さよなら『くり電』歯列弓とトンネルの関係

2007年03月31日

鉛温泉湯治部

最近の秘湯ブームで週末は山奥の温泉ほど賑わい、一人で泊まれる温泉などめったになくなったのですが、たまたま花巻の奥の鉛温泉の本館に宿泊できました。
20年近く前に一度泊まりましたが、名物の深さ130センチの白猿の湯は昔のままで、早朝5時前から30分ほど貸切状態で、足元から湧き出る源泉かけ流しにゆっくり癒されてきました。
旅館部は一部新しくなり快適な露天風呂もできましたが、湯治部は昔のままで2軒の売店では生活用品を売っていて、おばあちゃんと花巻の昔話に花が咲きました。
昔、花巻駅から鉛温泉まであった路面電車、バス停一つ手前の高倉山温泉にあった花巻YH、3軒あった売店も2軒になり、みんなみんな昔話になりました。
「むかーし、昔あったんだど。今、ないんだど。」
人気の大沢温泉も、客が増えすぎて温泉が循環式になったとか。源泉100%かけ流しのここは、貴重な温泉です。泊まるならば絶対に本館の古いほうがお勧めです。


[キャリア50年]



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
さよなら『くり電』歯列弓とトンネルの関係