2018年09月

2018年09月17日

和風な神輿とイタリアン

いよいよ秋祭りの始まりです。
昨夜は7人で、寒河江の神輿の祭典の撮影会。

プランは山形駅集合で、JR左沢線で寒河江駅下車。
神輿を撮って、イタリアンレストランで食事とお酒。
帰りはジャンボタクシーにお迎えに来てもらって、山形駅解散経由で有志は二次会場までそのまま送ってもらって、という計画です。

約1500人が神輿を担ぐ神輿の祭典。
今年は例年よりも人が多かった気がします。
1d69b5f5.jpg




[神輿の祭典]









撮影に飽きた人から三々五々レストランに集合。
昔の繊維工場をリフォームしたオシャレなレストランで、つい最近まで寒河江にこんな店があることを知らなかった。
写真はブレているので、雰囲気だけね。
dd436f5f.jpg

 [レストラン]












お酒中心なのでと予約していましたが、最初の一皿。
アワビやいろいろ入っていて、超オシャレで超美味。
オッサンたちだけのグループにはおよそ似つかわしくありません。
33826a9a.jpg



[一皿]










次に、このようなプレートに酒の友を各種。
酒飲みにはうれしくなる一皿です。
b0cf5484.jpg

 [酒の友]












更に美味かったのがこのパスタ。
見た目は悪いのですが、焼き鮎のパスタ、絶品です。
bb95092c.jpg




[パスタ]









メインのお肉は年寄りにはもう一切れで十分。
結局ワインも3本空けて、その他ビールなど。
その後の反省会で、久々の午前様と朝風呂でした。
全部クリックしてど~ぞ!
891087d1.jpg

 [肉]

urutorahurosu at 08:32|PermalinkComments(2)写真の話 

2018年09月16日

耐震基準が震度5相当だったとは呆れてしまいます

この間の北海道の地震による損傷で北海道全域の停電を引き起こした苫東厚真火力発電所の発電機が、耐震基準上最低の震度5相当だったことが判明したそうであります。

これは全くあきれる話で、北海道の発電力の半分以上を担う発電所の耐震能力がたった震度5だったとは、これはもうどうしようもありません。

北海道東部沖も地震の巣で、自分たちが生きている時代だけでも過去に、十勝沖地震をはじめ数回の大きな地震がありました。
近い将来にそれ以上の大地震も想定されているこの地域で、何故その程度の震度想定で発電所を建てるのでしょうか?

こんな発想だから、震度6で壊れてしまう原発もどんどん建ててしまうわけです。
震度6の地震というのは、今の日本では年に一回程度は発生しているわけで、震度5となると年にもう何回も発生して珍しくないので、当然それ以上の震度を想定した耐震構造が必要だし、それが無理ならばもし壊れた場合にはどうバックアップするかの準備をしておかなければならないはずであります。

何回も何回も何回も「そうならないよう万全の態勢を整えている」 としか答えられない国会答弁。
現実に壊れたというまぎれもない事実。
腹が立つ以上に呆れてしまうこれが日本の現実です。

せめてこれが国民の気持ち、鉄拳制裁
クリックしてど~ぞ!
0a67997c.jpg

 [鉄拳制裁]

urutorahurosu at 06:51|PermalinkComments(4)今日このごろ 

2018年09月15日

ハマこい2018 リトルチアーズ

最近は各地に子供たちのダンスチームができていますが、ハマこい2018でもそんなチームが出ていました。

なんと平均年齢8歳とアナウンスされていましたが、本当かなぁ?
まあ、小学生の女の子(男子1名)のチームです。
2fefc41f.jpg




[リトル]









何といってもそのダンスの切れの良さと笑顔に、思わずカメラを向けてしまいました。
さすがヨコハマ、こちらの田舎のダンスチームとはまるで質が違います。
いや普段は子供のチームはほとんどパスするのですがね・・
f90bf29b.jpg

 [チアーズ]












途中で赤い衣装に変身。
いやいや、将来が楽しみでありますなぁ。
5a676f01.jpg




[変身]









これほどトレーニングをするには、ステージママたちも大変なんでしょうなぁ~、と勝手に思ってしまいました。
踊りが終わって、皆さん思わず拍手喝采。
全部クリックしてど~ぞ!
b4179449.jpg

 [小悪魔たち]

urutorahurosu at 04:56|PermalinkComments(0)写真の話 

2018年09月14日

ハマこい2018の熱演者たち

ハマこい2018の熱演写真です。

暑い日でしたがこのコスチュームの中に、変身用の衣装を何枚着こんでいるのでしょうか。
3884fd20.jpg




[変身前]









演舞の背景にはモネ展を見に来た人たちが写っていますが、こちら側の盛り上がりとはちょっと距離感があります。
7103aeb1.jpg

 [距離感]













このチームも何回か変身した後のようです。
3e7cf3da.jpg



[変身後]
















この衣装と表情はインパクトありますなぁ。
もう一回、本気撮りをしてみたい。
37fb8c42.jpg

 [熱演]












心のたけを叫びます。
全部クリックしてど~ぞ!
4e9c5e2c.jpg




[叫び]

urutorahurosu at 05:06|PermalinkComments(1)写真の話 

2018年09月13日

モネ展とハマこい2018

今月初めの「ハマこい2018」です。
会場はみなとみらい地区に三か所ほどあるのですが、一番便利なのが横浜美術館前の広場。

みなとみらい駅の出口からほぼ直結で、背景に美術館の荘厳な建物があり、今月24日まで「モネ それからの100年展」が開催中です。

この日は暑かったので、美術館前の水場では子供たちが水遊び。
まずは「夏 逝かないで」
70609107.jpg




[逝く夏]















シャボン玉はこの夏の思い出なのか。
9e7da229.jpg

 [夏の思い出]













まずは「モネそれからの100年」を見て、それから「ハマこい2018」を撮って、暑かったら目の前の商業ビルで涼み、また撮って・・・
コインロッカーも美術館のを使えば無料です。
広場は美術館の入り口のすぐ前、モネ展鑑賞の人たちもハマこいにくぎ付け。
38f5115f.jpg




[横浜美術館]









それほど長時間撮っていたわけじゃありませんが、美術館を背景にいろいろな演舞を撮りました。
d558ed55.jpg

 [ハマこい]











たくさんの笑顔も撮れました。
秋祭りが始まる今週末まで、夏の名残りの笑顔と元気をアップします。
全部クリックしてど~ぞ!
63d3d938.jpg




[元気]

urutorahurosu at 04:53|PermalinkComments(0)写真の話 

2018年09月12日

夕方散歩、暗くなるまで待てない

昨日は午後休みで、いろいろ雑用をこなそうとしていたら、職場の自分のPCが突然ネットに繋がらなくなってしまって焦った焦った。

ネットが繋がらないのを手元のタブレットのネットで検索して解決するという、もう一人2台の時代なのでしょうかねぇ。

結局ルーターをリセットしただけで回復したのですが、そもそもモデムとルーターの区別がつかないほどPCの知識が乏しい人なので、詳しい人にはフンと鼻先で笑われそうなことでも、こちらにはとてもストレスなんであります。

何とか回復したので、気分を変えて夕方散歩。
日中暑くとも、日が傾くと一気に気温が下がるのが分かる時期になりました。

逆光の夕陽にキラキラ輝く道端の雑草。
cd923c76.jpg




[路傍の草]









見上げれば秋の空。
なんか久しぶりの爽やかな空です。
a4f63f5b.jpg

 [爽空]












いつの間にかガソリンも高くなりましたな。
明日給油しようと思っていたのですが、ギョッ!
まさか北海道の地震の影響では?そちらではまだ長蛇の列ですか?
9d23820c.jpg




[ガソリン]









たった40分ほどの散歩でも、久し振りなので気持ちがいい。
汗をかくと当然生ビールが美味い。
食べた物の写真は撮り忘れたけれど、前菜の盛り合わせとハンバーグなどで一杯いや数杯。

帰りは1時間に1本だけ我が家の前を通るバスにたまたま乗れて、タクシー代節約。
まだ19時を少し過ぎただけなのに、もう最終バスの1本前です。
外は真っ暗、バスはガラガラでした。
全部クリックしてど~ぞ!
c1f30a02.jpg

 [夜バス]











明日からは「ハマこい2018」の写真です。


urutorahurosu at 05:52|PermalinkComments(4)今日このごろ 

2018年09月11日

雨中乱舞

こちらでは今週末から秋祭りが目白押しですが、まだアップしていない最後の夏祭りがいくつかあるので、今週は名残りの夏祭り特集かな。

今年の夏は猛暑で、大雨、強風、大地震などに日本列島が悩まされましたが、阿波踊りの撮影に行った時のことです。

高円寺の阿波踊りや浅草サンバなどは超有名ですが、そういう大きなイベントに行っても人が多すぎてカメラポジションが確保できないので、ろくな写真は撮れません。
なので、イベントを撮る時は、ローカルな場所で同じようなイベントがある時に撮影するのがいいのです。

例えばこれは北浦和の阿波踊り。
京浜東北線で向かいましたが、途中から空が真っ暗になってきて嫌な予感がします。
北浦和の駅に降りたらゲリラ豪雨のような雨。
レインコートを羽織って、カメラにもタオルをかけて、意を決して雨の中へ突入します。

駅前の会場ではもう観客はほとんど避難していましたが、踊り手たちはもうヤケで踊っているような感じ。
681e790c.jpg




[踊ろうぜ]











ほとんどギャラリーのいない通りで、雨中乱舞。
b53d3892.jpg

 [雨中乱舞]












次の連も雨に負けじと踊りをスタート。
d235d854.jpg




[阿波踊り]









雨中乱舞のこの笑顔。
撮っているこちらは、体が雨で濡れるのは覚悟の上なので構わないのですが、さすがにカメラの危機を感じて、この間、僅か5分くらいで撤収を決めて、駅に戻りました。
戻った途端にイベント中止のアナウンス。

でももう少し撮っていたら、もっといい写真が撮れたのにと、なかなか撮れない豪雨の中の撮影に、ちょっと名残を惜しんでしまいました。
全部クリックしてど~ぞ!
2ba80534.jpg

 [ヤケの笑顔か]

urutorahurosu at 05:50|PermalinkComments(2)写真の話 

2018年09月10日

気がつけばもう秋の景色

気がつけば郊外の畑は蕎麦の花が満開です。
ちょっと撮り鉄がしたくなって、ローカル線の駅近くで撮ってみました。

難読駅名で有名な左沢(あてらざわ)線のとある駅近く。
稲穂がかなり色づいています。

黄色の稲穂の中を空色の列車がゆっくり走ってきます。
c073d809.jpg




[稲穂]









見上げれば今にも降りそうな雨雲。
都会と違って1時間に1本程度の運行なので、効率が悪いのです。
全部クリックしてど~ぞ!
0951ecce.jpg

 [空色列車]

urutorahurosu at 05:23|PermalinkComments(2)めぐる季節 

2018年09月09日

会議な週末

北海道を観光中の皆さま、無事北海道を脱出できたでしょうか。
今回の地震がもし冬の時期に発生していたら、観光客の皆さんは一体どうなっていたのだろうかと考えると、ゾッとしてしまいます。

さて週末は午後から会議の日。
といっても、こちらは会場の隅にただ座っているだけの会議なのですが、その面白くない会議の後は研修会。
山形の女性の蔵元によるお酒の話。
酒の飲み方、適正量の話を聞いたはずなのですが・・・
c9e46b7b.jpg




[研修中]









その後の懇親会場もゴチャゴチャと、立ったり座ったり飲んだり食ったり・・・
f12fc9c8.jpg

 [懇親中]












二次会はお店貸切りで、カラオケチームは奥の部屋。
こちらはバイオリンとピアノの生演奏を聴いていたのですが・・・
a3b86cf0.jpg




[生演奏]









あっちの部屋とこっちの部屋を行ったり来たり。
しばらくカラオケチームの部屋にいて戻ってきたら、バイトの女の子たちのAKBの歌と踊りにオッサンたちは大盛り上がり・・・
適正量飲酒の研修のことなど、もうすっかり頭の中にはありません。
仕事よりも長い時間酒を飲むのも疲れるものであります。
男はバカねと思いながらも、全部クリックしてど~ぞ!
2736077d.jpg

 [AKBオヤジ]

urutorahurosu at 05:43|PermalinkComments(1)今日このごろ 

2018年09月08日

プチ旅の最後は裏ワザで帰ったよ

液状化現象で話題になっている札幌市清田区に、大学の同級生夫婦が開業しています。
大学の同級生同士でメールのネットワークがあって、時々いろいろな話題があると、メールで交流をしています。

そのネットワークによると、彼のところは液状化の現場とは関係ないようで、水も食料もあるし、電気がつながったので今日あたりから仕事を始めるようです。

帯広の同級生は、帯広は震度4で36時間停電だったけど復旧したので特に問題なしとのことです。

停電で一番大変だったのは旅行者のようで、泊まるホテルもないし、トイレも閉鎖されて・・
北海道新幹線が再開しても、札幌から函館まで移動する手段がない。
千歳空港に旅行者が殺到したのは当然で、さんざんな旅行だったことでしょう。

さて土曜日なので、中断した浅草~野岩鉄道~会津若松プチ旅の最後です。

会津若松から山形に戻るにはいくつかのルートがあり、JR磐越西線で郡山から山形新幹線で帰る。
会津若松から郡山まで高速バス利用、または福島まで高速バス利用で山形新幹線で帰る。
以上3つのルートがありますが、一番安く戻るにはやはりJR利用がいいようです。

安く帰るために大人の休日俱楽部の割引を使いたいのですが、この割引は片道200キロを超えないと適用されません。
会津若松~山形間は197キロくらいでこの割引の適用外になってしまいます。

そこでちょいと裏ワザというか、頭を使って、山形の2つ先の駅までの乗車券を買うと、202�`くらいなので乗車券も新幹線の特急券も全部割引の適用になります。

という方法で、山形駅に着いても途中下車になるので、戻ったキップをポケットに入れて帰りましたとさ。

写真は会津若松駅に下車して跨線橋の壁に貼ってあった山陰地方の観光ポスター。
「あの頃の夏に かえろう」、平成最後の夏が終わりました。
クリックしてど~ぞ!
f2e52e94.jpg

 [旅への誘い]