2015年04月

2015年04月08日

終宴

東京の桜は終わりですね。
こちらは今、梅が満開です。

飛鳥山の次に上野公園に行ってみましたが、寒さと散り桜で、盛り上がりはイマイチでしたね。

何かイベントがあったのでしょうか、和服の女性たちとそのスタッフが、緋毛氈を片付けています。
f5d9995e.jpg




[終宴]









緋毛氈の上にもそこかしこにも、散った桜の花びらが落ちていて、花見頃の終わりを感じました。
全部クリックしてど~ぞ!
813eaec5.jpg

 [桜散る]











去年は京都の桜で体の芯まで桜まみれだったのですが、今年は満開の桜に出会える機会がなさそうな。


urutorahurosu at 07:00|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2015年04月07日

飛鳥山公園の花見写真

寒い週末でしたが、今週も季節が一ヶ月ほど逆戻りしてしまいました。

寒くとも桜が咲けば、着込んでも花見をするのが世の常。
北区の飛鳥山公園では「さくらSA*KASOまつり」が開催されて、宴会をする人、ステージで踊る人、それを見物する人、皆それぞれの花見を楽しんでいましたので、それぞれの花見を魚眼ズームでまずパチリ。
092a67a2.jpg




[それぞれの花見]









この祭りは一時中断されていましたが、いつの間にか復活してました。

次にステージの上の桜に近寄って、踊る人たちも上からパチリ。
fa4f7c63.jpg

 [花に舞う]












この公園の脇は都電が併用軌道を走る数少ない場所なので、専用軌道から併用軌道に出てきた場所を撮り鉄です。
全部クリックしてど~ぞ!
80e2dce2.jpg




[花電車] 








次は上野公園に移動だよ。
・・・・

urutorahurosu at 05:36|PermalinkComments(0)写真の話 

2015年04月05日

散り桜の花見

今年の東京の桜満開日は平日で、昨日と今日は寒い週末でしたね。

とりあえず飛鳥山に行ってはみたものの、いやいや結構な人々が散り桜の中で花見を楽しんでいましたよ。

いろいろ撮ってきましたが、まだ整理していないので、とりあえず飛鳥山の1枚です。
ちょっと見はまだまだ桜がいい感じですが、近寄ってみると結構散っているのです。
クリックしてど~ぞ!
1c5ddff4.jpg

 [散り桜の花見]

urutorahurosu at 22:09|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2015年04月04日

出雲大社でピーチパイ

一畑電車で出雲大社前駅に着いたのですが、何も予習をしていかなかったので、今回は観光案内所で一人500円の地元ガイドさんをお願いすることにしました。

7人ほど集まって大鳥居に向かって歩き始め、最初に教えてもらったのがこの老舗旅館。
竹内まりやの実家で、彼女のお兄さんが経営しているそうですな。

それにしても彼女、顔をいじりすぎですね。
「不思議なピーチパイ」のころは、美人じゃなくともすごく魅力的だったのに・・・
名曲『駅』は、自分の旅のテーマソングのひとつでもあります。
よかったらクリックしてど~ぞ!
47b62c79.jpg

 [旅館ピーチパイ]


昨日の強風で、東京は葉桜ですか。
今日桜の撮影に行くつもりだったのに・・・一日遅かった。



2015年04月03日

たびたびの一畑電車

今回の出雲旅行の目的の一つに、昔乗った一畑電車に乗ることがあります。

昔乗った電車は確か白地に青のラインが入った古い車輌で、ガタガタと車体を震わせながら宍道湖畔を結構なスピードで走った記憶が曖昧に残っているのですが、松江しんじ湖温泉駅に停車していたのは、「映画RAILWAYS」に登場したデハニ50型車輌と同じ色に塗装されたオレンジ車輌。

さっそく停車中の車輌に乗り込むおねえさんをパチリ。
朝霧であたりがかすんで、車窓からは宍道湖も全く見えませんでしたが。
8ac15a60.jpg




[一畑電車]









途中乗り換えの川跡駅で、昔と同じ塗装の電車にも会えました。
もちろん車輌本体は新しくなっていますが、ちょっと懐かし。
全部クリックしてど~ぞ!
c1469a2b.jpg

 [川跡駅]











たびたびの一畑電車で、乗り鉄タイムを楽しみました。

2015年04月02日

夕陽と少年

島根県立美術館の岸辺から見た夕陽。

沈む夕陽に向かってたつ少年を撮ってみました。
クリックしてど~ぞ!

 [少年]

・・・・・

urutorahurosu at 05:06|PermalinkComments(1)写真の話 

2015年04月01日

宍道湖夕景をハーフNDフィルターで

はるか昔の大学時代、松江ユースホステルから見た夕陽がまだ印象に残っているのですが、宍道湖には夕陽の見られる美術館があるというので、島根県立美術館に行ってみました。

ホテルの近くから松江ぐるっとレイクラインバスという市内循環バスに乗ったのですが、さんざん遠回りするバスなので、到着したら陽はすでにかなり傾いています。

入場料を払おうとしたら、ロビーと岸辺で夕陽を見るぶんには無料とのこと、超うれし~。

夕陽を鑑賞するには最高のロケーションで、美術館らしくちょっとしたオブジェも砂浜に設置してあります。

普通に撮ると夕陽と人間の明るさに差がありすぎて、夕焼けがオレンジ色にならないので、めったに使わないハーフNDフィルターを使ってみました。

このフィルターは、上半分が黒く塗ってあって、その部分で夕陽を撮ると、ちょうど日食を黒いフィルム越しに見るような感じになるのです。

そして岸辺の人々の姿があまり重ならないように注意してパチリ。
クリックしてど~ぞ!
7922033b.jpg

 [岸辺の人々]

他にもいろいろ撮ったので、明日につづく~

urutorahurosu at 05:24|PermalinkComments(0)写真の話