2007年11月20日

土日キップで初氷

土日キップなどの乗り放題のパスを使うと、かなりお得な旅ができます。
今年は紅葉が遅れたので、まだ何とかと思って行ってみた晩秋の軽井沢。見事に落葉していて、別荘地の庭には枯葉のじゅうたんが厚く敷き詰められていました。時折り日ざしが差し込んでは、落ち葉の上に木立の影を描きます。
白糸の滝に向かう坂道は、日陰の部分が凍ってツルツルの初氷。中国語の観光客が危なっかしい足取りでツルツルを楽しんでいます。
浅間山は雲の中に雪化粧の山肌を溶け込ませ、夕方6時頃には気温は-2℃。
防寒コートの中はトックリセーターにズボン下、ホッカイロにマスクに帽子と完全装備で、アウトレットモールでショーウィンドウの写真を撮っている姿は、さぞや怪しく見えたことでしょう。



[つるつる坂]


urutorahurosu at 05:21|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2007年11月10日

いただきます

たまにコンビニで買ってきて食事をすると、一人分だけなのに食後のゴミの多さに驚かされます。
日本の食糧自給率は40%程度で、先進国の中では一番食べ物がない国なのに、期限切れなどの理由で、スーパーやコンビニで一日に300万食も捨てられているそうです。物を大切にしないで、それで経済が動いているという変な国です。
食事の前に「いただきます」と言うのは、日本人だけのようです。キリスト教やイスラム教の国では食事の前には「ありがとう」と言ってから食事をします。「いただきます」と言うのは、生き物・命のあるものを頂かせてもらうという、仏教の考え方に由来しているのだそうです。。
「食育」というのは[食]を通して人間を作ること。その元になるのはなんといっても健康な歯です。歯に命と書くと「齢」という字になります。
ある古書より《人は歯をもって命とするゆえ、歯固めは齢を固める心なり》




[かまど飯]


urutorahurosu at 06:06|PermalinkComments(0)歯にまつわる話題 

2007年11月08日

いい葉の日

今日11月8日は「いい歯の日」です。快晴に恵まれたので、車で15分程の西蔵王の麓の集落、岩波にある石行寺(しゃくぎょうじ)のモミジの巨木を見に行きました。
このモミジを見るには午後の時間帯、光がモミジの葉を透かしている状態での観賞がベストです。
一本の木に紅葉と緑葉の枝が混在し、それが池の水面に写っています。
石行寺は岩波観音とも言われ、波立つ谷川に沿った趣きのある街道を登ったところにあります。
その街道の山側には、春は山吹の花が咲き乱れ山吹街道とも呼ばれ、、近くには棚田もあり、西蔵王高原に通じる新しいバイパスの陰に、ひっそりと昔の面影を残しているスポットです。
今日は午後から休診なので、あまり「いい歯」を見ることができず、代わりに「いい葉」を見て過ごした「いい日」でした。



[いい葉の日]


2007年11月01日

「愛」という字は

5年間勤務してくれた受付のスタッフが、結婚して隣の県へお嫁に行きました。
日下部歯科医院のアイドルとして、看板娘として、スタッフのムードメーカーとして、頑張ってくれました。
最初勤務した頃は私の世代から見ると、新人類というよりはまるで宇宙人のようで、いろいろな伝説を作ってくれましたが、私たち夫婦にとっても、まるで半分娘のような感じで楽しませていただきました。
結婚というのはゴールインではなく、新たなスタートです。
「愛」という字は、心を受けると書きます。心という字が真ん中に位置していますが、心を体の中心で受けとめるということです。
「愛」の反対語は「無関心」です。関心のないところに、愛も憎しみも生まれません。喧嘩をしてもいいから、お互いに関心を持ち続けて、いい人生を送ってください。



[Happy Wedding]


urutorahurosu at 07:19|PermalinkComments(1)歯にまつわる話題 

2007年10月26日

写真コンテスト

毎年3回、大きな写真のコンテストに応募します。今の時期は山形市民写真展と東北二科写真展。
今年は市民写真展で「真夏の夜の夢」(8月23日のブログに掲載)が奨励賞(準入賞)をいただきました。
東北二科では「サンバナイト」が入選しました。年に一回追っかけをするサンバチームの写真です。
コンテストが目的で撮影をするわけではないのですが、自分の写真の通信簿をいただくような感じなので、やはり励みになります。
年が明ければ山形県写真展の準備です。県写真展は半切プリント・パネル貼りでの応募なので、診療室に飾れるような被写体の写真を選びます。
今年は紅葉が遅れていて、お出かけの予定を立てづらく、撮影には苦労をしそうです。



[サンバナイト]



urutorahurosu at 05:10|PermalinkComments(0)写真の話 

2007年10月19日

てこの原理

「てこ」というのは便利なもので、世の中のいろいろな所に応用されていますが、体の構造のあちこちにもその原理が生かされています。
最近ではあまり見かけなくなった「くるみ割り」も第二種の「てこの原理」を応用したもので、小さな力を大きな力に変える道具ですが、これと同じような原理で私たちは食べ物を噛んでいます。
あごの一番奥に顎関節という支点があり、同じ力で噛んでも奥にいけばいくほど強い力がかかる構造になっています。だから、前のほうの歯の歯根が1本なのに対して奥にある大臼歯の歯根は2本や3本あって、その強い力に耐えられるようにできているのです。
中国雑技団で見かける、ロープを噛んでぶら下がるワザも、このような理由で可能なのですが、昔はビール瓶の栓を歯で開けるのを特技にしている人もいましたね。
ただしどちらも、もちろん歯周病で緩んでいる歯では無理ですから。



[テコと天秤]



urutorahurosu at 07:06|PermalinkComments(0)歯にまつわる話題 

2007年10月10日

感激みちYOSA

仙台のみちのくYOSAKOIまつりも今年で10年目。できるだけ毎年撮影に出かけるのですが、今年は二夜とも好天で、いい条件で撮影できました。
何しろ250チームも出場するので、どんなチームに出会えるかは運任せ。その中で最後に撮影した弘前のチームの演技と迫力には大感激でした。
決められた時間内で衣装が6回、小物を含めて七変化ならぬ十変化で、そのたびに観客からは「オーッ」と、大きなどよめきが起こり、演技が終われば大拍手の波。こんなすごい演技を目の前で見られて本当にラッキーでした。次回はできればファインダー越しの片目ではなく、ぜひ両目で見てみたいです。
後でネットで調べたら、やはり金賞受賞とのこと。
みちのくYOSAKOIにいけば、何とかそこそこの写真が数枚は撮れるので、私にとっては「困った時のみちのくYOSAKOI」なのですが、今年は大収穫でした。



[Finale]


urutorahurosu at 06:59|PermalinkComments(0)写真の話 

2007年10月05日

生ゴミを食する人

いくら説明しても、一日に一回しか歯磨きをしてくれない人がいます。
たとえば、一日のうち朝食後にしか磨かない人は、お昼の食事を食べてから、口の中に昼食の残りカスがある状態で夕食を食べて、さらに一晩置いてすっかり「生ゴミ状態になった食べかす」を、おいしく朝食と一緒に食べていることになります。
想像するだけで汚い話ですが、ご本人は汚いと感じていないわけです。
歯は食事する時の食器と同じです。朝食に使ったお皿や箸などを、洗わずにそのままお昼や夜まで使う人はいないはずなのに、実際はそういうことを平気でしているわけです。
ちょっと発想を変えると、分かっていただけるとは思うのですが・・・



[食事中]


urutorahurosu at 05:52|PermalinkComments(0)歯にまつわる話題 

2007年09月26日

秋を見つける

今年はいつまでも暑くて、秋という感じがしませんでしたが、そういえばコスモスを撮ってなかったなと思い、西蔵王に行ってみました。
友人から、今年は暑いのでコスモスは今からなんだと聞いてはいましたが、なるほど、例年ならばそこかしこに見られるはずの群生が、あまり見当たりません。
適当に撮影して家に帰る途中、山形では珍しく、彼岸花がまとまって咲いている場所を二ヶ所も見つけました。埼玉の巾着田の100万本の彼岸花はそろそろ見頃でしょうか。
振り向けば棚田には、黄金色の稲穂と稲刈りの人。
いつまでも暑いといっても、あと3ヶ月でメリークリスマス。あっという間に寒くなるんでしょうね。



[秋を告げる]

urutorahurosu at 06:34|PermalinkComments(0)めぐる季節 

2007年09月19日

リピーター

せっかくの連休なのに、久々に家でゴロゴロして、古いカルテの整理などをしてしまいました。
そういえば、そばの花の見頃もそろそろ終わりに近づき、新蕎麦の出る直前の時期ですが「大人の休日」の雑誌に出ていた地元の蕎麦屋さんに初めて行ってみました。
古い民家を利用した、郊外というよりも田舎の集落の中にある店ですが、開店時間ジャストに着いたら、もう10人以上行列を作って待っています。
ジャズの流れる店内で待つこと30分。つなぎなしの「十割そば」だそうですが、時期が悪いのか、味のほうは・・・?
県外からの初めてのお客さんが多いようで、相席した仙台のご夫婦もその雑誌を見てやってきたとか。村山市のそば畑の場所を説明してお別れしましたが、雑誌の効果はすごいですね。
雑誌に出て客が集中しても、大切なのはその客がリピーターになってくれるかどうかで、どんな職種にも共通するポイントだと思います。
ちなみに脅威のリピーター率97%という企業はTDR(東京ディズニーリゾート)だそうで・・・納得です。



[そば花咲く]



urutorahurosu at 07:23|PermalinkComments(0)めぐる季節