2016年12月

2016年12月09日

進化

夕べの飲み会のせいで寝坊したので、ゆっくりブログを書く時間がありません。

自撮り棒も、こんな使い方は初めて見ました。
自撮り棒もいろいろ進化しているんですな。

三脚一脚禁止の紅葉の寺も、自撮り棒禁止も追加しなければ。

写真は東大本郷キャンパスのチャイニーズアイドルたち?
クリックしてど~ぞ!
62793559.jpg

 [進化]

urutorahurosu at 06:57|PermalinkComments(0)写真の話 

2016年12月08日

初積雪と山茱萸

今朝の山形市は屋根に初積雪が1センチ、外気温は1℃です。

数日前に知人から毎年頂いている山茱萸(さんしゅゆ)の枝。
山茱萸は秋にグミのような真っ赤な実がなって、年を越すと淡黄色の花が咲き緑の新芽が出てきて、これから約二ヶ月の間玄関先を飾ってくれます。




[山茱萸]















玄関に置いてあったこれまた知人の建築設計士さんから頂いたデザイナー椅子は廊下の突き当たりに移動して、余った山茱萸の枝を飾ってスポットライトを当てて、いい雰囲気になりました。

今日は午後から会議、研修会、飲み会と忙しい日です。
全部クリックしてど~ぞ!

 [椅子]

urutorahurosu at 06:54|PermalinkComments(2)めぐる季節 

2016年12月07日

長い冬と短い夏

昨日の午後から一気に気温が下がって、ちょっと雪も舞いました。

いよいよ長い冬の始まりです。
朝の除雪が必要になると、ブログも毎日更新はできません。

昨日の午後は休みだったので、家に出たり入ったりでしたが、ふと遠くを見ると、ひと山越えた先は低い山も真っ白。
寒気の接近と、本格的な冬の始まりを感じました。

それにしてもどうして夏は短く、冬は長いのでしょうか。
今日は一日仕事に励みます。

ひと山先の冬をクリックしてど~ぞ!
cf000bd4.jpg

 [寒気接近]

urutorahurosu at 05:37|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2016年12月06日

シャブ&ASUKAとカジノ法案報道の陰で休眠預金法案が

シャブ&ASUKAやカジノ法案が派手に報道されている陰で、どさくさにまぎれてひっそりと成立してしまった法案をご存知ですか?

かつて戦後の混乱期の昭和21年に預金封鎖が強行されて、銀行に預金されている自分のお金を引き出すことができず、しかも最大90%の財産税を課税されたことがあったそうですが、その預金封鎖を予感させるような休眠預金法案が、今月初めにひっそりと可決されました。

ただ、10年以上放置という条件付きながらも、個人の資産を政府が勝手に使うわけで、財産権の侵害にも繋がる可能性がある危険な法案です。

政府が回収した休眠預金をNPO団体などを通して民間公益活動の財源として利用するのが目的で、政府側は「あくまでも貧困対策や若者支援、福祉、地域活性化などに活用する」と強調してはいますが、なぜNPO団体を通さなければならないのか疑問です。

NPOというといかにも非営利の慈善団体のようなイメージですが、全部がそうでないのは皆さまご存知で、自分も知人がNPO法人を作っているのを知っているのですが、所詮は公金を出資してもらうため目的の団体もすごくたくさんあります。

この金額が毎年500~600億円のようですが、マスコミがなぜこの法案可決を報道しないのか不思議でなりません。

今日も国民の無関心のまま、いろいろな法案が国会を通過中です。
というわけで、南浦和駅ホームを通過中の貨物列車。
ホームの人は皆無関心です。
クリックしてど~ぞ!
febacc8c.jpg

 [通過中]

urutorahurosu at 05:49|PermalinkComments(2)今日このごろ 

2016年12月05日

寄らば大樹の陰か?

東大本郷キャンパスのイチョウはそろそろ落葉でしょうか?
いや、今が一番かもしれません。
イチョウの黄葉は、地面も黄色に染まると一段と素敵になります。

はしゃぐチャイニーズ観光客を尻目に、中庭の大イチョウの下では未来の東大生たちが10人近くのグループに分かれて、現役東大生から学校の説明を受けています。
高校→東大→官僚(国家公務員)という「寄らば大樹の陰人生コース」をイメージして撮ってみました。
3ef100a6.jpg




[大樹の陰]









まだ未来の先輩後輩たちですが、さてこの中で何人が現役の先輩後輩関係になれるのでしょうか。
bf2b256a.jpg

 [先輩後輩未満]












さらに引いて、同じような写真を撮ってみました。
ffca3de7.jpg




[大樹の下]









落ち葉のある場所では2匹の子犬がお座りをして、チャイニーズ観光客に大人気。
全部クリックしてど~ぞ!
53451fe0.jpg

 [アイドル]

urutorahurosu at 06:03|PermalinkComments(1)写真の話 

2016年12月04日

開業100年を目前に 今日で廃線

北海道留萌線が今日で95年の歴史に幕を閉じます。

留萌~増毛間の超赤字ローカル線ですが、終点の増毛駅は高倉健主演の「駅 STATION」の舞台となった場所で、冬の北海道、駅前の居酒屋のシーンが印象的な名画でした。

ちなみに「増毛」は「ぞうもう」とは読まずに「ましけ」と読みます。
薄毛に悩む人たちの聖地として大人気なのですが、明日からは廃駅になってしまいます。

残念ながら自分は留萌線には乗ったことがなく、大学時代に留萌からもう廃線になった羽幌線に乗って稚内まで行きました。

とてもとても、とても残念です。
今日の増毛駅は朝からたくさんの鉄ちゃんで賑わっているようですが、留萌線の最終列車は増毛発19:48発です。

ちなみに自分は薄毛で悩んではいないので、こんな写真をアップしました。
薄毛で悩む人もそうではない人も、クリックしてど~ぞ!
17813a44.jpg

 [増毛]

urutorahurosu at 07:32|PermalinkComments(2)乗り鉄 撮り鉄 

2016年12月03日

未来の東大生たち

都内のイチョウの撮影で外せないのが東京大学本郷キャンパスです。
いつも受験生の憧れの赤門から入場します。

赤門を入ると未来の東大生たちが大勢集まって、なにやら説明を聞いている様子。




[未来の東大生]















ここは無料でイチョウの黄葉を堪能できる場所なので、中国人観光客がかなり集まる場所でもありますが、やはりこのような勉学の聖地ではとても違和感を感じます。

赤門を背景に未来の東大生たちを撮ると、高校生時代を思い出しますな。
いや、昔過ぎてほとんど記憶にありません。

ただ言えるのは、もしも高校時代にこのキャンパスを見ていたら、もっと勉強をして、もう少しいい大学に入学できたかもしれなかったということです。
42bcf086.jpg

 [憧れの赤門]












去年の東大のイチョウ並木は、安田講堂前の並木の枝がかなり伐採されて見る影もなくなっていましたが、さすが今年は見事に復活して、とても見事な毛並みいや枝ぶりでした。

東大の銀杏はまさに今が見ごろ、あと2週間近く少しずつ変化して落葉していく様が楽しめるでしょう。
この写真は安田講堂前の並木ですが、一番安田講堂に近い数本は黄葉がとても遅くて、この時点ではまだ緑色ですが、2週間後に東大の今年最後の黄葉をして落葉します。

チャイニーズピンクのオバちゃんだけが違和感を感じますな。
8845931c.jpg




[安田講堂前]









この黄葉をどのように表現しようかと考えましたが、結局はいつもの感じで黄色の炎立つ。
全部クリックしてど~ぞ!
57a5fd1a.jpg

 [炎立つ]




urutorahurosu at 05:33|PermalinkComments(1)写真の話 

2016年12月02日

平林寺で光を描く

今年の紅葉は例年よりは良くないとはいっても、そこは平林寺。
カメラのいろいろな機能を使えば、そこそこいい写真が撮れるのです。

まずは一眼デジにはどの機種でも付いているホワイトバランスを変えてみる。
普段はカメラまかせのオートで撮ることがほとんどですが、特に紅葉などは光の加減で目で見るような色に写ってくれないことがよくあります。

そんな時はホワイトバランスをいろいろ変えて画面で確認すると、イメージ通りの色に写ってくれることがあります。

また、メーカーによりますが、赤や黄色などの色を強調して写せる設定が出来るカメラもあります。

たとえば赤を強調できると、赤いモミジがまるで木の幹に纏わりつく赤いドレスに変身します。




[赤いドレス]















平林寺のモミジ撮影の最高の撮影ポイントは山門そばのモミジたち。
葉の一枚一枚が小さくて繊細で、山門の屋根を背景にすると、京都の名刹の寺のモミジに負けません。

ただ午前中は日陰になるので、昼近くにならないと太陽の光が当たらず、いつも帰りの時間近くになってから撮影します。

今年はまだ紅葉がすべてのモミジの葉にいきわたっていないので、赤・黄・緑の紅葉の三原色が見られて、それもまたいい写真になります。

まずはホワイトバランスを日陰モードにしてパチリ。
背景の山門の屋根がいい雰囲気です。
aba13b53.jpg

 [紅葉]












さらに縦位置でもパチリ。




[モミジ傘]















さらに赤を強調すると、こんなにきれいな紅葉写真になります。
297ef6ec.jpg

 [赤モミジ]












フォトグラフを写真と和訳したのは誤訳です。
英語では、つまり光を描くのですから、いろいろなテクニックを使って絵を描くように撮ればいいのですよ。

そして最後の一枚ですが、これで今年の紅葉の撮影は終了。
明日からは黄葉写真ですよ。
全部クリックしてど~ぞ!
ce5aafee.jpg




[光を描く]









urutorahurosu at 05:43|PermalinkComments(5)写真の話 

2016年12月01日

残雪の平林寺紅葉

先週末の土曜日に埼玉 新座市の平林寺に久しぶりに行ってきました。

平林寺境内には武蔵野の面影を残す雑木林が保存されていて、国の天然記念物に指定されている紅葉の名所です。

ここも昨今の流行で三脚一脚禁止になってしまったので、最近足が遠のいていました。

でも今年の平林寺の紅葉はイマイチで、ちょいと残念でした。
まずは二日前の関東の雪が残っている本堂の屋根と、三脚禁止の看板。
d18f3dc0.jpg




[三脚禁止]









裏の雑木林に向かう途中は雪の上にモミジの落ち葉。
関東ではめったに見られない光景です。
7158429c.jpg

 [雪モミジ]












今年の紅葉はあまり良くなくて、緑の中にモミジの赤がチラホラという感じです。
いや林全体が緑が多くて、その中に赤いモミジがあるという感じで、雑木林全体の紅葉がダメなんですな。
あと一週間すればもっと良くなるのかも知れませんが。
70e0228e.jpg




[緑と赤]









撮影のポイントになりそうな場所にはカメラを持った人が集まって順番待ち。
雪を被った小さな祠と目の前のモミジ。
fa610f77.jpg

 [燃える赤]











いやいや、平林寺の紅葉はこんなもんじゃありませんぜ。
今年の紅葉はイマイチとはいってもこの日は快晴。

絶好のポイントに太陽の光が回ってくると、きれいな写真が撮れるのです。
ホワイトバランスやカメラの設定を変えると、見た目以上のきれいな紅葉が撮れるのですが、それは明日のお楽しみということで、とりあえず全部クリックしてど~ぞ!






urutorahurosu at 05:37|PermalinkComments(2)写真の話