2020年05月

2020年05月07日

若葉のささやき

今日からGW明けの仕事始めですが、ニュースによるとパチンコ店の一部が営業を再開するみたいですね。
もう何十年も行っていないのでまあ関係ない話なのですが、クラスターが発生するのも嫌なので、ニュースくらいは見るわけです。

さてパチンコ店内というのは確かに打ち手同士の距離は近いのですが、皆さんほとんど無言で打っているし、パチンカーは喫煙者が多いので店内の天井が高くて、煙がこもらないように換気もできていると思われるので、マスクを義務化してパチンコ台の椅子に座るのを一台おきにするなどの工夫すれば、意外と三密の環境には該当しないのではと思うのであります。

今日はお天気も良く青空ですが気温はやや低く、でも庭の木々の葉っぱが髪の毛が伸びるようにふさふさと増量してきて、そろそろそのあたりに出入りするスズメバチなども気になってきました。

そういえば昔むかし「若葉のささやき」という歌がありましたなぁ。
あれを歌っていた真理ちゃんも施設で貧困老人生活を送っているようであります。
それに比べたら、コロナでお出かけができないと嘆いている自分など、まだずっといいのかもしれません。

それでも庭や山々の若葉を見ても心弾まない。
断捨離中に、10年くらい前に箱根彫刻の森美術館で買った名前の知らないこいつ。
こいつの泡ごしに、そんな若葉を撮ってみました。
クリックしてど~ぞ!
P5070277 (2)
 [若葉の季節]




urutorahurosu at 17:24|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2020年05月05日

断捨離と腰痛と八重の山吹満開と

気候だけは爽やかですが気分は爽やかでない子供の日です。
ステイホーム週間は自分もご多分に漏れずに、断捨離週間となりました。

コンテナを駐車場に設置してもらってしばらくは何も入れませんでしたが、一旦断捨離を始めるとあっという間に数年ぶりのコンテナに次々と、もういらないものが埋まっていきます。

今はネットの時代なので、何か調べ物があっても本を開くということがめったにありません。
ましてもう何十年も前の教科書などは、本棚の重しの役にはたっても、それ以外の役割がないので、ほとんどの本も捨てたのですが、まあ重いこと重いこと。

腰に疲労がたまって、前かがみに腰を下ろすともうダメ。
でも立ち仕事はなんとかいけるので、少しずつ。
あっという間に9割がた埋まりました。

これじゃたぶんもう一回コンテナをお願いしなければならないでしょうなぁ。
職場の隣りに運ぶだけなのに、教科書類は重くて車移動です。
P5050012
 [断捨離中]

子供の日ですが、近所に鯉のぼりは泳いでいなかったので、今朝の散歩中に県の施設で咲いていた八重の山吹が満開でした。
八重の山吹と散り椿。
P5050003 (2)
 [山吹満開]

少し角度を変えて、左上にちょっとだけミツバツツジを入れてパチリ。
全部クリックしてど~ぞ!
P5050010 (2)
 [こんな季節]




urutorahurosu at 15:06|PermalinkComments(2)めぐる季節 

2020年05月03日

連日山菜満喫 深酒気味

かなり久しぶりのGW中地元引きこもり状態なので、おかげで連日山菜が食卓に並びます。
先日は知人から採れたてのタラの芽とコゴミとコシアブラを頂いて満喫。

一昨日はお店で買ってきたコシアブラや山ウドが並び、またまた昨日は患者さんからたくさんのコシアブラを頂きました。

なので夜の食卓には同じようなメニューですが、タラの芽とコシアブラと、タケノコ(細竹はもう少し先)と身欠きニシンの天ぷら。
ワラビのお浸し、タラの芽のゴマ和えなどが並びます。

山菜の盛りも今週いっぱいくらいなので、毎日同じようなメニューでもOK。
今を逃しては来年まで食べられませんので。

山菜の天ぷらの時には、天つゆではなくて大根おろしに醤油で食べるのが一番。
もうビールをグラス半分飲んでしまってから思い出して撮ったので、食材の盛り付けが乱れていますが、食べかけをクリックしてど~ぞ!
P5020270
 [春の味]


urutorahurosu at 06:01|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2020年05月01日

四月最後は芝桜

今日から5月、本来は昨日と今日は休みのはずでしたが、どこも行くところがないので午前中だけ少しだけ仕事をすることにしました。

そして昨日は午後から、山形市の紅花の里高瀬地区の河川敷の芝桜を見に行ってきました。
話には聞いていましたが芝桜はあまり好きじゃないので、今まで行きませんでした。
というか、GWをずっと地元で過ごすなんて、もう相当久しぶりなのです。

高瀬川の河川敷に植えられた芝桜と、散りかけた桜がきれいです。
駐車場はほぼ満車、堤防に向かう途中で、若いカップルが堂々とあたりを気にせずに口論をしていました。

車に三脚はあるのですが、カメラだけを持ってブラブラ。
まあ、こんな感じです。
P4300163 (2)
 [芝桜]

日中のピーカン状態で撮影には向かない光状態なので、あまり写欲は湧きません。
でも色はきれいなので何とかソフトな絵画風にパチリ。
くりっくしてど~ぞ!
P4300172 (2)
 [春の絵画]

帰りに駐車場に向かう時、あのカップル、まだ喧嘩してましたぜ。
ごくろうさん。


urutorahurosu at 06:15|PermalinkComments(0)めぐる季節