2011年09月

2011年09月05日

風の盆撮影(第一夜)

二百十日の頃の台風の風をおさめて豊作を祈願する行事にふさわしく、台風直撃になりそうな3日間。
少しの雨でも中止になるので、3泊すれば1回くらいは降らない日があるのではという希望を持っていましたが、一夜目から夕方に雨が降ってしまいました。
雨上がりの富山駅、20時半過ぎの電車は台風の影響と夕方の雨、おまけに平日ということで、特に混むこともなく越中八尾着。
駅前から中心部への道は人が多く、ちょうど混雑時のアメ横のような感じ。
でもよく観察すると、行く人よりも帰る人がずっと多いようです。
駅から町の中心部までは徒歩30~40分。とにかく体力勝負でひたすら歩きます。
以前バスツアーで初めて来た時には、ジリジリと西日の差す大混雑の富山駅ホームで2回電車に乗れず、やっと着いた思ったら、しばらくして雨が降って中止という悔しい思い出があるので、今回は徹夜覚悟でしたが、空模様が安定せずに徹夜はあえなく取り止めます。
風の盆は各町内毎に踊るのですが、基本の踊りは同じでも、舞台やお店の前、町流し、輪踊り、屋内の座敷と、いろいろな場面に合わせてのフォーメーションがそれぞれ違うようです。
街の中をあちこち歩きながら、境内の舞台や、お店の前、そして狙いの町流し、帰り間際の大きな輪踊りを撮影。
042ef4e6.jpg
[闇夜に踊る]

人出は多いものの、町流しでは追っかけができる程度の混み具合で、かなりラッキーでした。
編み笠をかぶっているのですが、傘の下から女性の口元がちょっと見える感じや、うなじが日本の色気を感じます。




[町流し]














灯篭の灯りが編み笠に透けて、雰囲気を盛り上げます。
984dc196.jpg
[町流し]

長時間の電車のあとと不安定な空模様なので徹夜はあきらめ、帰る途中で大きな輪踊りを見つけました。
少しの時間の撮影でしたが自分なりの「今日の1枚」が撮れました。
2168f4f8.jpg



[輪踊り]









風の盆の踊りは、女性の踊りと男の踊りがありますが、今日は闇夜に映える女性の踊りをアップしました。
全部クリック拡大してどうぞ。




urutorahurosu at 05:34|PermalinkComments(3)写真の話 

2011年09月01日

命を守る歯ブラシ

1995年の阪神淡路大震災後、震災関連死の中で最多の24%を占めたのが誤嚥(ごえん)性肺炎でした。
震災の被災者の人々は、避難所生活で満足にハミガキもできずに、口の中を清潔に保てなかったことで、細菌が肺に入り223人が亡くなったのです。
これは意外に知られていないけれど、とても重大な事実なのです。
今年の東日本大震災ではこの経験を生かし、前被災地の神戸市をはじめ各地区の歯科医師会や歯科関係の団体から、たくさんの歯ブラシが被災地に送られました。
同時にポスターによる歯みがきの啓発も徹底して行われました。
その結果、口の中のケアが被災地の多くの命を守ったのです。
このように歯は命と直結しています。口の中は一つの臓器です。
「歯が1本ない」ということは「体の一部がない」ということと同じです。

そんなことを考えながら、たまにはこんな楽しい歯ブラシでブラッシングを楽しんでみませんか?
1f7d7632.jpg



[命を守る]









今日から4日間、台風直撃の富山へ「風の盆」を見に行きます。
次の記事は4日後に。


urutorahurosu at 04:20|PermalinkComments(15)歯にまつわる話題