ディープな鶴見線鉛温泉湯治部

2007年03月21日

さよなら『くり電』

宮城県石越駅から細倉マインパーク前まで90年間走っていた「くりはら田園鉄道」が今月末で廃線になります。
「栗原電鉄」の電車時代には何回か乗車してますが、現在の「くり電」になってからは未乗車だったので、途中の沢辺駅まで乗ってきました。
廃線間近の週末とあって全国からファンが押しかけ、先頭車両の最前列にはビデオをセットしたTekkenたちが・・
沢辺駅は大正時代の建物で有人駅。切符もすべて懐かしい硬券なので、記念に入場券を買いました。今では他では見られない腕木式の信号機やタブレット交換もまだ現役です。
東京から来たTekkenオヤジの情報では、鹿島鉄道(2006.10.31のブログ参照)も今月末で廃線とのこと。
いつまでも少年の気持ちを持った鉄道ファンの夢が、また一つ思い出に変わります。


[楽しいな]







コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ディープな鶴見線鉛温泉湯治部