワーでしょうか。
もし山菜が年中出回っていたらきっと、普通の野菜のようにありがたみが薄く感じることでしょう。やはり季節限定だから、よりおいしく感じるのでしょうね。




[山菜三昧]


urutorahurosu at 19:52│Comments(0)めぐる季節 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
水芭蕉の頃あこがれの飯田線