2020年07月

2020年07月09日

京都 叡山電車で青もみじ

梅雨なので、雨はしょうがないというか降って当たり前なのですが、それにしても降りすぎですな。被災された九州のかたにはお見舞い申し上げます。
特に人吉は、「旅愁」や「故郷の廃家」などの作詞で知られる犬童球渓の出身地ということで、はるか昔の大学時代に人吉駅で降りて、球磨川の流れを見た記憶が朧げにあります。

さて三室戸寺では残念ながら雨の紫陽花というわけにはいかなかったのですが、一旦ホテルに傘を置いて叡山電車で八瀬比叡山口へ向かいます。
電車に乗ったらいきなり豪雨。
そうです、傘はホテルに置いてきたのでした。

駅に着いても土砂降りのために外に出られず、20分ほど駅舎の中で佇んでいたら、ようやく上がりかけてきたので外に出ます。
川を渡る橋も濡れているので、先行く人のうしろ姿をパチリ、上下逆転して、こんな写真になりました。

P6260185 (2)
 [雨上がり]

少し歩くと青もみじや秋の紅葉で大人気の瑠璃光院です。
スムーズに中に入れましたが、こんな時期の平日にしては結構な密でしたな。
きっと週末は長い行列でしょう、道路の向かい側にはそのためのスペースもありました。

だからというのか、春秋の見ごろの時期は特別拝観料は、思いっきり上から目線の2000円。
あの紅葉の永観堂さんよりも、桜の園の原谷苑さんよりも強気です。

まあSNSで拡散した人気のようですが、数寄屋造りの書院から眺める青もみじが美しく、特に二階の部屋の大きな机に映り込む様子が絶景なのだそうです。

床に映り込む紅葉と言えば岩倉実相院が有名ですが、あそこは撮影禁止。
ここは撮影自由ですが、結構な混雑。
なにせこの部屋が一番のハイライトで、皆さん履物を入れたビニール袋と荷物を持って座っていて、次に進まないので渋滞状態。

さっそくN95マスクの出番ですが、なにせ蒸し暑い、時々緩めて隙間から空気を入れます。
でもさっきの雨のおかげで、緑の色が映えていました。
これがカラカラ天気だったら、全くつまらない光景だと思います。
よくガイドブックに出てくる写真ですがこんな感じ。
P6260188 (3)
 [床もみじ]

ゆっくり座るスペースもあまりないので、立ち上がってもう一枚。
ようするに、ピカピカに磨いた大きなテーブルを3つ並べて、それに映しているのですが・・
まあこれで2000円ですか。
今回は自分一人でしたが、家族4人で8000円?
う~ん、その先が言えません。
全部クリックしてど~ぞ!
P6260196 (2)
 [雨上がりの色]



urutorahurosu at 06:19|PermalinkComments(1)めぐる季節 

2020年07月07日

マスク・ド・京都

今はどこにお出かけするにしてもマスクは必須です。
自分も京都へは3種類のマスクを持参しました。

あたりに誰もいない時はノーマスク。
普段は普通のサージカルマスク。
でも飛行機内やリムジンバスはN95の高性能マスク。
地下鉄や市バスなどは混雑具合によって、サージカルマスクとN95マスクの併用です。

京都の人も街の中では99%の人がマスク着用でしたが、ポツリポツリとマスクをしていない人がいましたな。
特に通勤時間帯の混雑した電車内から降りて来た人の中のノーマスクは、ちょいと心配になります。

さて今年はほとんどのイベントや祭りが全国で中止になって、じゃあお散歩写真でも撮ろうかと、祇園のはずれの白川に架かるお気に入りの一本橋。
P6250038
 [一本橋]

ここを渡る人を、ちょっと下流のベンチから撮るのですが、残念ながら今年は皆さんマスクをしているので、写真になりませぬ。
P6250022 (2)
 [マスク人]

対岸のお店の前も狙いどころなんですが、もちろんマスク人しか通りません。
そこで上げた手がちょうどマスクを隠す瞬間がたまたま撮れたのですが、ん~、これでもまだマスクがチョット見えてしまいます。
全部クリックしてど~ぞ!
P6250026 (2)
 [暖簾前]

何やら祇園の舞妓はん2人に陽性報告が出ましたな。
まあ、自分には縁のない世界でソーシャルディスタンスの心配もないのですが、風評被害が心配ですね。
舞妓芸妓の文化が廃れなければいいのですが。



2020年07月05日

インバウンドのいない京都

インバウンドがいなくなって、京都は一体どのような状況になっているのかと、好奇心と期待を半分ずつ持って行ったのでした。
そこで平日の金曜日と週末の土曜日の京都の町の写真です。

閑古鳥というのは本来は郭公(カッコウ)のことらしいのですが、郭公の写真は簡単には撮れないので、ここではカラスで代用して、閑古鳥のイメージ写真を一枚。
P6250004
 [閑古鳥]

平日午後5時の八坂神社石段下。
車も少なく、いつもの渋滞もほとんどないので、車の走っていない瞬間の写真も簡単に撮れてしまいます。
P6250001
 [八坂神社前]

でも、いつものお店も普通にやっていて、でも客が減った分を、テイクアウトなどを増やして営業していました。
大好きな鯖寿司も17時にはほぼ売り切れて、4切しか残っていなかったので、包んでもらって次の日の朝食に。

でも週末は普通に日本の観光客が来ていて、土曜日午後2時頃は、祇園花見小路はちょうどいいくらいの混雑度。
やはり中韓のインバウンドは要りませんな。
それでも観光名所には人が集まって、いつもの行列の店には、ちゃんと行列もできています。
P6270278
 [花見小路]

一番極端だったのが、京都駅前。
これは土曜日午前11時の烏丸口。
バス乗り場のあの行列は全くありません。
裏側の八条口前の観光バス専用駐車場には、観光バスはゼロ。
P6270181
 [烏丸口]

平日はちと寂しいですが、週末にはちょうどいいくらいの観光客が集まって、渋滞も少なく、バスも時刻表通りに到着して、これが人口が東京のちょうど1/10の、普通の京都の混雑度かなと思いました。
最後は八坂神社の奉納提灯を揺らす、初夏の風。
全部クリックしてど~ぞ!
P6270242 (2)
 [初夏の風]


urutorahurosu at 10:04|PermalinkComments(4)ディープな京都 

2020年07月03日

天上の花

三室戸寺の石段を登り切った本堂の前には、もうハスの花が咲いていました。
これは予想外のプレゼントかなと思って、暫しの撮影タイムです。

まずは紫陽花を背景に一枚。
P6260147 (2)
 [梅雨の花]

本堂の仏さまに見守られてまっすぐ伸びた茎を強調して。
P6260163 (3)
 [守られて]

誰かの「あっ、もう赤トンボ」の声に、よく見てみると、もう赤トンボ。
これは秋のアキアカネではなくて、どうやら夏のナツアカネのようです。
これがこの日の一枚かな。
全部クリックしてど~ぞ!
P6260144 (4)
 [赤トンボ]


urutorahurosu at 05:48|PermalinkComments(2)写真の話 

2020年07月02日

雨に咲く花

梅雨の時期独特なのですが、湿度が高くてカルテの紙がしっとりと濡れ煎餅状態に感じられます。

梅雨の花と言えば紫陽花なので、追加で三室戸寺の紫陽花を2枚だけ。
深い緑の風景の中で、やはり赤い紫陽花も好きですなぁ。
ソフトフィルターのおかげで、柔らかに写ってくれます。
P6260088 (3)
 [梅雨の花]

定番のブルーの紫陽花は、露出補正をアンダーに、背景を暗く落として花を浮き立たせます。
三脚が使えないので、今回の紫陽花撮影はこの程度。
全部クリックしてど~ぞ!
P6260165 (3)
 [ガクアジサイ]

この後、三室戸寺本堂への石段を登り切った所に、天上の花が咲いていたので、明日アップします。


urutorahurosu at 05:48|PermalinkComments(0)写真の話 

2020年07月01日

京都 三室戸寺 紫陽花日和

さて今日から一年の後半が始まりますが、さてさて今年はこれからどうなることでしょうか。

こちら地元でも紫陽花が見ごろを迎えましたが、今日の写真は初訪問の宇治 三室戸寺の紫陽花日和の写真です。
正確には、自分の感覚では4,5日盛りを過ぎてしまったかなと思いましたが、大変きれいでございました。

梅雨時期なのでシトシト雨を期待して、傘の他にもレインコートを持って行ったのですが結局降らず。
金曜日なので、開門前には約20人程度中高年の列。

もちろん三脚禁止なので、昔のソフトフィルターを探し出して持って行きました。
今のソフトフィルターはただモワ~ッと暈すだけですが、昔のそれはフィルターの表面に水滴が付いたようになっていて、画面にピントの合っている部分とぼやけている部分が混在して、自分的には桜などを撮る時にはこの古いフィルターの方が好みなのですが、最近はとんと出番がありませんでした。

京都なのでまずは三室戸寺の朱色の門を背景にフィルターを使わずに一枚です。
紫陽花のボリューム感がやはり京都と思ってしまいます。
P6260078 (2)
 [紫陽花見頃]

ここは本当に色とりどりの紫陽花が咲いていて、遠目で見るとまるでバラ園かと見間違えてしまいそうです。
ソフトフィルターを付けて門の反対方向から撮影。
P6260064 (2)
 [紫陽花日和]

朝からこんな光景の中にいると、本当にストレスフリー。
他の人たちとの距離ももちろん十分すぎるほど離れているので、マスクも不要です。

いろいろ撮ってきましたが、同じような場所での追加の一枚、全部クリックしてど~ぞ!
P6260065 (2)
 [秘密の花園]


urutorahurosu at 06:36|PermalinkComments(0)写真の話