2020年12月11日

師走 今年を振り返ってみる 7月

感染拡大がさらに広がり、山形も病院クラスター、カラオケスナッククラスター関連の輪がさらに広がっています。
今の内閣の公約の真っ先が自助ですから、言い方を変えれば「とりあえずは助けないから自分で何とかせい」ということで、そういう意味では公約を忠実に実践している内閣であります。

さて今年の7月といえば、連休から今話題のGoToトラベル事業がなぜか急に前倒しで始まったわけでして、よほどたんまりと献金をいただいたのか、2Fに住んでいる爺さまが言いだして、その結果こんなふうになってしまっているわけであります。

そのGoToが始まったばかりの時は、この事業とは関係なく軽井沢を予約してたので、宿泊証明書などの書類をもらって申請するという、面倒なものでありましたが、我々御一行様がその手続きをちゃんとやったのかどうか、予約だけして金を払っていない自分は分かりません。

その軽井沢の今年はまだ梅雨が明けずに、梅雨末期のシトシト~土砂降りの雨が続いて湿度も高くてうすら寒く、とても快適とは言えない気候でした。

朝晩の食事以外は単独行動だったのでレンタカーでウロウロしましたが、まあ今さら行く場所もないし・・
そんな雨の踏切りでしなの鉄道の電車が来たので運転席からパチリ。
P7250123 (2)
 [雨の踏切り]

夕食を外で終えてホテルに戻ると、ロビーでは生演奏中。
なのでここで山崎をハイボールでドリンキングドリンキング、そんな7月でした。
酔っぱらって手元も怪しい感じですが、全部クリックしてど~ぞ!
1P7250191 (2)
 [演奏中]




urutorahurosu at 06:57|PermalinkComments(0)今日このごろ 

2020年12月10日

師走 今年を振り返ってみる 6月

今年の6月はそ~っと越境してお隣の県へ出かけての睡蓮撮影に始まり、地元のジュンサイ沼などに行きましたが、とうとう我慢できずに京都に行ってみました。

本来は最週末に沖縄を予約していたのですが、米軍基地コロナが拡大してきたので断念して、その代案を考えていたのです。

京都もマスクマスクで撮れるのはうしろ姿ばかり、駅前のバスターミナルも早朝のような空き具合でした。
唯一良かったのは、インバウンドの姿が消えていたので、昔の京都に戻ったようでしたな。

うしろ姿ということで、北野天満宮の夏越しの祓で茅の輪をくぐる風物詩です。
クリックしてど~ぞ!
P6270028 (4)
 [茅の輪くぐり]


urutorahurosu at 06:52|PermalinkComments(0)今日このごろ 

2020年12月09日

師走 今年を振り返ってみる 5月

とうとう山形市内でも、中心街の飲み屋さんからのクラスターが発生しました。
これでまたしばらくの間はゴーストタウン化してしまうのでしょう。

今年の5月、山形県はまだ新規の陽性者は一ヶ月近く見つかっていなくて実態は平和でしたが、県境の検温実施、県外へ出るのを自粛要請などで、GWは引きこもり。
そこで数年ぶりの思い切った断捨離を実行したのですが、頑張りすぎて腰を痛めてしばらく苦労しました。

でも院長室の倉庫の奥から、11年前の新型インフル騒動の時に買い込んだマスクが大量に見つかり、今もスタッフが使っています。

結局5月は県内だけで、フラワー長井線の撮り鉄をしたり、最終週末はいつもの山の中の温泉へ行って腰を癒しただけでしたが、今思うとまだまだ平和でしたな。
そんな5月のある日、ゲリラ的に大雨が降った日の我が家の庭、滝ではなくて屋根の角から落ちてくる雨水です。
クリックしてど~ぞ!
P5230196 (2)
 [ゲリラ雨]


urutorahurosu at 06:31|PermalinkComments(0)今日このごろ 

2020年12月08日

師走 今年を振り返ってみる 4月

3月31日に山形県で最初の陽性者が見つかって、4月9日には山形市で最初の陽性者。
それからは市内はゴーストタウン化しました。

駅ビルをはじめ多くの店がシャッターを閉めて、レストランや飲食店は客が来ないのでテイクアウト営業、職場の感染対策グッズも中国からの便なので遅れて届いたり結局届かなかったり、キャンセルしたのがふいに届いたりと、航空便も大混乱だったようです。

京都の桜をキャンセル後は電車移動はできずに、専ら車で近場の桜撮影などばかりで旅気分が味わえません。

あの東日本大震災の時は、こちらは疲弊していても関西に行けば全くその気配も感じずに心がホッとしたのですが、このコロナ禍では日本中がダメになっています。

桜満開でも当然ながら桜まつり等のイベントはすべて中止。
車で1時間もかからない宮城の大河原町一目千本桜の桜並木の下では、見物客が笑顔もなく、ただ黙々と歩いている姿が印象的でした。
クリックしてど~ぞ!
P4070029 (2)
 [黙々と]

そして4月末からのGW。
毎年京都に滞在して過ごすのですが、今年はすべてキャンセルしてin 山形、そんな4月でした。


urutorahurosu at 06:20|PermalinkComments(0)今日このごろ 

2020年12月06日

師走 今年を振り返ってみる 3月

3月はマスクが不足して全国的なマスク狂騒曲状態でした。
3月で一番悔しかったのは、月末の京都の桜撮影を断念したこと。
今になって思えば、あれくらいならば余裕で行けたのにと思うのですが、その時はとても桜どころではなかったような気がします。

どこにも行けずに悶々として、結局は東鳴子温泉に一人湯治に行ったのでしたが、山越えをして鳴子の町の手前で猛吹雪、次の日は車の雪を除けて、古川から東北道で大回りをして帰ってきたというのが、唯一のお出かけでした。

温泉宿は自分は建物はボロくて粗食でもいいのですが、あの煎餅布団だけは歳をとってくると体が痛くなって寛げません。
なので裏ワザで、布団を押し入れからもう一枚出して、2枚重ねで寝るようにしています。

そんな一人湯治の脱衣かごをクリックしてど~ぞ!
P3210242 (2)
 [脱衣]


urutorahurosu at 07:20|PermalinkComments(0)今日このごろ 

2020年12月05日

師走 今年を振り返ってみる 2月

昨冬は記録的な雪の少なさで、除雪で大汗をかいたという記憶があまりありませんでした。
じゃあ今冬はどうかというと、そう甘くはないでしょう。
降ったり融けたりは繰り返しましたが、2月下旬の山形市郊外でこの量ですから。
P2240005 (3)
 [2月暖冬]

さて2月ですが、この頃は中国武漢が地獄だったようで、日本でもマスク消毒薬等が入手困難になってきたようでありました。
テレビでは連日、横浜のクルーズ船クラスターのニュース。

自分も消毒用エタノールをネットで探して購入したりしましたが、幸いにマスクは11年前の新型インフル騒動の時に買い溜めたのが大量に納戸から見つかって、仕事には支障ありませんでした。
N95マスクなどは使い勝手が悪いので、まだほとんどそのまま残っています。

最後に東京に行ったのが昨日書いた2月22日、それ以来東京には行けていません。
収まったらと思いながら、状況はますます深刻に、撮りたいものがいろいろあるのに困ったもんです。

この日見つけた渋谷スクランブル交差点をほぼ真上から見れるスポット。
この場所で本気撮りをしてみたいのですが・・いつになるやら。
いや、その気になれば行けるのですが、まだ勇気がありませんな。
全部クリックしてど~ぞ!
P2220094 (4)
 [人間模様]

仕事で使うグローブ(ゴム手袋)を作っているマレーシアの工場でクラスターが発生して、生産ラインが止まっているので、今後日本への供給が滞るかもしれないという情報が入ってきました。
もうすでにコロナ前よりも2倍近く値上がりしているのですが、さらに品薄値上げと便乗されそうな気もします。

まあ、うちは半年分くらいは在庫がありそうなので、何とかなるべ。
何ともならなかったら、閉院するか。


urutorahurosu at 05:52|PermalinkComments(1)今日このごろ 

2020年12月04日

師走 今年を振り返ってみる 1月

どこにも行けない12月、写真で自分の今年を振り返ってみます。

1月は元旦から京都に移動。
六波羅蜜寺で最初の初詣をして、あとはあちこちお散歩写真撮影でした。
2日の北野天満宮は筆始め、十二支の始めの子年です。
P1020408 (2)
 [子年] 

八坂神社では今年一年の平和を願ってお賽銭を上げたはずなのに…
どうやら賽銭の金額が足りなかったようであります。
クリックしてど~ぞ!
  [祈願]
P1020326 (3)


urutorahurosu at 06:10|PermalinkComments(1)今日このごろ 

2020年12月03日

思い返せばこの日から2020.2.22

山形市内に2人の陽性が確認されて、保健所の所長が市中感染なんていう言葉を使ったもんだから、昨日のガストはガラガラで、駐車場の車もまばらという状態でしたよ。

今朝のヤフーのニュースではGoToトラベルが来年6月末まで延長されるとか。
いやいや、そうはいかないでしょうな、でもとりあえずいろいろ予約だけは入れておかなければ。
キャンセルはいつでもできるけど、近くなってからは予約できなくなりますので。

今年はもう何回宿泊予約のキャンセルをしたことか、数えもしません。
思い起こせば新型コロナが市中に広がり始めたのはこの日からかもしれません。

2020年2月22日は、例の横浜のクルーズ船の乗客が全員上陸を許可された日でした。
自分は前日の土曜日に横浜中華街の近くのホテルを予約していたのですが、このニュースを見てすぐにキャンセル。

でも或る写真展を見たかったので、22日に日帰りで渋谷に行ったのでした。
クルーズ船の乗客はシルバー世代なので、まさか上陸当日に渋谷の街の中に来ることはないだろうと思ったからです。

確かもう武漢からの観光客のバスから感染者が頻発していましたが、当然ながら今ほどの危機感はありません。
渋谷スクランブル交差点の人たちも、マスクをしている人は半分弱くらいかな、写真を見て気づきました。

実はもうマスクが店頭から無くなっていたんですよね。
表参道では長い行列ができていましたから。

この日から9ヶ月以上過ぎて、マスクはいくらでも買えるようになったけれど、まだ東京に行ける見通しが立っていません。
いやぁ、参った参ったですな。
2020.2.22の渋谷駅前の雑踏をクリックしてど~ぞ!
P2220137 (5)
 [雑踏]


urutorahurosu at 06:00|PermalinkComments(0)今日このごろ 

2020年11月30日

今年の師走のこの差はなんだ!

いよいよ明日から師走ということで、師も走り回るほど忙しいはずなのですが、今年のヒマさは一体何なんだ!と思ってしまうわけです。
確かに去年の師走はちょっと思い出すだけでも、忘年会懇親会と称する飲み会が5回くらい、12月初めは京都にも行っていて、年末は東京大集合で年越しをして元旦から京都へと、とても忙しい一ヶ月でしたが、今年はほぼ何の予定もありません。

懇親会忘年会はすべて中止、研修会などはWeb配信だったり、休日に家にいても万歩計はせいぜい千数百歩しか表示しません。

さて11月撮影の総括として、今月初めのJR小海線帰路の車窓からの景色です。
動く車輛の雨降りの窓ガラス越しなので写りは良くないので雰囲気だけです。

この落葉松に雲の切れ間から日が差し込むと金色に光りそうです。
PB020332 (2)
 [落葉松の森]

山間を流れる清流と色づく木々の絶景です。
PB020335 (2)
 [秋色の谷間]

この辺では崖の奇岩が目立ちます。
PB020336 (2)
 [山間の流れ]

小海が近づくと高原野菜の畑がまた増えますが、もうそろそろ秋の終い。
みずみずしいキャベツもこれが最後です。
全部クリックしてど~ぞ!
PB020340 (2)
 [終いのキャベツ]


urutorahurosu at 06:50|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2020年11月29日

雪降銀杏散り積もる

朝風呂に入ってゴロゴロしていたら、あっという間に昼。
ダイソーに買い物に行って、帰りに専称寺の大イチョウの散り具合を見てきました。

ちょうど一週間前のイチョウは23日の記事に書きましたが、それからちょうど一週間。
枝の葉っぱは9割がた落葉して降り積もって、境内は厚い銀杏のフカフカの絨毯です。

堰の水を引いた小川もこの通り。
IMGP8236 (2)1
 [散り積む]

この大イチョウは雪降銀杏(雪降りイチョウ)と呼ばれて、この木の葉が全部落下すると山形に雪が降ってくるのだそうです。
境内に雪が降り積むのもあと少し。
全部クリックしてど~ぞ!
IMGP8237 (2)1
 [雪降銀杏]


urutorahurosu at 15:37|PermalinkComments(2)めぐる季節