2015年11月

2015年11月18日

シャボン玉飛んだ

四柱神社の散り紅葉もいいけれど、どこからともなくシャボン玉が飛んできたので、興味はそちらへと移ってしまいます。
3f0fc57c.jpg




[漂う]









イベントスタッフのおねえさんたちが、シャボン玉を飛ばしています。
カメラの美人センサーが作動して、レンズは自然とそちらへ向いてしまいます。
肖像権もあるでしょうから、こんなふうに切り取ってみました。
全部クリックしてど~ぞ!
b018c7e1.jpg

 [シャボン玉]

urutorahurosu at 05:24|PermalinkComments(0)写真の話 

2015年11月17日

信州の散紅葉

山形ではもう紅葉は終わり、地面に散った枯葉も木枯らしに舞っています、とはいえ今週だけは暖かいようです。

雨模様の週末、信州松本市付近の紅葉は見ごろを過ぎて木々の紅葉した葉もまばらになりかけて、しかも雨のために色のノリがよくて、ちょうど撮りごろでした。

ブラブラ歩いて見つけた四柱神社ではちょうどえびす講で賑わっていましたが、散紅葉が実にきれいです。
まずは赤と黄色のツートンカラーの散紅葉。
035543aa.jpg




[散紅葉]









ちょうど七五三の時期ですが、子供にとっては真っ赤な散紅葉の上で遊ぶ方が楽しいようです。
35ae21f6.jpg

 [七五三]












そして雨に濡れた木々の紅葉と地面の散紅葉、きれいな色で撮れました。
全部クリックしてど~ぞ!
617ca0b4.jpg




[雨上がり]

urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(3)写真の話 

2015年11月16日

もうウィンターシーズンか

軽井沢の駅からは、人工降雪機で作ったゲレンデが見えました。

もうスキーやボードが好きな人には待ち遠しいシーズンなんでしょうな。

こっちはさっさと過ぎ去ってほしい季節ですが。
クリックしてど~ぞ!
73760efb.jpg

 [ゲレンデ]

urutorahurosu at 04:56|PermalinkComments(1)めぐる季節 

2015年11月14日

今週末も雨で ふてニャン

今朝からお出かけするのですが、今週末も雨。

大人の休日乗り放題パスなので、JR東ならばどこでも行けるのですが、天気予報はどこも雨マーク。

今日の気持ちはふてニャン。




[ふてニャン]















ハロウィンの日に池袋のヤマダ電機の前で撮ったのですが結構な人気。
こんな赤ちゃんまで手を振っていましたぜ。
全部クリックしてど~ぞ!
9d3a55a1.jpg

 [ファン]











雨の中を冬支度して、三脚は置いて代わりに傘を持って出かけます。

urutorahurosu at 04:22|PermalinkComments(0)今日このごろ 

2015年11月13日

小春日和じゃなかった昨日

朝の天気予報では小春日和だったのに、東京もやや寒かったようですね。

こちらも小春日和とは言えず、午後から着込んでマフラーを首に巻き、すぐ近くの県庁の公園へ。
遠目ではまだまだいけそうなモミジやイチョウがあったのですが、近づくとやはりもう終焉近し。

でもそこはカメラの機能に期待して、いかにも最盛期のような一枚を撮ってみました。
a912321c.jpg




[秋モミジ]









背景が県庁や県警の建物だったり、反対側の道路では車がバンバン走っているので、それが見えないように撮るのに工夫します。

冬枯れの紫陽花の背景は土手、その向こう側は高速道へ向かう道路です。
17f462f3.jpg

 [冬枯れ]












ホワイトバランスで赤みを強調して、秋の最後の二葉です。
全部クリックしてど~ぞ!
a7f5655c.jpg




[最後の二葉]

urutorahurosu at 06:40|PermalinkComments(2)めぐる季節 

2015年11月12日

今日は小春日和なのに

今日は小春日和の予報ですが、このところ週末になると天気が崩れますね。
お出かけ予定の今週末、土日とも雨模様の予報でテンションが下がります。

立冬を過ぎると暦の上では「冬」。
さらに「春」がつくものも解禁となります。

それは小春日和、使うのは12月初めまでなのでなかなか使う回数も少ない貴重な日なのですね。

写真は今月初めの日光二荒山神社の参道付近の散紅葉。
立冬の少し前だったので、小春日和という言葉は使えません。
5f43e4c7.jpg




[小春日和前]









今日は午後休みですが、日が落ちるのが早くなって、昼食後は2時間くらいしか小春日和を楽しめません。
どこかに残っている紅葉風景を探してウロウロしてみようかな。

これは上の写真とじ日の東照宮参道、輪王寺境内の一本紅葉。
青空に真っ赤なモミジは来年までお預けです。
ぜんぶクリックしてど~ぞ!

 [一本紅葉]

urutorahurosu at 06:10|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2015年11月11日

落葉の公園

いつもの運動公園はもうすっかり落葉して、紅葉目当ての人もほとんどいなくなりました。

銀杏並木もほとんどが落ち葉となり地面は黄色い絨毯です。
45b97231.jpg




[落葉並木]









最後のモミジを撮ってみようと行きましたが、遠目ではきれいに見えても近づくと葉の先がもう枯葉になりかかっていて生気がなくなっているという、まるで化粧をした人間と同じ状態です。
この紅葉林の足元は、落ち葉の絨毯というよりもフカフカの落ち葉の布団状態で、足首近くまで靴が沈みます。
d8866a0e.jpg

 [紅葉林]












1本の木でいろいろな色の紅葉を見せてくれるお気に入りのモミジもこの日が最後。
659df589.jpg




[多色モミジ]









辺りはもう晩秋の雰囲気です。
f03db55b.jpg

 [晩秋の気配]













この公園の撮影は昨日で終わりますが、南北に長い日本列島はこれから紅葉の最盛期をむかえる場所がいくらでもあるので、あと一ヶ月近くは紅葉の追っかけです。
今週末は安曇野に行きますが、まだ間に合うかな?
全部クリックしてど~ぞ!
1d361bfd.jpg




[晩秋の森]

urutorahurosu at 05:25|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2015年11月10日

赤いハイヒール

紅葉が最盛期ですが、やはり黄葉よりも赤く色づいた紅葉がポイントに入ると、写真がいっそう際立ちます。

今日は午後休みなので、何とか雨が上がってくれたら、地元では最後のモミジの撮影に行こうかなと考えていたら、赤いモミジ・・赤い靴・・赤いハイヒール(太田裕美)と連想して・・

そういえば赤いハイヒールの写真があったっけ。
シルバーウィークの京都駅の人混みをスローシャッターで撮った時の写真。
人々がそれぞれのペースで歩いている時に見つけた、雑踏の中の赤いハイヒールがちょっといい感じに止まってくれました。
クリックしてど~ぞ!
cb0b9516.jpg

 [赤いハイヒール]

urutorahurosu at 05:15|PermalinkComments(0)写真の話 

2015年11月09日

立冬の日 雨

昨日の「いい歯の日」は暦では立冬、天気は一日中雨。

町の中はモミジが一番の色づきで、朝から張り切っていたのですが雨止まず。

夏の時期ならば雨に濡れながらの撮影もいいのですが、立冬の雨にはさすがに濡れる気にもなれず、ほとんどインドアの一日でした。
今週末は安曇野に行くので、体調管理です。

明日は午後休みにしているので、雨は上がるかな?
モミジはまだ大丈夫かな?

写真は遠い夏の雨の日。
季節違いですが、くりっくしてど~ぞ!
25738b0d.jpg

 [雨の日]

urutorahurosu at 04:33|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2015年11月08日

18禁の春画展

今日は11月18日で「いい歯の日」ですが、こじつけで18禁の話です。
皆さん「いい歯」の話よりも「18禁」の方が好きでしょ?

場所はJR目白駅からタクシーで1000円くらいの目白台、細川家の文化財を管理公開している永青文庫です。
ハロウィンの日の開館まもない時間帯に行ってみると、入り口前には老若男女でかなりの列。
もともと文化財の管理事務所なので展示室も狭いのですが、とても素敵な建物です。
帰るときには行列はなくなってこんな感じでした。
32648379.jpg




[永青文庫]









大英博物館をはじめ国内外の美術館や個人コレクターの所有する、鈴木春信 喜多川歌麿ら名絵師による春画を展示しているのですが、展示に当たっては全国20ヶ所の美術館から断られて、ようやく細川家でOKしてくれたということでも話題になりました。
これで「春画」と読みます。

 [春画]


















まあいわゆる昔のエロ本展ですが、狭い展示室では特に若い女性が多く、春画に見とれてなかなか前に進まないので、だいぶ端折って見てきましたが、春画そのものよりもそれを見ている若い女性を見てきたという感じですかな。
でも葛飾北斎の肉質の春画だけはしっかり見てきましたよ。

画なのでかなりデフォルメして描いてあり、「ウタマロ」と信じた欧米の女性は現実を見てさぞがっかりしたことでしょう(笑)。

外のミュージアムショップも18禁ながら大混雑。




[18禁]















展示作品を全部載せてある本も4000円くらいで売っていましたが、こんなのが家にあっても見ることもないし、4000くらいの春画のTシャツも特に欲しくなかったので、何も買わずに出てきました。
展示作品を変更して、12月までやっていますのでよろしかった行ってみてくださいませ。
春画そのものよりも、細川家の財力に感嘆したひと時でした。
全部クリックしてど~ぞ!
108781f0.jpg

 [春画]