2020年11月

2020年11月14日

天使の梯子

新型コロナの第三波が凄いことになっていますね。
これでは年末年始の計画が全部パーになってしまいそうです。
いや真剣に悩んでいますよ、12月初めには決めないと。

数日前に近くの小学校にも陽性者が出て騒然としましたが、どうやらそこからの広がりはなさそうで一安心です。
6年生の函館修学旅行は再延期だそうで、結局なくなってしまうのでしょうな。

さて清里高原最終日の朝ですが、この日だけは曇り、昼頃から雨の予報でした。
目を覚ますと日の出、雲がかかっているのでその切れ目から差す光芒がきれいでした。

別名「天使の梯子」と言われますが、まさに天使が空から降りてきそうです。
今回は残念だった金色に輝く落葉松ですが、このような条件で切れ目から光が差すとキラキラ輝くのです。

遠目ですが、写真の右端にちょっと見えますね。
これは期待できるかもと、一番で朝食を終えて車で出てみましたが、残念ながら八ヶ岳側は全面厚い雲に覆われて山頂も見えませんでした。

そんな天使の梯子をクリックしてど~ぞ!
PB020260 (2)
 [天使の梯子]


2020年11月12日

高原に響くコーラスの声

山に初雪降る~ころに♪の季節になって、今朝のお外は氷点下のようです。
今の時期は日が落ちるのが早くて、夕方5時頃にはほぼ真っ暗になってしまいます。
写真撮影も特別な目的がなければ午後3時過ぎで終了、清里でもその頃を目安に清泉寮に戻ります。

大浴場が15時からというので、一番風呂に貸切状態で入浴、首まで浸かって寛いでいると、どこからか合唱の声が聞こえてきます。
露天風呂で聞くと実にいい雰囲気でありまして、でも見てみたいので部屋に戻ってコートを着て外に出てみました。
PB010246 (2)
 [歌声]

たぶんキリスト教関係の団体のサークルなのでしょうか、50~60人のグループが歌っています。

湯冷めしない程度に周りからパチリパチリ。
歌声の先には遠く富士山が望めます。
PB010247 (2)
 [富士を望む]

背後の三角屋根は新館のレストラン。
清泉寮の食事は地元の高原野菜中心の、和食党の自分には2回続けてはちょいと辛いメニューでした。
全部クリックしてど~ぞ!
PB010239 (2)
 [高原合唱団]


2020年11月11日

湧水を撮ってみる

JR小海線の甲斐小泉駅近くに、八ヶ岳の銘水が湧く三分一湧水があるので、そこで一休み。
ちょうど昼時、大きな駐車場と近くの蕎麦屋さんの行列です。

もちろん行列には並ばないで、水が湧き出ている所を三脚でスローシャッターで撮ってみましたが、なかなかうまく撮れませんな。
スローシャッターを使うと、水にとろみが出て葛湯みたいになります。
PB010183 (2)
 [湧水]

この水が流れる水たまり、これまた小さな水草が小さな流れの中でクルクル回っていたので、スローシャッターで撮ってみると、蜘蛛の糸のようになりました。
赤や黄の木の葉だとカラフルな線になってコンテスト用写真になるのですが・・
全部クリックしてど~ぞ!
PB010195 (2)
 [軌跡]

蕎麦が食べたかったので、でも行列待ちは嫌なので清里に戻って、数人待ちの蕎麦屋さんで昼食。
でも清泉寮でもらった地域限定クーポンが使えなかった。


urutorahurosu at 06:16|PermalinkComments(0)写真の話 

2020年11月10日

信玄棒道

小淵沢近くの八ヶ岳の裾に信玄棒道と呼ばれる古道があります。
昔、武田信玄が軍勢を京に移動するために整備したとされる何本もの古道なのですが、今はそのうちの一本が残っていて、トレッキングコールや近くの乗馬クラブの散歩道になっています。

そこを少し歩いてみたくて探したのですが、棒道に近い駐車スペースが八ヶ岳高原ラインに見つかりません。
そこで地図を拡大して細い側道を探して恐る恐る車を進めて侵入しました。
長く歩けばそれなりの雰囲気もあるのでしょうが「そうか、ここを武田軍が進軍して行ったのか」くらいの気持ちだけですな。
PB010163 (2)
 [信玄棒道]

それよりもその側道で見つけた紅葉です。
すばらしい木々があるわけではないのですが、光を透かした雰囲気が素敵だったので、車を停めて小型三脚を立ててパチリパチリの中の一枚です。
全部クリックしてど~ぞ!
PB010161 (2)
 [透過光]


2020年11月09日

秋深し 雨後のいつもの公園で

秋深し、今週中にはもしかしたら初雪が見られるかもしれません。
週末の天気はくもりで時々雨、気まぐれに日が差すという天気でしたが街なかでもモミジが見ごろです。

いつもの運動公園は銀杏の落葉が舗道を黄色に染めて、モミジも色づき、モデル撮影風な光景も見られました。
雨が降った後は色のノリがいいので、これはこれでいい写真が撮れるものです。
7Z7A4954 (2)
 [秋深し]

真っ赤な紅葉が印象的だったので、舗道の銀杏の黄葉に降り注ぐようなイメージで撮ってみました。
全部クリックしてど~ぞ!
7Z7A4964 (2)
 [モミジ降る]





urutorahurosu at 06:45|PermalinkComments(0)写真の話 

2020年11月08日

清泉寮のジャージー牛

清泉寮ではジャージャー牛を飼育して、その牛乳で作るソフトクリームやヨーグルトなどの乳製品やクッキーなどが人気ですが、ジャージー牛というのはホルスタインなどと比べて小柄ですがその牛乳は濃くて味わい深いらしいです。
そしてこれが清泉寮のジャージー牛、秋色の景色に溶け込んでいますね。
PB020284 (2)
 [ジャージー牛]

今回は朝食の時に出たヨーグルトを少し食べましたが、ソフトクリームはパスしました。
さてこのジャージー牛乳から作った銘菓が京都にあるのです。(この牧場の牛ではないでしょうが)

百万遍にある日本で唯一の金平糖専門店 緑寿庵清水のミルクの金平糖。
ここの金平糖は出来上がるまで2~3週間かけて作られる、皇室の慶事などの引き出物にも使われるほどの高級品です。
いろいろな金平糖の中でも、自分はこのミルクの金平糖が一番なのですが、パッケージはこちら。
PB080347
 [ジャージャー牛乳使用]

金平糖なんてただの駄菓子と思って育った庶民にとっては、まあ値段もこの量でこれだけ!とびっくりしてしまうのですが、買えない金額ではないのです。
ただこの量でこの値段というのにびっくりしてしまうのです。
その量がこのくらい、全部クリックしてど~ぞ!
PB080348
 [高級品]



2020年11月07日

天女山の落葉松林

八ヶ岳倶楽部から八ヶ岳高原ラインを突っ切って林道を登っていくと天女山。
太陽がだいぶ傾いてきたので少し期待して行ってみたのですが、山頂近くの駐車場から見下ろす落葉松の森は、まあ大したことはなかったですな。
PA310051 (2)
 [落葉松の森]

ここも太陽の光が直撃すればいい感じに見えるのかもしれませんが、どういう時間帯がそのようになるのか分かりません。
赤く紅葉した木があったので、それをアクセントにもう一枚。
全部クリックしてど~ぞ!
PA310047 (2)
 [黄葉紅葉]

urutorahurosu at 06:18|PermalinkComments(0)写真の話 

2020年11月06日

高原列車を撮り鉄したよ

あまりにも天気が良すぎて金色に輝く落葉松が撮れないので、JR小海線の撮り鉄をすることにしました。

ネットで近くの撮影ポイントを探して行ってみたのですが、ちょっと道に迷って列車にはギリギリ間に合わずに撮れません。
ローカル線は一本逃すと平気で2時間も待つことがザラなのです。

待つ時間がもったいないので初日の撮影はあきらめます。
もう11月、午後は日が落ちるのが早いので、4時前には撮れなくなります。

まあ予習が足りなかったということで、次の日の朝食後に急いで現地に向かいます。
この時間ならば少し待てば上下2本の列車が撮れそうです。
撮影ポイントの路肩に車を停めて待つこと暫し、農家のトラックがやってきて、畑にわずかに残ったキャベツを片付け始めました。

そこにやってきた小諸行きの列車。
これはラッキーと農作業の婦人たちと列車を絡めてパチリパチリ。
なかなかいい写真が撮れましたぜ。
PB010092 (4)
 [農村婦人]

その後小淵沢行きの列車を撮ったのですが、本来はこの方向で撮る撮影ポイントだったのです。
手前のキャベツ畑の面積が小さくなっている季節なので、せっかくの青空を大きく入れる構図で撮りました。
全部クリックしてど~ぞ!
PB010131 (2)
 [高原列車]

その後この列車を小淵沢駅手前まで追っかけて、有名な撮影ポイントで撮ろうとしましたが、遠回りのカーブの続く山岳道路なので追いつけませんでした。



urutorahurosu at 06:24|PermalinkComments(2)乗り鉄 撮り鉄 

2020年11月05日

清泉寮の暖房はスチーム暖房だった

前回清里に行ったのは3年前でしたが、駅前のバブル後の廃墟群は相変わらず、前回泊ったペンションももう営業していないようです。
昔利用した駅レンタカーもすでに営業していないので、今回は清里唯一のレンタカーニコニコレンタカーを利用します。

八ヶ岳山麓にはいろいろなホテルもあるのですが、一度は泊ってみたかったのが清里開拓のシンボルである清泉寮、GoToキャンペーンのおかげで初めて泊ることができました。
PA310065 (2)
 [清泉寮]

清里は山梨と長野県の県境なのですが、清泉寮の牧場からは富士山がくっきり見えます。
PA310066 (2)
 [富士山]

富士山は部屋からも見えます。
ただ窓の前には白樺が植えられているので、落葉した今の時期は見えますが葉のある時期はよく見えないでしょう。
PB010082 (2)
 [富士山ビュー]

清泉寮は新館もあって、フロントもレストランや大浴場も新館にあり、外の通路でつながっている古い本館よりも当然快適(料金は不快的)なのですが、やはり歴史のある本館に泊まってみたかったので、まあいいでしょう。

本館の暖房は未だにスチーム暖房で、これは温度調整が難しく、結局窓を少し開けて寝ていました。
因みに高原なので冷房の設備はありません。
スチーム暖房なんてもう相当久し振りの経験です。
昔、東京ステーションホテルが現在の姿に復原される前に泊まった時にスチーム暖房でしたがそれ以来。
浴室にも小さなスチーム暖房がついています。
全部クリックしてど~ぞ!
PA310081
 [スチーム暖房]



2020年11月04日

高原列車で清里へ

山形から清里へ行くには2つのルートがあって、新宿から中央線の「特急あずさ」で小淵沢乗り換えで行くルートと、「北陸新幹線あさま」で佐久平乗り換え小海線で行くルートがあります。

本来ならばこの2つのルートを使って大宮発大回りの環状線といきたいところですが、コロナ禍の中を埼京線に乗る勇気がなくて、都内へは足を踏み入れずに往復ともに佐久平乗り換えルートにしました。

今、山形新幹線は乗客が少なくて一輛に数人程度しか乗っていませんが、北陸新幹線は満席、多くは軽井沢までの乗客ですがGoToキャンペーンの東京解禁恐るべしであります。
当然それは予想していたので、N95マスクを装着してそれに備えて乗車しました。

JR小海線はJRの中では一番の高所を走る高原列車で、今の時期はおそらく日本一の景色を楽しめる路線です。
昔むかしの歌に「高原列車は行く」という歌があって、作曲は朝ドラのモデル古関裕而であります。が、当時の国鉄小海線をモデルにしたのかもしれません。

ボックス席もあるので大宮駅で購入した「深川めし」を広げて、かなり久しぶりに車中駅弁で旅情を満喫。

途中の停車駅のそばでちょうど刈った稲を干していた親子、子供とアイコンタクトをとってカメラを構えていたら、母さんたちもこっちを向いてくれました。
PA310013 (2)
 [稲刈りシーズン]

信濃川上を過ぎてJR最高所駅の野辺山に近づくと、快晴なので八ヶ岳の山肌が迫ってきます。
あたりは高原野菜の一大生産地。
全部クリックしてど~ぞ!
PA310024 (2)
 [八ヶ岳]