2014年04月

2014年04月13日

さくらだより

京都の桜の写真はまだ続くのですが、こちら東北ではようやく仙台付近が見ごろとなり、今朝のNHKニュースで大河原町の一目千本桜がちょこっと放映されていましたので「さくらだより」です。

天気も快晴だしちょっと行ってみようかと、6時に家を出てコンビニでおにぎりを買い、高速経由で7時前に到着。
もう結構人が出ていましたが、桜は七分咲きであと数日で満開かなという感じ。
満開になると、もう一回り桜がボリュームアップします。

でも雪を抱いた蔵王連峰がとてもきれいに見えて、定番の場所からストレートに撮影して、8時頃に撤収。
あまりゆっくりしていると、とんでもない渋滞で身動きがとれなくなるのです。
絵葉書写真ですが、クリックしてど~ぞ!
e3239fbd.jpg

 [一目千本桜]

urutorahurosu at 18:28|PermalinkComments(3)めぐる季節 

2014年04月12日

平野神社の桜の花束

山形ではようやく梅が咲いたばかりなので、桜の開花まで京都の桜の写真は続きます。

北野天満宮近くの平野神社はいろいろな種類の桜があるので、長く桜を楽しめる桜名所として知られていますが、境内自由で三脚もOK。
昼も夜も花見客で賑わっていますが、まずは朱塗りの鳥居をバックに紅しだれ桜。
c0a216eb.jpg




[桜鳥居]









平野神社の境内の桜の林では、地元の衣笠小学校の児童たちが書いた可愛い桜の絵が照明具に置かれて、一緒にライトアップされます。
可愛い桜の絵を下から見上げると、桜の木がまるで花束のように・・・
はい、1本丸ごと「なつみの花束」のでき上がり。
6c2eca05.jpg

 [なつみの花束]












雲の切れ間から日差しも出てきたので、光が当たった石灯籠の表面も背景の桜に溶け込ませて、桜まみれの石灯籠の出来上がり。
a3a047ff.jpg




[桜灯篭]









花見に疲れたら、緋毛氈で桜湯はいかがですか?
1杯100円。桜湯の撮影をしていたらオバちゃんが「もっと開いた桜のほうがいいかも」と、もう1杯サービスしてくれました。
これもまた京都の優雅な花見。
全部クリックしてど~ぞ!
9671d567.jpg

 [桜湯]

urutorahurosu at 05:10|PermalinkComments(2)写真の話 

2014年04月10日

京都らしい桜写真

さて北国でも桜の蕾がようやく膨らみかけてきたようですが、桜の花だけを撮ってはどこで撮っても同じこと。
やはり京都らしさを表現するには、建物を一緒に写すのが手っ取り早い方法です。

とはいえ、名所醍醐寺では花見客がワンサワンサと来ますので、人のいない塀などを利用することになります。

まずは茶色の土塀がいい感じの場所でこんな1枚。
b86b8ec0.jpg




[土塀]









散り桜を演出したような一角があったので、実際の喧騒とは逆の、静寂な空間をイメージして。
5df480f4.jpg

 [静寂]












せっかく醍醐寺に来たのですから、国宝五重塔も桜越しに撮って次の場所に移動します。

 [国宝]

それにしても当然ながら三脚一脚禁止の醍醐寺のこの見事な桜。
一度三脚を使って撮ってみたいものですな。
次は数少ない三脚OKの平野神社だよ。
全部クリックしてど~ぞ!


urutorahurosu at 04:46|PermalinkComments(6)写真の話 

2014年04月08日

京都の桜の奥深さに感動!(醍醐寺)

今年の京都の桜の開花は例年よりも5日遅かったせいで、去年最高だった龍安寺の土塀にかかる紅しだれや妙心寺退蔵院の『そうだ 京都 行こうしだれ桜』などはぜんぜんダメでしたが、逆に醍醐寺では最高の光景を楽しむことができました。
c49c7cac.jpg




[桜・さくら]









3日間とも天気は花冷えで、最高気温も10数度~最低気温も3,4度で、曇ったり雨が少し降ったり風が強かったり、時には晴れたりと、前にも書きましたがまるで若者の恋愛事情のような「ふったり ふられたり 又よりを戻したり」の忙しい天気でしたが、フットワークが悪くなるので、多少濡れても折りたたみ傘の出番はありませんでした。

開花が遅いの早いのと騒いでも、京都ではありとあらゆる種類の桜が咲いているので、感動の場所が必ずあります。
その場所を探して歩いて、一喜一憂 振ったり振られたりするのもこの時期の楽しみでもあります。

大混雑する前の朝一で行った初訪問の醍醐寺では、国宝等のお宝よりも霊宝館の敷地内の様々な桜に大感動!
しだれ桜は写真にすると降り注ぐシャワーのようになります。
434e3df9.jpg

 [桜シャワー]












拳のような塊の八重の桜のピンクの美しさとその存在感は、大人気でした。
f33038d9.jpg




[八重の花]









忙しい天気に加え、この日は時折風が強く吹き、その度に桜の猛吹雪。
雪国の冬の吹雪に負けないような本当の猛吹雪で、これには感動する間もなくカメラを向けましたが、京都らしさを演出するために、土塀を背景にしたこの写真だけがいい感じでしたが、実際はこの写真よりもはるかにすごい吹雪でした。
ぜひ全部クリックしてど~ぞ!
3085e194.jpg

 [猛吹雪]
 


urutorahurosu at 05:34|PermalinkComments(4)めぐる季節 

2014年04月06日

白ぬりの濃い人

京都から夕方戻りました。
写真をまだ初日分しかPCに撮り込んでいません。

とリあえずは、伊丹空港みやげ。
北海道は「白い恋人」
大阪は「面白い恋人」 いやいや「白ぬりの濃い人」はどうですか?
決して味は期待しないでください。

まだ、桜の写真は記事にできませんので、とりあえずお土産でもクリックしてど~ぞ!
a44db7b5.jpg

 [白ぬりの濃い人] 

2014年04月02日

週末は花冷えか

明日の夕方から京都に行きます。
一人分のマイレージポイントがあるので、航空券は無料です。
いつものビジネスホテルも何とか3泊連泊でとれました。

だが、肝心な天気は曇りプラス花冷えの予報。
今年の京都の桜の開花は例年よりも5日遅れとのこと。

開花が遅れても気温が上がると一気に開花が進むのですが、たぶん花冷えでは開花も進まないでしょう。
でも早咲きの醍醐寺や平野神社、哲学の道などはなんとかなると思いますが、青空は見込めません。

春の天気は3日続かずといいますが、週末の曇りと花冷えは3日続きそうで、今年は今のところ花の外れ年になりそうです。

とは言っても、こちら山形はまだ梅も蕾(たぶん)。
今日だけ予想気温は19度ですが、週末は雪が降るかもしれません。

というわけで、次回のブログ更新は来週の月曜日です。
写真は去年の平野神社の日傘ですが、今年は雨傘になるかもしれません。
クリックしてど~ぞ!
3b04e43c.jpg

 [去年は日傘]

urutorahurosu at 05:45|PermalinkComments(3)めぐる季節