2007年01月11日

初あめ

毎年1月10日は、山形初市の日です。最近空洞化が進む中心商店街も、この日だけは車両を通行止めにして、買い物客でごったがえします。
初市といえば「初あめ」が定番ですが、この初あめは粘着力が強く、歯の詰め物が取れることでも有名です。
以前はこの時期になると、多い年には10人以上も「初あめ脱離」の患者さんが来るので、同業者間では「歯医者の小遣い稼ぎ」とささやいたものですが、最近は初あめを買う人が減ったのか、噛まずになめるようになったのか、数人も来ればいいほうです。
今年の初市は平日で撮影に行けないため、たまたま来院した「初あめ脱離」の患者さんと話をして思い出しました。
山形は、初市の頃から本格的な雪の季節の到来で、撮影も冬眠状態になります。




[一夜明けて]

urutorahurosu at 09:17|PermalinkComments(0)歯にまつわる話題 

2007年01月02日

正月パス

毎年元旦はJR東日本の「正月パス」で初詣と元旦光景の撮影に出かけます。
大晦日の晩に自分でおせちを詰めて、元旦の朝のタクシーを予約、早朝一人で起きて駅に向かいます。なので、毎年最初に会話をする相手は、決まってタクシーのドライバーということになります。
新幹線の中でビールとおせちを味わっていると、米沢付近で初日の出が見られます。
今回は過去未乗車の御殿場線に乗って、まるで我が家の庭にあるような富士山を眺め、熱海の来宮神社で初詣をしてきました。
2年前から都心部で元旦営業のデパートは一店舗もなくなり(それまでは池袋西武のみが営業)元旦の都内では、日中時間を持て余します。
朝からお酒を飲んで、一日のほとんどを電車の中でウトウトしながら過ごした、年の始めでした。


[Mt.Fuji]

urutorahurosu at 11:37|PermalinkComments(1)めぐる季節 

2006年12月28日

それなりに

年末になると思い出すのが「美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに」という、富士フィルムのCMです。
今の時期はいい被写体がないので、多重撮影というテクを使って「それなり」の作品をつくります。1枚の画面に2回撮影をして、カメラについている機能で合成写真を作る方法ですが、デジタル一眼レフでは、ごく一部の機種にしかこの機能はついていないようです。
主役にピントを合わせて1枚写して、その上にピントをぼかしたり、別の被写体を重ねて写して、まるで女性の化粧のように、スッピンの時とは似ても似つかない(失礼)怪しげな雰囲気の写真に仕上げます。
どってことのないショーウィンドウのディスプレイも、ほらこの通り。



[show window]

urutorahurosu at 08:26|PermalinkComments(0)写真の話 

2006年12月16日

スノーマン

去年の今日、山形市にはもうすでに30センチ近い積雪がありました。今年は雪らしい雪も降らずに、去年に比べれば天国です。
今週から診療室の入り口にスノーマンも登場しました。ひと冬中置きっぱなしなので、来年は新しいスノーマンが登場するでしょう。
ところで、以前ブログに書いたSOSOROを患者さんに体験してもらったところ、予想以上の大反響。
自分の口の中はきれいだと信じていた人は、少なからずショックを受けて、欲しがる人が多いようです。
まあ、中には関心のない人もいますが。
私も毎朝、起きがけに一回使っていますが、起きた直後の口の中の、あのモヤモヤ感が一掃されてもう止められません。



[snowman]

urutorahurosu at 15:48|PermalinkComments(0)歯にまつわる話題 

2006年12月07日

YOSAKOI写真コンテスト入賞

デジタル一眼レフを使い始めてから、撮影後の整理のしやすさから、フィルムカメラの出番はめっきり少なくなりました。
10月7,8日に仙台開催の「みちのくYOSAKOIまつり」もデジタル一眼レフで2晩撮影しました。最近全国的にヨサコイ祭りが開催されていますが、エネルギッシュな踊りを撮影すると、こちらもエネルギーをもらえて、元気が出ます。
このコンテストには初めて応募しましたが、3枚応募して「キャノン賞 熱中時代」と「佳作 せーの」と2枚入選しました。ちなみに応募総数282枚だそうです。
12月11日から15日までは宮城県庁1Fロビーで、1月12日から18日までは一番丁141の5Fで展示されます。
こういう写真を撮るときは、笑顔と構図と、手足を動かしたときのタイミングを意識して撮るのがポイントです。2枚とも現在フォトギャラリーにアップ中です。


                




        

urutorahurosu at 06:07|PermalinkComments(1)写真の話 

2006年11月28日

草木も眠る

久しぶりに夜の街へでかけたら、商店街はクリスマスイルミネーションが輝いていました。とはいっても、山形のイルミネーションは一筆書きができそうな、情けないものですが。
庭師をしている患者さんに教えてもらったのですが、木も眠るんだそうですね。だからイルミネーションの飾り付けをすると、木も不眠症になり元気がなくなるのだそうです。
たとえば街灯が当たる豆の木などは、豆の実をつけなくなるんだそうです。
「草木も眠る丑三つ時」というのは、本当なんですね。



[illumination]

urutorahurosu at 06:02|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2006年11月24日

散り紅葉(モミジ)

2週間ぶりに訪れた寺のモミジは、ほとんど葉が落ちて、池面は散り紅葉で覆われていました。
もうすぐ冬枯れの木立の風景になり、初雪もまもなくでしょう。
テレビによると、今年の京都の紅葉は10日ほど遅れているようです。
早い年もあれば、遅い年もあり。これからは木々の色付きを追って、撮影行は南下が始まります。



[石行寺]


urutorahurosu at 05:31|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2006年11月15日

SOSOROってご存知ですか?

お口のエチケットグッズ売り上げ(東急ハンズ)で9月にトップだったのが「SOSORO」という洗口液です。結構品切れ状態のようですが、ネットで購入してためしてみました。
SOSORO(ソーソーロ)のウリは、舌苔や歯垢がぼろぼろ取れるというもので、30秒くらいブクブクしてコップに吐き出してみると、確かに液の中に舌苔や歯垢と思われる塊がぷかぷか浮いてきます。味は結構きつい感じですが、使用後は爽快感もかなりのものです。
コスト的に一回60円くらいになりますが、歯周病治療や口臭治療の患者さんの動機付けに使ってみたいと思います。



[SOSORO]

urutorahurosu at 08:41|PermalinkComments(0)歯にまつわる話題 

2006年11月12日

割りばしゴロ寝

私たちが食事をする時には、上下の歯は強く接触していますが、噛むとき以外に歯を強くかみしめるのは、体に良くないのはご存知でしょうか?
無意識に歯を食いしばったり、噛みしめたり、寝ている時のハギシリは、あごの関節や口のまわりの筋肉に、大きなダメージを与えます。
そうすると、頭痛、腰痛、肩こりなどの不定愁訴を伴うことが、珍しくありません。
割った割り箸の一本を、唇の間に乗せ仰向けに寝て(割りばしは軽く乗せるだけ)20~30分リラックスするだけで、不定愁訴が軽くなります。
ぜひお試しください。
写真は玉川温泉の岩盤浴。割りばしをくわえるだけで、効果倍増でしょうね。



[Gorone]

urutorahurosu at 20:45|PermalinkComments(1)歯にまつわる話題 

2006年11月06日

病葉(わくらば)

今回の三連休は3日間とも好天に恵まれましたが、ちょっと疲れが出てしまいました。かといって、家でゴロゴロもしていられず友人と、車で15分ほどの西蔵王へ。
デジカメにマクロレンズをつけて、形のよさそうな葉っぱを多重撮影(1枚の画面に2回撮影)して、ちょっと変わった作品に仕上げてみました。フォトギャラリーをご覧ください。
町の中でも、桜の葉が次々に赤くなってきています。
一枚の病葉(わくらば)が目に留まったので、心象光景としてアップしてみます。



[Wakuraba]

urutorahurosu at 18:32|PermalinkComments(0)めぐる季節