2018年11月

2018年11月10日

栄町ダンサーズ

今や、おばぁラッパーズ以上に人気なのが栄町ダンサーズです。
狭い舞台で息絶え絶えになりながら踊るダンスは大迫力。
e877913c.jpg




[栄町ダンサーズ]









盛り上がっている舞台下を、チューハイを持ったオジィが歩いて行くのも栄町市場。
d53cb6f0.jpg

 [チューハイ]












郷ひろみの「2億4千万の瞳」や西城秀樹の「ギャランドゥ」で大盛り上がり。

一通り終わって、アンコールの大合唱では「YMCA」です。
これは「Y」ですな。
f6200cdd.jpg




[YMCA]









そしてこれは「C」かな。
a95b25d9.jpg

 [熱演]












一番最後には外人さんの飛び入りも。
栄町ダンサーズでした。
全部クリックしてど~ぞ!
0cebbe90.jpg




[飛び入り]

urutorahurosu at 05:54|PermalinkComments(2)旅写真 

2018年11月09日

屋台祭りの出演者たち

栄町市場屋台祭りの舞台わきに、琉球衣装の母と子。
一緒に話しているのは、おばぁラッパーズの次に歌ってくれた、ふくよかな姉妹デュオです。
45f960b9.jpg




[母と子]









このお母さんは民謡歌手、実は北海道出身で沖縄に魅せられて那覇在住。
この日は旦那と乳母車でやってきたようです。
舞台衣装は琉球紅型。
e3fb42db.jpg

 [琉球紅型]












島唄が歌われると、観客が自然と踊りだすのが、この祭りのいつものパターン。
舞台下のスペースは、通路兼ダンシングスペース。
車いすの観客も踊りだす。
ますます盛り上がってきましたよ。
次は誰が出るのかな。
全部クリックしてど~ぞ!
630f0536.jpg




[島唄に酔う]








祭りの後に飲んで駅に向かう時、市場の焼肉居酒屋のカウンターで、赤ちゃんを抱いたままジョッキのビールを飲んでいましたが、そんなほのぼの光景、いいですなぁ~


urutorahurosu at 05:43|PermalinkComments(0)旅写真 

2018年11月08日

おばぁラッパーズ

栄町市場は、戦後の復興時に誕生し、現在もなお当時とほとんど変わらぬ姿で現存する、日本にただ一つ残された歴史の証人とも言える市場です。

那覇では農連市場が再開発され、牧志公設市場も再開発が決まっているようですが、そんな中、再開発に反対し、市場の存続に取り組んだ栄町市場の皆さん。
シャッター通りと化した市場が、今や空き店舗はゼロだそうです。

この奇跡の象徴がこのおばぁラッパーズと言えるでしょう。
詳しくは「おばぁラッパーズ」で検索してみてください。

15年近く前に結成した、栄町生まれの3人のオバァたち。
確かに寄る年波で(笑)、体のあちこちにガタがきているようですが、舞台に上がれば元気一杯。
4329641f.jpg




[おばぁ]









とにかくこの3人が舞台に上がれば、観客は動画を撮ったり手拍子をしたり、手を突き上げたりと大盛り上がりなのです(ワタクシも)。
e1fad513.jpg

 [ラッパーズ]


















軽やかな?このステップ。
いや、このカメおばぁの歌唱力、ただ物ではないのです。
d9b8b34e.jpg




[ステップ]









舞台から降りて観客の中まで進入して、怒涛の短いステージでした。
さすがに2ステージはきついようで、今回はワンステージだけでしたが、十分に堪能しました。
全部クリックしてど~ぞ!
86cc781c.jpg

 [舞台下]

urutorahurosu at 05:30|PermalinkComments(4)旅写真 

2018年11月07日

栄町市場 屋台祭りの始まり

那覇 栄町市場の屋台祭りの会場は、市場の中でも一番広い通りに舞台が作られます。
まあ通りなので、壁ぎわに舞台を作って、舞台の正面は人が通る通路、いわゆる舞台の上手と下手に観客席があります。

写真にするとこんな感じなのですが、飛び入り参加の沖縄弁紙芝居屋さんの前で、ガンをつけている小学生の女の子二人です。
こちらはもう最前列の特等席に席を確保。
7e597d61.jpg

 [舞台]












出演プログラムは手書きでシャッターに貼られています。
c40c8778.jpg

 [演者たち]












最初は市場の小学生女子の童ばーた-の歌から始まりました。
こちらを向いているのが小6と小4年生、向こう側を向いているのが低学年女子。
小6の子は、5年後が楽しみな顔立ちをしていますな。
bf7e3781.jpg




[童ばーたー]









その後市場は異様な盛り上がりを見せてきます。
栄町市場のスーパースター「おばぁラッパーズ」の登場です。
それは次回。
全部クリックしてど~ぞ!
bd62e5d3.jpg

 [おばぁラッパーズ]

urutorahurosu at 05:26|PermalinkComments(0)旅写真 

2018年11月06日

那覇 栄町市場は昭和世代の秘密基地

自分が那覇に行く一番の目的は、戦後の闇市の雰囲気が未だにそのまま残っている栄町市場の屋台まつりに行くことなのです。

農連市場も撤去再開発され、牧志公設市場も建て替えの噂もささやかれる中、ゆいレール安里駅そばの栄町市場は狭い路地がまるで迷宮のように入り組んでいて、初心者は必ず迷ってしまうようなドキドキ感がある異空間なのです。

四方から入り口はあるのですが、ここは東口。
59fd655b.jpg




[東口]









一応市場のマップもありますが、中に入ってしまえば役に立ちません。
05fd8b38.jpg

 [マップ]












ここは昭和世代にとっては、ワクワクするような秘密基地。
864d05e6.jpg




[秘密基地]









ちょうどハロウィンだったので、近くの小学生たちがお店を回って、オバァたちからお菓子をもらっていました。
425d623e.jpg

 [🎃]












6月~10月の毎月最終土曜日には、屋台祭りが開かれて、それはそれは超楽しいイベントなのであります。
この祭りに魅せられて年に一度行くのですが、今年は週末台風の当たり年。
もう2回ほど台風のために中止になってしまいました。

6月末も台風直撃となり、そのリベンジで10月末に行きましたが、またまた台風26号が発生していて、幸いにフィリピンの方に逸れてくれたので、無事楽しむことができました。

次回からはとぎれとぎれながらも、祭りの楽しさををアップします。
まずはそのポスターですが、この写真では盛り上がりが伝わりませんな。
全部クリックしてど~ぞ!
d1ff7816.jpg




[ポスター]

urutorahurosu at 05:28|PermalinkComments(2)旅写真 

2018年11月05日

雲海の向こうに月山を見る

昨日の朝も朝霧が立ち込めたのですが、いつもの運動公園はマラソン大会のスタートとゴール地点の会場に隣接しているために、たぶん朝から大混雑が予想されるので、霧の上から雲海を見てみようと、近くの山の斜面を車で登って行きました。

霧の上に出ると空は快晴、眼下には雲海。
雲海の下に山形市の市街が眠っています。
そして雲海の向こうには冠雪した月山が見えます。

朝7時半、雲海の白い部分は日が当たっている所。
雲海の黒い部分は、まだ日が当たっていないところです。

下の黒い影は黄色に色づいた銀杏の木々。
肉眼ではちゃんと黄色に見えるのですが、写真にすると、露出を遠くの明るい月山に合わせると明暗の差がありすぎるので、影になっている物は黒く写ってしまいます。
改めて人間の目の性能の良さを実感します。

明暗の差を小さくするフィルターもあるのですが、そこまで予測していなかった朝飯前のチョイ撮りなので、持って行きませんでした。

でも何とも気持ちのいい朝風景でした。
クリックしてど~ぞ!
57f8ced6.jpg

 [雲海と月山]


urutorahurosu at 05:19|PermalinkComments(1)めぐる季節 

2018年11月04日

久々の鍾乳洞だよ玉泉洞

全国の有名どころの鍾乳洞はほとんど行っていますが、沖縄の玉泉洞だけは未訪問でした。
今年の6月の予定が台風でパーになったので、今回はそのリベンジ。

朝7時40分に県庁前に集合、斎場御嶽と玉泉洞のあるおきなわワールドを見て県庁着が13時30分という、1700円の定期観光バスを利用しました。

鍾乳洞は東日本大震災の前にあぶくま洞に行って以来なので、ずいぶん久しぶりです。
入洞して違うのは、内部の気温が高い。
本土の鍾乳洞は一年を通して15℃くらいで涼しいのですが、玉泉洞は21℃くらいで、しかも湿度がほぼ100%くらいなので、歩いていると汗をかきます。

シーズンオフの平日なので、バスを真っ先に出て玉泉洞へ向かうと、他の観光客はほとんどいない状態。
さていざ入洞。
地底への階段を下りていきます。
57e2a737.jpg




[地底探検]









まあ、観光鍾乳洞なんてどこも同じようなもので、変な形をした鍾乳石にしょうもない名前を書いた名札がつけてあるわけです。
ここも同様で、初恋広場だの龍神の池だのひねくれ地蔵だのとてもくだらないわけです。
これが地中ロケットなんて、誰が命名したのでしょうか?
778bcfcf.jpg

 [ロケット]












無色透明な湧き水をわざわざ青いライトで照らして、青の泉だって。
この辺は天井から水が滴り落ちてきて、カメラをタオルで保護しながら見物です。
dbf3c26c.jpg




[青の泉]









いつの間にか出口。
突き当りから長いエスカレーターで地上へ戻ります。
エスカレーターに乗るところに警備員のオッサンが一人座っていましたが、居眠りしていました。
全部クリックしてど~ぞ!
486f0b5c.jpg

 [出口]

















まあ、いろいろ悪口を書きましたが、規模も大きくて、話のタネに一度はいいのではないでしょうか。
○○いい所、一度はおいでという感じですな。

2018年11月03日

霧の朝 いつもの公園へ

沖縄の写真をアップしている間に、街の中はすっかり色づいています。
連休の今日は、明日の会議のために遠くへお出かけができません。
今日は晴れるので朝カーテンを開けてみると、予想通りの朝霧が立ち込めています。

沖縄の鍾乳洞の写真を選んでいたのですが、急遽中止にして、急いで車に向かいました。
いやその前に防寒対策、今朝の外気温は4度です。

霧の中ライトを点けていつもの運動公園へ。
7時過ぎにはもうすでに車がかなり駐車しています。
皆さん考えることは一緒。

ちょうど銀杏が見ごろ、あと4,5日で歩道も黄色に染まります。
b5008071.jpg




[銀杏見頃]









銀杏とプラタナスはこの場所の定番写真。
9ed966ff.jpg

 [プラタナス]












ここはあまり見晴らしが良くないので、霧の感じがあまり出ていませんが。
347dbc43.jpg




[霧の朝]









桜の葉がちょうど見ごろ、桜はすぐに散ってしまうので間に合った。
7d510201.jpg

 [色づく桜]












桜の葉が赤くなると、光の加減で全く別物の感じに写ります。
4ed2c86f.jpg




[桜葉七変化]









モミジの見頃はもう少し先ですが、こんなふうにいろいろな色のモミジも面白いものです。
マーブルチョコレートを連想してしまいます。
手が冷たくかじかんできたので撤収、その後ファミレスで朝食とお茶。
秋本番を、全部クリックしてど~ぞ!
74a32473.jpg

 [マーブル]

urutorahurosu at 09:21|PermalinkComments(5)めぐる季節 

2018年11月02日

琉球王国城下町をウロウロ

いつの間にか紅葉前線はこちらの街の中まで下りてきているのですが、まだ頭の中のモードはオキナワです。
陽が落ちるのも早く、午後休みでも昼食後ちょっとウトウトしてしまうともう陽が傾いていて、撮影に出かける意欲が湧きません。
週末はお天気がまあまあそうなので、午前中にでも近くの紅葉でも撮ってきます。

というわけで、まだ琉球王国城下町です。
平日の午前中だったので観光客が少なくて快適でした。

こちらは大きな文化財の古民家の中の三線工房。
30634443.jpg




[三線]









伝統衣装を着た家族連れ。
近づいてみたら日本人家族でした。
8da09c7b.jpg

 [琉球衣装]













そんな貸衣装がぎっしりの家の中と窓ガラス。
ガラスに映った赤瓦と緑の木々。
3767c0c5.jpg




[窓ガラス]









神秘的なカジュマルの木。
精霊が宿っていそうです。
全部クリックしてど~ぞ!
f0b77a5c.jpg

 [精霊]

urutorahurosu at 05:50|PermalinkComments(2)旅写真 

2018年11月01日

初めてのドラゴンフルーツ

玉泉洞の出口のお店で、初めて見るような熱帯フルーツをいろいろ売っていました。
名前もわからないのですが、その中で唯一名前だけは知っているドラゴンフルーツを興味半分で初めて食しました。

「ミックスがお勧めよぉ~」とおばちゃんに言われたのですが、何種類もの果物がカットされた600円の皿はちょっと一人では食べきれません。
300円のカットされた真っ赤なドラゴンフルーツを食べてみました。
69d4043d.jpg




[ドラゴンフルーツ]









キウイのような味を想像していましたが、意外と薄味で、個人的にはもっと見た目のようなパンチの効いた酸味が欲しい感じでした。
他にもいろいろな熱帯果実がありましたが、あまり興味がないので名前まで確かめませんでした。
f19d1dfe.jpg

 [熱帯果実]












帰りの空港でも売っていましたが、さすが空港値段、ずいぶんお高いですなぁ~
全部クリックしてど~ぞ!
b942847a.jpg




[空港値段]